アイビスサマーダッシュ(G3・新潟芝1000m)攻略【2017】

アイビスサマーダッシュの主な有力馬

アイビスサマーダッシュ攻略(2017)

アクティブミノル 牡5(栗・北出)
シンボリディスコ 牡7(美・高橋祥)
ネロ 牡6(栗・森)
フィドゥーシア 牝5(栗・松元茂)
ブレイズエターナル 牡7(栗・安田隆)

直線レースの重賞は日本でもこのレースだけとなっていて、今や新潟競馬場の夏の風物詩と言えるでしょうね。
今年も、GI戦線で活躍したネロを筆頭に、今回と同条件の韋駄天Sを勝ったフィドゥーシア。
CBC勝で3着のアクティブミノルや3歳馬レジーナフォルテらが日本で一番早い馬を争います。
牝馬が大活躍のレースでもありますし、今年はどの馬が勝利するのか。

それでは、データを参考にアイビスSDをひも解いていきたいと思います。

過去10年のデータ

1番人気 (5-1-0-4)
2番人気 (1-1-1-7)
3番人気 (1-2-2-5)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (0-3-1-8)
6番人気 (3-3-4-102)
以下

1番人気が5勝していて、なおかつ現在4連勝中となって絶好調ですね。
過去には二桁人気馬が激走し、荒れるイメージがあったのも今は昔といったところでしょうか。
今年は昨年2着のネロが出走を予定。
人気を集めることは間違いありませんが、今年はどんな結果になるのでしょうか。

◆枠番別

1枠(0-0-1-16)
2枠(2-1-3-11)
3枠(0-1-0-16)
4枠(1-0-0-19)
5枠(1-0-1-18)
6枠(0-3-1-16)
7枠(2-1-4-19)
8枠(4-4-0-17)

◆馬番別

1番 (0-0-1-9)
2番 (1-0-0-9)
3番 (1-0-2-7)
4番 (1-1-1-7)
5番 (0-1-0-9)
6番 (0-0-1-8)
7番 (0-0-0-10)
8番 (0-0-0-10)
9番 (1-1-0-8)
10番(0-0-1-9)
11番(0-1-0-9)
12番(0-2-2-6)
13番(3-1-1-4)
14番(0-0-1-7)
15番(0-0-0-7)
16番(1-1-0-5)
17番(1-1-0-4)
18番(1-1-0-4)

若干の坂はありますがほぼ平坦コース。
外枠有利なのは間違いなく、特に真ん中の二桁馬番から外の馬が多数好走しています。
ただ、以前に比べれば内枠からも好走があり、大きな割引材料にはならなくなってきています。
そして、重要なのがある程度前に行ける馬の好走が目立っている点です。
前のレースで、どの位置取りにつけていたかは確認しましょう。

◆性別

牡・セン (3-8-5-83)
牝馬 (7-2-5-49)

過去10年で7勝の牝馬が圧倒しております。
今年もフィドゥーシア、ダンシングワンダー、アースエンジェル、レジーナフォルテ、キープレイヤー、ブライトチェリーと6頭がスタンバイ。
この中から勝ち馬が出ても全く驚けませんね。

◆所属別

美浦(1-8-4-59)
栗東(9-2-6-73)

関西馬が圧倒していて、今年も上位人気は関西馬ばかりとなっています。
関東馬は勝ち数こそ負けていますが2着が8回と決して侮れません。
軸には関西馬が良さそうですが、関東馬を無視することはできないでしょう。

◆年齢別

3歳 (0-1-2-11)
4歳 (4-2-1-8)
5歳 (4-5-4-32)
6歳 (1-2-3-37)
7歳上(1-0-0-44)

出走頭数の差で、4歳馬が圧倒的に結果を残しています。
同じ4勝の5歳馬も負けていませんが、4歳馬が有利なのは確かでしょうね。

◆前走距離別

重賞(7-4-3-53)
OP特別(2-5-5-54)
条件戦 (1-1-2-22)

函館SS組とCBC賞組が好成績となっていますね。
OP特別組も悪くはありませんが、重賞組に比べると、割り引きする必要がありそうですね。

◆種牡馬別

サクラバクシンオー(10-7-6-95)
アドマイヤムーン(8-6-1-43)
ヨハネスブルグ(5-7-2-14)
マイネルラヴ(5-2-2-32)
キンシャサノキセキ(5-2-1-24)
クロフネ(4-0-5-19)
タイキシャトル(3-3-4-42)
スウェプトオーヴァーボード(3-3-3-55)
ショウナンカンプ(3-3-2-23)
フサイチコンコルド(3-3-1-3)

過去5年の新潟芝1000mの種牡馬成績になります。
昨年、一昨年と連覇したベルカントもそうですが、このレースは母系にナスルーラ系(シンボリディスコ、ナリタスターワン、ラインスピリット、レジーナフォルテ)が好成績となっていますね。
あとはノーザンダンサー系のスピード血統が良さそうですが、個人的にはミスプロ系(プレイズエターナル、ラインスピリット、レジーナフォルテ、レヴァンテライオン)が面白そうですね。

◆騎手別

田中勝春(7-5-3-26)
中舘英二(7-1-4-22)
内田博幸(6-5-1-20)
江田照男(6-3-2-41)
デムーロ(5-1-1-1)
津村明秀(4-4-3-32)
石川裕紀人(4-3-3-18)
戸崎圭太(4-2-8-18)
北村友一(4-2-1-8)
吉田隼人(4-0-6-42)

過去5年の新潟芝1000mの騎手成績になります。
新潟直線レースで好成績を残している田中勝春騎手、江田照男騎手、津村騎手、石川裕紀人騎手達に騎乗馬がいないのはなんとも残念な限りですね。
そこで注目したいのは、栗東所属ながらもランクインした北村友一騎手はプレイズエターナルに騎乗予定。
夏のサマージョッキーズシリーズでもトップを走っていますし、ここもなんとか上位争いをしてポイントを加算したいところでしょうね。

まとめ

今年ネロともに人気を集めるのはフィドゥーシア。
母は02年スプリンターズSと03年の高松宮記念を勝った快速馬ビリーヴになります。
そのフィドゥーシアは春雷Sと韋駄天SのOP特別を連勝中。
母ビリーヴも5歳の夏に連勝して本格化してG1制覇。
母同様に5歳となる今年に本格化を見せているフィドゥーシアも今後の活躍が非常に楽しみになりましたね。
そのためにも、ここは通過点としなくてはいけません。
負けられない一戦と言えそうですが、どんなレースを見せてくれるのか。
レースを楽しみに待ちましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

競馬研究所2

   

 - GⅠ究極の重賞予想と結果