朝日杯フューチュリティステークス(GI)予想【2016】

朝日杯フューチュリティステークス出走馬チェック

%e6%9c%9d%e6%97%a5%e6%9d%af%e3%83%95%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e4%ba%88%e6%83%b3%ef%bc%882016%ef%bc%89

1番レヴァンテライオン
重賞勝ち馬ですが距離を伸ばしたとたん一気にパフォーマンスが落ちました。
ただ、こういう馬がいきなり走りだすのが矢作厩舎。
ここの厩舎力は半端ありませんから。
相手には入れておいたほうがいいかもしれませんよ。

2番アシャカリアン
いきなり芝の重賞はきついでしょうね。

3番リンクスゼロ
前走はダートなので度外視。
内枠に入った外国人騎手は怖いですね。
複勝圏内なら。

4番ボンセルヴィーソ
前走でジューヌエコール負けていますが、
そのジューヌエコールはジュベナイルフィリーズで惨敗。
レースも使いすぎですし、厳しい印象。

5番タガノアシュラ
単騎でいければ面白い。
武豊騎手の絶妙なペース配分にまわりがまどわされれば。

6番クリアザトラック
たしか去年までの傾向だったら1勝馬は消しの存在だったはず。
2年連続はさすがにないんじゃない。

7番ビーカーリー
力不足。

8番ダンビュライト
特殊な馬場でしか今のところ走っていません。
実際の力がどうなのか判断は難しいところ。
ルメール騎手なんで安定して走ってくれるとは思いますが
強くは惹かれませんね。

9番ダイイチターミナル
力不足。

10番モンドキャンノ
完成度の高さでそれなりに対応しそうですが。
頭はないでしょうね。

11番トリリオネア
人気はありませんが、魅力はあります。
差し脚もしっかりしていますからね。
松田騎手も上手な騎手ですよ。

12番トーホウドミンゴ
特に強く押せる材料なし。

13番ミスエルテ
大注目ですね。
とにかくスケールがあります。
この中に入ると際だっていますから。
文句なしに勝ち負け。

14番ブルベアバブーン
ダート勝ち馬は買いづらい。

15番レッドアンシェル
福永騎手が騎乗していた馬だということを考えれば将来性はありそう。
恥ずかしいレースはしないはず。

16番アメリカズカップ
悪くなさそうですが、G1になると若手騎手を本命にするには勇気がいります。
相手までかな。

17番サトノアレス
なんと言ってもディープ産駒ですからね。
厩舎も2週連続を期待してるでしょう。
ただ、となりがトラストということはスタート後かぶせられるんでポジションは悪くなりそうですね。

18番トラスト
強いと思いますが、この枠がね。
やれる力はあると思いますが、クリアする課題がたくさんありますね。
柴田騎手がどうさばくかにかかっています。

朝日杯フューチュリティステークス予想のまとめ

本命は、人気ブログランキングにしました。
やっぱりこの馬でしかたがないでしょう。
レースぶりが半端ありませんし、正直この馬以外は横一線といった感じですからね。
どういう勝ち方をするかしっかり見届けます。

   

 - GⅠ究極の重賞予想と結果 , , , , , ,