ディーマジェスティ(新馬戦、2歳未勝利、共同通信杯、皐月賞)

ディーマジェスティ戦績

ディーマジェスティ

血統
父 :ディープインパクト(サンデーサイレンス)
母父:エルメスティアラ(ブライアンズタイム)

戦績
新馬戦 2着
2歳未勝利 2着
2歳未勝利 2着
共同通信杯 1着
皐月賞(G1) 1着

詳細なデータはこちらでご確認下さい。
http://db.netkeiba.com/horse/2013104704/

2新馬戦(2015年9月5日)

スタートはよくありませんね。
そもそも新馬戦の最内枠って物見をしちゃうんで出遅れることがよくあります。
それでも、最内で離されることなくしっかり追走。
直線では最内から2、3頭外に持ち出すと鞍上の追い出しに応えてしっかり伸びてきました。
ゴール直前とらえたかという走りでしたが、鼻差及ばずの2着。
しかし、次は大丈夫かなという走りで、力の一端は見せてくれました。

 

2歳未勝利(2015年9月26日)

スタートは出遅れ。
そんなに上手じゃないです。
中山コースなんで、もう少しうまくならないとやっぱり取りこぼしが起きてしまいますよね。
ポジション取りが悪くなった分、道中も前が開かず追い出しにとまどってしまいました。
それでも最後は、クビ差まではつめていましたから、もう少しスムーズならという内容で本当に惜しい内容。
こういうレースはこれからもありそうですね。

 

2歳未勝利(2015年11月23日)

相変わらずスタートはどうしようもありませんね。
大外枠ということもあり、ポジションは後方。
そこからはリラックスした走りで追走。
東京コースはあってるんでしょうね、走りがすごくリラックスしてるように見えます。
直線に入ると外へ持ちだして、これまでのレースのような窮屈な走りはみぜず
2着馬に迫られはしましたが、見事先頭でゴール。
これまでのレースぶりを見てもスムーズなら、そう簡単に負ける馬じゃないってことは分かってましたから、安心して見ていられるレースでした。

 

共同通信杯(G3)(2016年2月14日)

重賞レースなんで、さすがにここでも出遅れるようだったら
ちょっとどうかなって感じでしたが、見事なスタート。
そこからは、しっかり折り合ってこれまでどうよう中断後方を追走。
ただ、直線手前からはずっと追い通し。
こんなにバタバタな競馬をしていたら、普通は勝てないですけど
この馬は追えば追うほど、どんどん伸びてくる。
結局最後は前を捉えて先頭でゴールイン。
長くいい脚をずっと使えるんで相当スタミナもありそう。
よくよくレースを見れば、相当高いパフォーマンスを見せてくれています。

 

皐月賞(G1)(2016年4月17日)

騎乗していた蝦名騎手自信が、「まさか勝つとは・・・」って言うぐらい
誰もが驚く結果となりました。
外枠からでしたが、スタートは最悪。
ポジションも後方になってしまって厳しい展開のように見えました。
ただ、リオンディーズがかかりながら先頭に立ったため、レースはかなりのハイペース。
出遅れはしましたが、この馬にはうってつけにレース展開に。
徐々に進出しだすと、直線にかけてどんどんポジションを上げて直線では3強を押さえて見事な勝利。
外枠、休み明け、さらに出遅れも重なって相当ディーマジェスティには不利な展開でしたが、最後は実力で勝利をもぎ取ったところを見ると、ディーマジェスティがこの時点では強かった。
ダービーに向けても視界良好といったところでしょうね。

      2016/05/31

 - 出走馬チェック , , , ,