ノウハウ

【必見】競馬初心者でも簡単にできる穴馬の見つけ方(7選まとめ)

投稿日:2021年1月30日 更新日:

穴馬券には、ちゃんと取り方があります。
その思考方法は様々ですが、初心者でもできるように穴馬券の取り方を7つにまとめました。

「あんな馬、狙えないよ」とか、高配当を的中した人に「なんであの馬を狙えたの」とか
思ったり考えたりした人って、結構いるんじゃないでしょうか。

たぶん整理するとこんな感じだと思います。

・人気のない穴馬ってどうやって探しているんだろう。

・穴馬の要素って何

・競馬歴の浅い初心者でも穴馬を見つけられる?

そんな悩みに競馬歴20年以上の私が、これまでの経験と知識を元に穴馬券の取り方をご紹介します。

今回の記事を読むことによって以下のことができるようになります。

・自分で穴馬を探すことができるようになる。

・穴馬になる要素を知ることで、注目馬を見つけることができる。

・初心者・玄人とかを考えずに穴馬を見つけることができる。

それでは、初めていきましょう。

【必見】競馬初心者でも簡単にできる穴馬の見つけ方(7選まとめ)

結論からいうと下記のポイントが上げられます。

・単騎で逃げる逃げ馬

・新馬戦で強い馬と走って好走した経験がある。

・前走、厳しい経験レースを経験ている馬。

・コース適性のある馬

・高速馬場や重馬場など特殊馬場で好走した経験のある馬

・特定の騎手でしか走らない馬

・厩舎の勝負騎手を調べる。

一つずつ紹介していきます。

■単騎で逃げる逃げ馬を狙う。

逃げ馬を狙うだけで競馬はプラスと言われる程、競馬において逃げ馬はそれだけ重要な存在です。

そもそもなぜ、逃げ馬が有利かというと下記の2点があげられるんですよ。

1.自分のペースで走れる

2.馬場のいい最短コースを走れる。

先頭で走る訳ですから、馬場のいい最短コースを自分のペースで走れるのは
相当なメリットになります。

特に人気薄になればなるほど、騎手心理としていつでもかわせるという感情がでて来るので多くの騎手がそのように考えれば、それだけ有利になりますね。

ただ、どの馬が逃げるのかを当てるのが実は難しいという難点があります。

対処法としては、

・前走の位置取り

・前でレースを進めるのが得意な騎手。

・若手の軽量の軽い騎手

・距離延長 + 前走の位置取りが前

これらの条件の時に比較的前でレースを進めることが考えられるので予想の際には、上記条件を当てはめて検討してみて下さい。

過去に激走した穴馬を簡単に紹介します。

・2009年 エリザベス女王杯 クイーンスプマンテ
単勝7,710円 馬連102,030円 三連単1,545,760円

当時の1番人気はブエナビスタ。
あれだけ強力な馬でも、差し損ねることがあります。
その代表例ですね。
あっと驚く逃走劇で大万馬券を演出しました。

・2012年 新馬戦 ミナレット
単勝12,190円 馬連78,810円 三連単29,832,950円
馬連99,120円 三連単19,419,520円

JRAの三連単史上最高額の記録をもっているのがこのミナレットです。
実はこのあとヴィクトリアマイルでも逃げて高配当を演出しています。

新馬戦・未勝利で強い馬と走って好走した経験がある

個人的には結構使っている手法です。
競馬ファンの間では知れ渡っているので最近は人気になる傾向にありますが
それでも、まだまだ穴馬が眠っている可能性もあるので知っておいて損はありません。

まず、そもそも新馬戦って将来のG1馬と生涯未勝利馬が一緒に走るといういびつな構図になっていますから
見極めさえできれば、勝ち馬券を手に入ることができます。

人気のない血統、人気のない騎手が騎乗することで盲点になりやすかったりします。

では、どうやって探すかというと、とりあえず既に3勝・2勝としている馬の新馬戦、
未勝利戦のレース動画を見ます。

そこで、差のないレースをしてるようなら、未勝利クラスであれば勝利を手にできる確率があると思います。

探そうと思えば誰でも探せる方法だと思います、実際やろうとすると結構面倒だったりするのが難点ですが
その分、競馬で勝てると思えばやれるはずです。

ブルーライトカットのメガネなどを使って、あまり目を酷使しないようにレース動画を確認して観て下さい。

前走、ハイペースで先行して負けた馬

これはイメージしやすいと思います。
前走でハイペースで飛ばして負けた馬を次走で狙うという手法。

競走馬は単純に前走のレースの流れを覚えているので、同じようなペースで走ろうとします。
なので、ハイペースをイメージしたまま逃げ・先行で走り出すので道中の位置取りがよくなりやすい傾向があります。

ですので、必然的に好位置がとれることで、レースの流れが緩むようならそのまま押し切ったり、
なだれ込んだりすることができます。

探し方のポイントは下記の2点

・レースラップのチェック。
競馬場・距離・平均ラップを検索して前走のタイムが速いレース。

・前走の結果で上位5着ぐらいまで、全て差し馬。

ここら辺を抑えておけば大丈夫です。

特定のコースや距離に特性のある馬

中山でしか走らないとか、平坦コースでしか走らないとか、あと1400mでしか走らないとか
探せば結構います。

適性が偏り過ぎているので、ずっと追いかけることで馬券孝行な馬になってくれるはずです。

また、こういう馬は適正がないところで凡走を繰り返すので人気を下げやすい特徴もあります。
タイミングさえ間違わなければ、穴馬券を拾えるはずです。

過去の代表例でいうと、サンカルロでしょうね。
とにかく1400mしか走らないという特徴を持っていました。

ほかでは、デンコウアンジュ。
この馬は右回りの小回りコースで何度も馬券になっています。

あなたも癖の強い馬を見つけて、お気に入り馬にいれておいて下さい。

高速馬場や重馬場など特殊馬場で好走した経験のある馬

高速馬場や重馬場など特殊馬場は、とにかく予想が難しいです。
みなさん、がんばって予想をするんですけど、これがなかなかあたりません。

なので、ここ当てる為には、その条件を得意としてる馬を事前にストックしておく必要があります。

なぜストックしておく必要があるかというと、基本的にみなさん競馬の予想は
なんとなく早くもない遅すぎもしないフラットな馬場を勝手に想定してしているものなんです。

そこで好走した馬というのは、競馬ファンの常識外ですから
特殊な馬なので覚えておいても意味がないと考えてしまうからです。

でも、高速馬場や重馬場って穴馬券がボンボンでるのでここを抑えておくことで
馬券収支はグンっとアップすること間違いなしなのでで、ここで活躍するような穴馬は
ぜひ自分の中で見つけておいて下さい。

過去の代表例

軽い馬場を得意とした馬の代表例
ヒットザターゲット
2013年 京都大賞典 ヒットザターゲット
単勝16,620円 馬連90,240円 三連単3,619,290円

あのゴールドシップを破って、大波乱を起こしました。

上がりのかかる馬場で好走
マイネルフラップ
2018年 千両賞 マイネルフラップ
単勝15,230円 馬連40,840円 三連単1,812,650円

個人的にお世話になった馬なので紹介します。
比較的馬場の重たいレースでしか走らないことに気づいて本命にしたので印象に強いです。
また、この馬は先に紹介した新馬戦で強い馬と走った経験もあった馬で
新馬戦では7着の馬まで全てその後出世したレースで5着の成績も残していた馬でした。

特定の騎手でしか走らない馬

よく馬があうといったりしますが、まさにそれ。
騎手がその馬の個性や特徴をしっかり把握していることで走ります。

やはり、手の合わない騎手で負け続けることによって人気を下げやすいので
これも覚えておくといいでしょう。

リーディング上位の騎手では、なかなか穴馬券はとれないと思うので
下位の騎手で見つけられると、かなり重宝します。

探し方は簡単んです。

人気のない騎手の過去の成績を調べてみて下さい。

そこで乗り代わりのタイミングで好走している馬は、その騎手と手があうということです。

厩舎の勝負騎手を調べる

実はよく観ると厩舎ってだいたい勝負騎手がいるもんです。
これも競馬ファンの間ではよく知られている馬券術ではあるんですが
成績が下位厩舎の場合は、みなさん覚えていることが少ないですね。

そもそも勝ち星が少ないので、勝負騎手でも人気になりづらいということがあげられますが
やはりポイントは乗り代わりのタイミング。

乗り代わりのタイミングで勝負騎手ということは、状態だけは万全に仕上げてきてるはずですから
通用すると判断したタイミングで馬券を購入すれば、きっと仕事をしてくれるはずです。

これも探し方は簡単です。

厩舎の過去の成績を調べればすぐ分かると思いますので、ぜひチェックしておいて下さい。

おすすめの考え方としては、勝負騎手だけで判断するのではなく
先で紹介した馬の特徴と併せて一緒に考えるといいと思いますよ。

穴馬予想が得意な人のブログ・SNS、情報発信している人をフォロー

穴馬予想が得意な人のブログ・SNS、情報発信している人をフォローして下さい。
これは常にインプットをしましょう。
競馬の勉強をしましょうということです。

競馬の予想も日に日に進化していますし、新進気鋭な予想家が次々と出てきているので
彼らをフォローすることで自分自身も進化しますし、もっといろいろな視点・角度で競馬を楽しむことができるからです。

そして自分なりの競馬のみかたを発見して、さらに穴馬券を拾って下さい。

以下に今おすすめの競馬情報発信者を紹介します。

メシ馬【https://twitter.com/kyv_a
メシ馬さんんは今話題の方なので知ってる方も多いと思いますが
やはり馬を見る力は抜群です。
出されている穴パターン辞典もものすごい売れ行きですし、抜群に面白いです。
是非というか絶対フォローすべき方です。

鈴木ショータ(競馬伝道師)【https://twitter.com/SS_Meiji
元トラックマンという経歴ということもあり、この方も独自の視点がすごいです。
馬の特徴や、厩舎の特徴なども惜しみなく情報を出してくれるのでかなり参考になります。
オリジナルの格言などもツイッターで発信していて、さらにyoutubeもやられています。
この方からも多くのことを学べるので是非フォローしてみて下さい。

樋野竜司/ヒノくん【https://twitter.com/hinokun49
騎手のことなら間違いなくこの方です。
毎年だされている政治騎手は、騎手だけでなく競馬情勢なでも知れて本当に勉強になります。
騎手の特徴をよく分析されていて、さらに大穴馬券もよくとられています。
人という視点からは絶対にこの方です。

以上が、穴馬券の取り方になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これらの情報を駆使することで、自分なりの穴馬を見つけることが可能です。
今は、いくらでも競馬のデータや動画を見ることができるので
過去のレースを振り返って、様々な仮説を立てて検証して観て下さい。

あなたの競馬ライフが豊かで楽しいものになるよう願っています。

-ノウハウ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

競馬初心者でもできるブレない軸馬(本命馬)の決め方、大事なのは的中率と回収率。

週末の競馬開催が終わったあと、こんな風に考えてる人って結構多いんじゃないですか。 いや、マジで軸馬がこない 当たってる人ってどうやって軸馬を決めてるの 軸馬選びの基準って何? 昔はしょっちゅうそんな事 …