出走馬チェック:チェッキーノ

チェッキーノ戦績

チェッキーノ(出走馬チェック)

血統
父 :キングカメハメハ(Kingmambo)
母父:ハッピーパス(サンデーサイレンス)

戦績
新馬戦 2着
未勝利 1着
アネモネS 1着
フローラS 1着

詳細なデータはこちらでご確認下さい。
http://db.netkeiba.com/horse/2013106005/

2新馬戦(2015年11月15日)

兄にコディーノをもつ超良血馬ということもあり当然の1番人気。
スタートはまずまずといったところでしょうか。
中断の勝負になる位置を確保すると直線にかけてスムーズにポジションをアップ。
外に持ちだしてから追い始めるとしっかり加速。
しかし追走も虚しく2着で入選。
勝ったのが一番のドーヴァ。
完全に枠の差で勝負が決着。
能力を示すことはできたレースでした。

未勝利戦(2015年12月6日)

内枠からしっかりスタートを決めると、少しずつインコースでポジションを下げながら
脚を貯めながら追走。
3コーナーから追い出しながら外に持ち出すと、直線入り口からは更に加速。
中山の短い直線を物ともせずに差し切り勝ち。
新馬戦、未勝利とコースは違えど同じような内容。
スピードに乗るまでが少し時間がかかるタイプなんでしょうね。
仕掛けのタイミングが非常に大事な印象。

アネモネS(2016年3月12日)

上位2頭に桜花賞の出走権が与えられるレース。
スタート後、7番手辺りを追走し、3コーナーから直線にかけてはこれまでと同じような流れ。
2戦続けて柴山騎手が騎乗したこともあり、前走よりも走りも、仕掛けも問題なし。
余裕させ感じさせられる内容で完勝。
桜花賞の出走権も確保しましたが、メジャーエンブレムと同じ勝負服というこもあったからでしょうか
桜花賞に出走ることはありませんでした。
ただ、追い出してからの走りについては、ちょっと硬さを感じるので追えば追うほど伸びていくのかというと
ちょっと違う印象かな。
スタミナはありそうですけどね。

フローラS(2016年4月24日)

東京2000mで大外枠という非常に不利な条件。
好走はするだろうけど、頭まではどうだろうというのが最初の印象でした。
ただ、この馬は窮屈に走るよりも伸び伸び走るほうがいいんでしょうね。
結局、これまでと同じように鞍上の指示通り徐々にポジションを上げていくと
直線ではものすごい追い込み。
トップスピードにのってからの伸び脚は持続力には目をみはるものがあります。
本番に向けても視界良好でしょう。
素直な馬で扱いやすそうですしね、オークスでも大いに期待できます。

   

 - 出走馬チェック , , , ,