ラジオNIKKEI賞(G3・福島芝1800m)攻略【2018】

ラジオNIKKEI賞の主な有力馬

ラジオNIKKEI賞攻略【2018】

イェッツト 牡3(美・金成)
グレンガリー 牡3(美・萩原)
ケイティクレバー 牡3(栗・杉山)
フィエールマン 牡3(美・手塚)
メイショウテッコン 牡3(栗・高橋忠)

宝塚記念も終わって今週からは福島、中京開催がスタートしますね。
となれば夏のローカル開催もいよいよ本格化。
福島競馬場では3歳馬によるハンデ重賞ラジオNIKKEI賞が行われます。
昨年は素質馬セダブリランテス、一昨年はゼーヴィント、その前はアンビシャスが勝利し、素質馬達の登竜門になっていると言えそうですね。
ここから秋の菊花賞、はたまた今後の中距離路線を賑わすような馬は出てくるのか。

それでは、データを参考にラジオNIKKEI賞をひも解いていきます。

過去10のデータ

※中山開催で行われた11年を除いています。

◆人気別

1番人気 (2-2-1-5)
2番人気 (3-1-1-5)
3番人気 (1-0-0-9)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (2-0-2-6)
6番人気 (2-6-5-93)
以下

1番人気2勝も2着2回3着1回と、この成績を良しとするのかは意見の分かれるところですが、個人的には少々物足りなく感じますね。
また、2番人気が3勝2着1回3着1回とまずまずの成績。
ただし、6番人気以下が2勝2着6回3着5回と波乱を演出しています。
荒れるハンデ重賞だけに高配当の可能性も十分にありそうですね。

◆枠順

1枠(1-0-1-17)
2枠(2-3-3-11)
3枠(1-1-3-14)
4枠(0-2-0-17)
5枠(1-0-0-19)
6枠(1-3-0-16)
7枠(2-0-0-18)
8枠(2-1-3-14)

◆馬番

1番 (1-0-1-8)
2番 (0-0-0-10)
3番 (1-0-3-6)
4番 (1-3-0-6)
5番 (0-0-1-9)
6番 (1-1-2-6)
7番 (0-2-0-8)
8番 (0-1-0-9)
9番 (1-0-0-9)
10番(0-0-0-10)
11番(2-1-0-7)
12番(0-1-0-9)
13番(1-0-0-8)
14番(1-0-0-8)
15番(0-1-2-6)
16番(1-0-1-7)

4角と直線入り口が交差するポケットあたりからのスタートになりますね。
最初のコーナーまでが600mと非常に長く、特に枠順による有利不利はなさそうです。
しかし、成績は内枠が圧倒的に有利。
小回りで直線も短いですし、ロスのある外枠は割り引きが必要でしょうね。
逆に、ロスなく乗れる内枠に入った馬は積極的に狙ってみても良いでしょう。

◆性別

牡・セ(10-9-9-110)
牝馬 (0-1-1-16)

牡馬断然の成績となっています。
今年は牝馬の出番はなさそうですね。

◆所属

美浦(9-7-9-71)
栗東(1-3-1-54)
その他(0-0-0-1)

珍しくと言ってはあれですが関東馬が断然の成績となっていますね。
今年も上位人気は関東馬。
関西馬はキボウノダイチ、ケイティクレバー、メイショウテッコンの3頭が出走を予定していますがどこまでやれるでしょうか。

◆斤量別

51キロ以下(0-0-0-13)
52キロ  (1-0-0-13)
53キロ  (1-3-4-34)
54キロ  (5-1-2-29)
55キロ  (1-5-2-14)
55.5キロ (0-0-0-0)
56キロ  (1-0-2-17)
56.5キロ (1-0-0-0)
57キロ以上(0-1-0-6)

好成績は54キロ(イェンツト、グレンガリー、フィエールマン、マイハートビート、ロードアクシス)となっています。
逆に52キロ以下(シセイヒテン、マルターズルーメン、ロードライト)の軽量馬は大不振。
馬券によく絡んでいるのは53キロ(ウインガナドルビービーガウディロードリベラル)と55キロ(ライジングリーズン)の斤量を背負った馬達で、抑えておいて損はないでしょう。
トップハンデは56キロ(ケイティクレバー、メイショウテッコン)ですが、今年ははたして…。

◆前走別

G1(0-2-4-22)
G2(2-0-0-11)
G3(0-0-0-7)
OP特別(2-5-2-23)
条件戦(6-3-4-62)

好成績は条件戦組(キボウノダイチ、キューグレーダー、グレンガリー、シセイヒテン、フィエールマン、ロードライト)で6勝2着3回3着4回となっていますね。
また、OP特別組は2勝2着5回と惜しい結果となっています。
特に白百合S組(メイショウテッコン)は2着3回ですが、今回の結果はいかに。
※今週はケイティクレバー、エイムアンドエンド、イェッツトの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(16-13-14-69)
ステイゴールド(10-13-10-118)
マンハッタンカフェ(8-3-4-57)
ダイワメジャー(7-9-5-63)
ゼンノロブロイ(6-6-7-54)
ハーツクライ(6-5-9-64)
マツリダゴッホ(6-5-1-36)
キングカメハメハ(6-3-3-66)
スペシャルウィーク(6-2-1-27)
フジキセキ(4-3-2-18)

過去5年の福島芝1800mの成績になります。
ディープ産駒(フィエールマン)が好成績ですが今年は混戦という言葉がピタリと当てはまりそうで、いろいろな種牡馬の産駒が出走していますね。
ちなみにディープ産駒は15、16年に勝利。
昨年もディープを父に持つディープブリランテ産駒が勝利していて相性は抜群と言えそうですね。
また個人的にはナスルーラ系のイェンツトとキボウノダイチに注目しています。

◆騎手別

戸崎圭太(11-8-4-45)
柴田大知(10-10-6-57)
吉田隼人(10-5-6-40)
内田博幸(8-5-8-46)
石橋脩(6-7-9-58)
蛯名正義(6-4-3-35)
勝浦正樹(5-8-1-27)
北村宏司(5-6-1-33)
松岡正海(5-4-1-26)
田中勝春(4-4-1-50)

過去5年の福島芝1800mの成績になります。
戸崎騎手(キボウノダイチ)、柴田大知騎手、吉田隼人騎手が成績上位ですが、注目はケイティクレバーの手綱を取る小林徹騎手でしょう。
元々管理していた目野厩舎が定年もあって皐月賞は無念の乗り替わり。
今回は2戦ぶりの手綱となるだけにこのレースにかける思いはひとしおではないでしょうか。
また、個人的に今年好調の津村騎手(グレンガリー)にも注目します。

まとめ

昔は残念ダービーと呼ばれていたラジオNIKKEI賞。
私の記憶に非常に鮮明に残っているのは、ラジオたんぱ賞の名前で行われていた97年のエアガッツが勝ったレースになります。
確か柴田大知騎手が初重賞を飾ったレースでしたが、なぜ記憶に残っているのかというと、同年の皐月賞を10番人気で2着したシルクライトニングが出走していたからです。
同馬はダービー制覇の期待もありましたが、ダービー出走直前の退避場で落鉄が判明。
無念の競走除外となった経緯がありました。
クラブ馬でもありましたし、ラジオたんぱ賞で結果が欲しかった事は間違いありません。
また、安田富男騎手もいぶし銀で鳴らしていましたが、ダービーを勝てるチャンスは年齢的にも最後のチャンスだっただけに、ダービー直前の除外は悔やんでも悔み切れなかったことでしょう。
しかも、同馬はダービー直前での落鉄で歯車が狂ったのか、その後レースで勝つことはありませんでした。
人生にも通じるものがありますね。
今年はどんなドラマを見せてくれるのか。
週末のレースを楽しみに待ちましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - GⅠ究極の重賞予想と結果 , , , , ,