中山記念(G2・中山芝1800m)攻略【2018】

中山記念の主な有力馬

中山記念攻略【2018】

アエロリット 牝4(栗・菊沢)
ウインブライト 牡4(美・畠山)
ヴィブロス  牝5(栗・友道)
ペルシアンナイト 牡4(栗・池江)
マイネルハニー 牡5(美・栗田博)

毎年好メンバーが集まる伝統のG2中山記念。
頭数は少ないですが今年もG1馬3頭を始めとする好メンバーが揃いましたね。
一昨年にはドゥラメンテが。
昨年はネオリアリズムがここを勝って春のG1戦線に駒を進めていきました。
今年も各馬がここから春のG1戦に臨むことになるでしょう。
どんなレースになるのか。

それでは、データを参考に中山記念をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (3-0-1-6)
2番人気 (3-1-2-4)
3番人気 (3-1-2-4)
4番人気 (0-4-2-4)
5番人気 (0-0-1-9)
6番人気 (1-4-2-71)
以下

ここ数年は各世代の有力馬の出走が多く、今年も少頭数ながらもなかなかの個性的なメンバーが揃っていますね。
昨年こそ、3番人気→8番人気→7番人気の組み合わせで好配当となりましたが、昨今の傾向からは極端穴狙いは禁物ですね。

◆枠番別

1枠(1-1-0-10)
2枠(2-0-2-10)
3枠(2-2-2-8)
4枠(2-0-1-11)
5枠(0-3-2-10)
6枠(0-2-1-16)
7枠(2-0-1-17)
8枠(1-2-1-16)

◆馬番別

1番 (1-1-0-8)
2番 (1-0-2-7)
3番 (2-1-0-7)
4番 (2-0-1-7)
5番 (0-3-2-5)
6番 (0-0-1-9)
7番 (1-1-0-8)
8番 (0-0-0-10)
9番 (2-1-2-5)
10番(0-2-1-7)
11番(0-0-1-8)
12番(0-0-0-5)
13番(0-0-0-4)
14番(0-0-0-4)
15番(1-0-0-3)
16番(0-1-0-1)

スタートしてすぐに1コーナーに入るため、圧倒的に内枠が有利となっていますね。
基本的には逃げ・先行馬が有利。
ただし、ゴール直前の急坂もあって、スタミナのあるパワータイプの馬が好成績の傾向にあります。
あとは、外々をまわされて脚を使わされてしまう外枠は割り引いたほうが良いでしょうね。

◆年齢別

4歳 (3-1-4-17)
5歳 (3-3-1-18)
6歳 (2-5-1-28)
7歳上(2-1-4-35)

勝ち数は世代ごとにほぼ互角。
なお、勝率は4、5歳馬が互角ですが、連対率が5歳馬で、複勝率は4歳馬が高い数字となっています。
極端に差があるわけではありませんが、4歳、5歳馬を中心に考えるのが良さそうですね。

◆所属別

美浦(6-3-5-61)
栗東(4-7-5-37)

関東馬が勝利数でリードしています。
出走数に差はありますが、関東馬がやや有利と言えそうですね。
ただし、連対率と複勝率では関西馬の方が上回っています。

◆前走別

G1(6-3-1-20)
G2(0-1-4-18)
G3(2-5-4-38)
OP特別(1-1-0-16)
条件戦(0-0-0-3)
海外(1-0-1-3)

前走は重賞というよりはGIを使ってきた馬が中心になりますね。
実績馬が断然有利になるということでしょう。
※今週はマルターズアポジー、マイネルハニー、ウインブライトの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(24-13-18-133)
ハーツクライ(13-7-10-84)
キングカメハメハ(12-8-9-79)
ステイゴールド(11-17-7-91)
ネオユニヴァース(7-2-3-56)
ハービンジャー(7-0-7-45)
マンハッタンカフェ(6-13-8-55)
シンボリクリスエス(6-11-7-64)
ダイワメジャー(5-9-6-57)
メイショウサムソン(5-3-9-41)

過去5年の中山芝1800mの成績になります。
中山記念はSS系、ミスプロ系、ノーザンダンサー系の活躍が目立ちますが、いずれも共通して言えることはパワータイプの馬が活躍しているということですね。
昨秋の馬場の軽い京都コースで爆発したハービンジャー産駒ペルシアンナイトは少々不安が残ります。
あと数は多くありませんが高い確率で好走馬を輩出しているマツリダゴッホ産駒(マイネルハニー)は一発があってもなんら驚けませんね。

◆騎手別

戸崎圭太(19-19-10-64)
北村宏司(15-7-7-56)
蛯名正義(11-8-9-64)
松岡正海(10-6-7-81)
田辺裕信(9-13-11-78)
デムーロ(9-2-1-11)
柴田善臣(7-4-6-59)
田中勝春(7-4-6-68)
石橋脩(7-4-5-58)

過去5年の中山芝1800mの成績になります。
戸崎騎手(ショウナンバッハ)の成績もさることながら、個人的には非根幹距離における北村騎手の手綱さばきには目を見張るものがあります。
ただ、残念ながら今年は騎乗馬なし。
曲者横山典騎手(アエロリット)、松岡騎手(ウインブライト)、蛯名騎手(サクラアンプルーフ)、柴田騎手(マルターズアポジー)の駆け引きに注目しています。

まとめ

中山記念が行われると春の訪れを感じずにはいられないのは気のせいでしょうか。
昨年からG1に昇格した産経大阪杯前哨戦として注目の一戦。
牝馬のアエロリットとヴィブロスは結果次第で牡馬に挑むのか、牝馬路線にするのか、はたまた海外に視野を広げるのか、ここの結果が今後のローテーションに影響を与えてきそうです。
また、ペルシアンナイトも中距離路線なのかマイル路線に進むのかハッキリすることでしょう。

そんな注目のG2レース。
今年はどんなレースになるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - GⅠ究極の重賞予想と結果 , , , , ,