天皇賞・春(G1)予想(2016)

ゴールドシップ(天皇賞春)
さて天皇賞(春)です。
好きなんですよね、長距離レースって。
個人的なことですが、オルフェーヴルが負けた天皇賞では
3連複を当てることができて、とってもいいイメージを持っています。
今回もバシッと決めますよ
1番キタサンブラック
距離を不安視されながらも菊花賞まで制してしまった馬ですからね。
最内枠は最高の枠をゲットしました。
G1で武豊騎手が最内枠っていつ以来でしょうか。
当然期待できますね。

2番トゥインクル
前走は馬場がこの馬にあってた印象。
ハンデの恩恵もあったので、ここでは力不足か・・・。

3番カレンミロティック
実力は認めつつもやはり少しずつ老いを感じますね。
適正でどこまでいけるか。

4番トーセンレーヴ
長距離適正があるとは思えませんね。

5番フェイムゲーム
いつも忘れた頃にくる印象。
そこそこ人気になっている今回は、着順もそこそこな気が・・・。

6番アドマイヤゼウス
力はあると思いますが、長距離では結果がでていませんね。
岡田総帥も、長距離は向いてないって言ってたし。

7番ファタモルガーナ
最近、内田騎手が乗れていますからね。
舐めてかかると痛い目にあいそう。
穴だ面白い存在。

8番シュヴァルグラン
将来はものすごく強くなりそうです。
まだ成長途上だとは思いますが、普通に馬券圏内。
福永騎手って長距離レースを勝ってるイメージがないですね。

9番トーホウジャッカル
状態さえ万全なら、この馬が最強だと思いますすが
その状態がうかがい知れない。
判断が難しい馬です。

10番アルバート
堀厩舎×外人騎手という黄金コンビ
G1では、なかなか結果がでていないルメール騎手ですが
長距離でこそ、ルメール騎手の良さがでそうですけどね。

11番タンタアレグリア
岡田総帥がエネルギー効率がいい走りをするって言っていたのが
頭に残ってますね。
叩き3走目、一番いい状態で望めそうですね。

12番ヤマニンボワラクテ
力が足りないだろうなぁ。

13番マイネルメダリスト
全盛期ならもう少しやれてたと思いますが
現状の力では・・・。

14番サトノノブレス
普通に力は上位でしょう。
おそらく人気はないでしょうが、なめてかかっていい馬ではありませんね。

15番サウンズオブアース
藤岡祐介騎手への乗り替わりがマイナスに受け止められている印象。
最後のひと押しが藤岡騎手なら期待できます。

16番ファントムライト
力が足りないだろうなぁ。

17番ゴールドアクター
強いでしょうね。
ただ、枠は良くありません。
天皇賞(春)も枠は大事です。
今回は、そう簡単に頭までイメージできないですね。

18番レーヴミストラル
強いと思いますが、厩舎が変わってどうか。
馬券的にはチャレンジしずらい。

まとめ

本命は、人気ブログランキングにしました。
今はこの騎手でいいでしょうね。
とにかくリズムがいい。
馬もしっかり叩いて、理想のローテーション。
大いに期待できますね。

   

 - GⅠ究極の重賞予想と結果