函館2歳S(G3・函館芝1200m)攻略【2018】

函館2歳Sの主な有力馬

函館2歳S攻略【2018】

アスターペガサス 牡2(栗・中竹)
カルリーノ 牡2(美・高橋裕)
スズカカナロア 牡2(栗・橋田)
ナンヨーイザヨイ 牡2(栗・松永幹)
ラブミーファイン 牡2(栗・田所)

函館最終週となる今週は、2歳戦最初の重賞レース函館2歳Sが行われますね。
ここを勝ってさぁ来年のクラシックへとは簡単にいきませんが、暮れの2歳王者を決める朝日杯FSに向けて、素質ある2歳の若駒達が集結しました。
果たしてどの馬が2018年最初のステークスウィナーに輝くのか。

それでは、データを参考に函館2歳Sをひも解いていきましょう。
※札幌で行われた09年を除く過去10回のデータを参照しています

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (3-3-0-4)
2番人気 (4-0-0-3)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (1-0-2-7)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (1-4-4-88)
以下

1番人気3勝、2番人気4勝と上位人気が比較的結果を出しています。
ただし、10桁人気馬が5頭も馬券に絡んでいるように、決して一筋縄でいかないレース。
今年のメンバー構成を見ても波乱の可能性は十分にあると言えそうですね。

◆枠番別

1枠(1-2-0-13)
2枠(0-0-4-13)
3枠(0-3-2-12)
4枠(0-2-1-16)
5枠(2-0-0-17)
6枠(4-1-1-13)
7枠(2-1-0-16)
8枠(1-1-2-16)

◆馬番別

1番 (1-2-0-7)
2番 (0-0-2-8)
3番 (0-0-2-8)
4番 (0-0-0-10)
5番 (0-0-1-9)
6番 (0-3-1-6)
7番 (1-1-1-7)
8番 (0-0-1-9)
9番 (3-0-0-7)
10番(0-1-0-8)
11番(1-2-1-6)
12番(3-0-0-6)
13番(0-0-1-8)
14番(0-0-0-6)
15番(1-0-0-6)
16番(0-0-1-5)

夏の北海道シリーズの特徴と言えば洋芝ですね。
パワーを要するため、時計がかかりやすくなっている点に注目です。
さらには、この函館競馬場は、直線が260mと日本一短いことでも有名です。
平坦小回りコースとあって、勝負の行方は枠順と位置取りに左右されるということが言えますね。
特に、ロスの少ない内枠が圧倒的に有利となっていますね。
逆に、極端な追い込み馬は割り引きが必要です。

◆性別

牡・セ(5-3-6-61)
牝馬 (5-7-4-55)

勝ち数を五分ですが連対率、複勝率で牝馬がリードしていますね。
今年は地方馬エムティアン、ニヴィアン、ヒストリコ、ラブミーファイン、ラブミーリッキー、レコードチェイサーが出走を予定。
どの馬も人気がなさそうなだけに好走すれば高配当は間違いないでしょうね。

◆所属別

美浦(2-7-5-59)
栗東(7-3-5-43)
地方(1-0-0-14)

関西馬優勢ですが、連対率と複勝率は関東馬がリードしていますね。
カルリーノ、ガイセン、トーセンオパール、ニヴィアン、ヒストリコ、ホールドユアハンド、ラブミーリッキーが出走を予定しています。

◆前走別

OP特別(1-2-1-11)
未勝利(1-4-0-24)
新馬(8-4-9-68)

前走新馬勝ち(アスターペガサス、イチゴミルフィーユ、ガイセン、ジゴロ、スズカカナロア、トーセンオパール、ナンヨーイザヨイ、ヒストリコ、ホールドユアハンド、ラブミーファイン、ラブミーリッキー、ラブリロンリロンス)している馬が好成績となっていますね。
今年の出走予定馬のほとんどが新馬勝ちしている馬ばかりですね。
※カルリーノ、トーセンオパール、ロードワンダーの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ダイワメジャー(13-11-18-103)
ヨハネスブルグ(11-5-4-29)
アドマイヤコジーン(8-2-0-27)
ディープインパクト(7-9-5-56)
タイキシャトル(7-6-9-59)
マンハッタンカフェ(7-4-3-48)
デュランダル(7-3-3-34)
キンシャサノキセキ(6-10-4-38)
アドマイヤムーン(6-10-3-7)
フジキセキ(6-3-7-33)

過去5年の函館芝1200mの種牡馬成績になります。
スプリント戦ですし、短距離血統が結果を出していますね。
ここ3年はSS系かミスプロ系が好走。
また、ナスルーラ系(カルリーノ)を持っている馬の好走も目につきます。
あと、ミスプロ系×ノーザンダンサー系のニヴィアンにも注目しています。

◆騎手別

岩田康誠(20-23-21-74)
三浦皇成(16-18-15-72)
吉田隼人(15-10-11-112)
丸山元気(12-5-13-84)
勝浦正樹(11-20-17-99)
丹内祐次(10-14-9-81)
四位洋文(10-9-3-66)
柴山雄一(8-12-6-84)
池添謙一(8-9-7-38)
古川吉洋(7-8-1-87)

過去5年の函館芝1200mの騎手成績になります。
岩田騎手(ナンヨーイザヨイ)20勝。
三浦皇成騎手(エムティアン)16勝。
吉田隼人騎手(ニヴィアン)15勝。
勝浦騎手(トーセンオパール)11勝。
池添騎手(スズカカナロア)8勝と以上が成績上位騎手の騎乗馬となります。
ここに先週函館記念を制した藤岡佑介騎手(カルリーノ)も加わって、函館開催を締めくくるのに相応しい騎手が揃ったと言えるでしょうね。
名手たちの手綱さばきにも注目です。

まとめ

今年の函館開催の締めくくりとなる函館2歳S。
仕上がりの早い馬や短距離血統の馬が活躍することもあって、クラシックに直結するとは言い難いですが、2歳世代最初の重賞競走ですから注目せずにはいられません。
馬券を買う側の私たちとしても、この函館2歳Sをしっかりと的中させて、次の札幌開催に繋げていきたいところですね。
上手く好配当を的中させることが出来れば、さらに気分は上向くことでしょう(笑)。
ぜひ、的中を手にしたいものですね。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

      2018/07/20

 - GⅠ究極の重賞予想と結果 , , , , ,