2016年キーンランドCレース回顧!!

キーンランドカップ(2016)

復活の勝利!!

なかなかの高いレベルでの決着となった今年のキーンランドC。
サマースプリントチャンピオンを狙ったソルヴェイグはわずかに及ばず4着と残念でしたが、同じ3歳牝馬のブランボヌールが直線で鋭い末脚を発揮して勝利しました。
春先はなかなか思うような結果が出ませんでしたが、昨年の函館2歳王者が北の大地で見事な復活勝利を遂げましたね。

なお、2着には逃げたシュウジで3歳馬のワンツー。
3着にはレッツゴードンキが好走しています。

本番が楽しみに!!

勝ったブランボヌールは好スタートから折り合いもついて好位の外目を追走。
リラックスして非常に良い手応えで走っていたのが印象的でした。

直線では、戸崎騎手の豪快なアクションにしっかりと反応しての素晴らしい伸び脚。
少しだけ手前を替えるのに手こずっていたシーンもありましたが、シュウジとの脚色の差は一目瞭然だったし、完勝と言えるないようだったでしょう。

古馬との斤量差こそありましたが、春先は減っていた馬体が戻っていたのも良かったですし、もっともっと増えても良いくらい。
斤量差が少なくなる本番スプリンターズSでは古馬の厚い壁を打ち破ってほしいものです。

詰めの甘さ!?

2着に敗れたシュウジは内枠を利して労せずハナへ。
このあたりはモレイラ騎手の上手さがあってのもの。
それだけにモレイラ騎手も直線入口では9分9厘勝ったと思ったのではないでしょうか。

ただ、そこからが案外で、ゴール前並ぶ間もなく交わされての2着。
この2戦を見てわかるようにも気性的にも1200mがベストでしょうね。
これで2戦連続の2着ですが、道中もう少しリラックスして走れるようになれば、もっと背中を使えるようになるだろうし、最後の粘りも変わってくるでしょう。

そうすれば、番手からでも楽に競馬ができるようになって、詰めの甘さも解消されてくるはず。
この馬も、坂を苦にしないタイプで、スプリンターズSでは上位争いを期待しましょう。

ここまでか!?

3着のレッツゴードンキは、勝ち馬の2馬身後ろを追走も、結果的には位置取りの差がそのままの結果になった印象です。
道中はやや行きたがる素振りを見せ、岩田騎手がなだめてるところで、位置取りが後ろになってしまったのはもったいなかったです。

ただ、勝ち馬とは4キロの差があったことを考えれば内容は良かったですし、昨年の桜花賞を勝って以来、思うような結果は出ていませんでしたが、1200m戦を使い続けてようやくの復調気配。
あとは高松宮記念での差を本番でどこまで詰められるか。
不安よりはむしろ期待が持てる内容だったと言えます。

惜しかったが…

4着のソルヴェイグも競馬自体は悪くはなかったですが斤量が増えた分だけ上位には逆転されてしまった感じですね。
元々、切れるタイプでもないですし、直線では馬群に突っ込むのに一瞬、馬が躊躇したようにも見えました。

牝馬でダイワメジャー産駒、気性的にも気難しいところがあるのかもしれません。
メジャーエンブレムのように、積極的な競馬の方がこの馬には合っているのかもしれません。

さて、本番ではどうでしょうか。

まとめ

この夏に行われた数戦のスプリント戦を見て思ったのは、

「春の高松宮記念で活躍した馬を脅かすような馬はいないかなぁ」

というのが正直な感想でした。

ただ、このレースを見て、この3歳馬2頭はなかなかスプリンター気質が高いように見えましたし、レースぶりも非常に好評価。
来週のセントウルSの結果次第のところもありますが、好走した上位3頭にはスプリンターズSでも良い走りを期待したいものです。

      2016/09/08

 - 馬券力向上はレース回顧から , , , ,