チューリップ賞(G3・阪神芝1600m)攻略【2018】

チューリップ賞の主な有力馬

チューリップ賞攻略【2018】

シグナライズ 牝3(栗・藤原英)
スカーレットカラー 牝3(栗・高橋亮)
マウレア 牝3(美・手塚)
ラッキーライラック 牝3(栗・松永幹)
リリーノーブル 牝3(栗・藤岡健)

いよいよ昨年の2歳女王ラッキーライラックが始動します。
もちろん2歳女王がどんなレースを見せてくれるのか楽しみですが、阪神JF2着のリリーノーブルと同3着のマウレアの巻き返しにも注目しましょう。
昨年は2歳女王ソウルスターリングが堂々たるレースで勝利を飾りました。
今年の2歳女王はどんなレースを見せてくれるのか。

それでは、データを参考にチューリップ賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (4-3-1-2)
2番人気 (1-1-3-5)
3番人気 (1-1-0-8)
4番人気 (1-1-0-8)
5番人気 (2-0-1-7)
6番人気 (1-4-3-84)
以下

1番人気が4勝2着3回と馬券圏外になったのは15年クルミナルと13年レッドオーヴァルだけ。
ここ最近の勝ち馬や好走馬を見るとソウルスターリング、シンハライト、ジュエラー、アンドリエッテ、ハープスター、ヌーヴォレコルトといったそうそうたる面々ばかりとなっています。
やはり今年も実績馬であるラッキーライラックが期待通りの強い競馬を見せてくれるのではないでしょうか。

◆枠順

1枠(0-2-1-11)
2枠(0-0-1-14)
3枠(1-0-1-14)
4枠(2-0-3-13)
5枠(1-2-1-16)
6枠(3-1-0-16)
7枠(3-2-0-15)
8枠(0-3-3-15)

◆馬番

1番 (0-1-1-8)
2番 (0-1-0-9)
3番 (1-0-1-8)
4番 (0-0-1-9)
5番 (1-0-2-7)
6番 (0-0-1-9)
7番 (1-2-1-6)
8番 (1-0-0-9)
9番 (0-1-0-9)
10番(2-1-0-7)
11番(1-0-0-9)
12番(2-0-1-7)
13番(0-2-0-6)
14番(1-1-0-4)
15番(0-0-2-3)
16番(0-1-0-3)
17番(0-0-0-1)
18番(0-0-0-0)

外回りコースを使用し、474mの長い直線と1.8mのキツイ勾配の急坂が特徴となっています。
その為、差し・追い込みが断然有利となっていますね。
ただ、このチューリップ賞に限れば、逃げ馬がかなり馬券になっている点は見逃せないところ。
特に枠順による有利不利はなさそうですが、馬場の良い外側を選んで走れる外枠が好成績となっています。

◆所属別

美浦(3-4-1-12)
栗東(7-6-9-98)
地方(0-0-0-4)

7勝2着6回3着9回と絶対的に関西馬が有利となっていますね。
ただし、昨年のソウルスターリングのように関東馬は少ない出走頭数ながらも、高い数値を誇っています。
クイーンCは残念な結果となりましたがマウレアの巻き返しに期待したいですね。

◆前走別

G1(6-4-5-8)
G2(0-0-0-0)
G3(0-2-1-9)
OP特別(1-1-2-32)
条件戦(2-2-1-37)
未勝利(1-0-1-15)
新馬(0-1-0-7)

中心は間違いなく阪神JF組になりますね。
昨年こそ新馬を勝ったばかりのミスパンテールが2着に好走しましたが、基本的には数を使っている馬が有利。
今年はダンサールが該当しますがはたして…。
※今週はスカーレットカラー、マウレア、マウレアの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(55-49-39-247)
ダイワメジャー(16-18-18-136)
キングカメハメハ( 13-13-14-137)
ステイゴールド(12-9-12-103)
ハーツクライ(9-11-11-103)
マンハッタンカフェ(8-8-7-68)
アドマイヤムーン(8-4-5-51)
ゼンノロブロイ(7-9-11-75)
ハービンジャー(7-7-5-54)
クロフネ(4-3-4-59)

過去5年の阪神芝1600mの種牡馬成績になります。

母系にノーザンダンサー系を持つ馬(サヤカチャン、サラキア、マウレア、リリーノーブル)が圧倒的に有利となっていますね。
今年も上記の中から好走馬が出てきそうです。
個人的には昨年同様にノーザンダンサー系×machem系のシグナライズにも注目しています。

◆騎手別

川田将雅(24-13-16-77)
浜中俊(23-18-12-81)
デムーロ(20-16-5-44)
福永祐一(16-10-22-71)
ルメール(14-13-8-29)
小牧太(10-5-7-73)
武豊(9-14-8-90)
岩田康誠(8-13-10-74)
池添謙一(7-15-6-86)
和田竜二(7-12-14-118)

阪神芝1600mの騎手成績になります。

川田騎手(リリーノーブル)と浜中騎手(レッドランディーニ)とデムーロ騎手が好成績ですね。
個人的には武豊騎手がマウレアでどんなレースをしてくれるのか注目しています。

まとめ

弥生賞同様に2歳女王が出走することもあって、他陣営が敬遠したのか頭数はやや少なくなっていますが、阪神JFの上位3頭が出てくるとあって、期待ばかりが膨らみますね。
クイーンCで惜敗したマウレアはここで結果を出さないと苦しくなるでしょうし、休み明けだからといってラッキーライラックとリリーノーブルの両馬もある程度の結果を出さなければ、桜花賞でも難しくなるはずです。
たださえ、体調管理の難しい牝馬ですから、フケの出やすい春先で陣営も仕上げには四苦八苦しているのかもしれません。
ただし、条件は皆同じです。ここでどんなレースをしてどんな結果を出してくれるのか。
当然のことですが、2歳女王のラッキーライラックには実績馬らしい強い競馬を見せてもらいたいものですね。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - GⅠ究極の重賞予想と結果