オークス(G1)予想(2016)

オークスの覇者はシンハライトか、それともチェッキーノか!?

優駿牝馬(オークス)
メジャーエンブレムもジュエラーも出走しないオークスとなってしまいましたが
まだまだ、強い馬はたくさんいますね。
注目を集めるのは、桜花賞馬2着のシンハライトとフローラS覇者のチェッキーノ。
どちらもオークスを勝つに値する実力馬。
レースのちょっと判断、コース取り、タイミグで結果が変わってきそうなだけに
なかな難しいものがありますが、それでこそ予想のし甲斐があるってもんです。

 

優駿牝馬(オークス)出走馬チェック

1番フロムマイハート
ずっとレースを使いづめできていますね。
疲労が心配。

2番アウェイク
東京は3戦して2回は馬券になってますね。
枠もいいですし、ディープインパクト産駒ですから、血統的には確変が起きてもおかしくありませんね。
2,3着なら。

3番シンハライト
一番勝利に近いのは、この馬でしょう。
チェッキーノとどう比較するかでしょうね。
気になるのは、池添騎手が勝ち運から見放されていることですかね。

出走馬チェック:シンハライト

4番アットザシーサイド
回りがどういう評価かしりませんが、スタミナはある思っています。
福永騎手がしっかりこの馬に競馬を教えていますし、全然やれるでしょう。
レースセンスを感じさせる1頭です。
当然、上位評価。

出走馬チェック:アットザシーサイド

5番ペプチドサブル
実力はあると思いますが、ここまで使ってきたレース数が多いですね。
おつりがあるようには・・・。

6番アドマイヤリード
桜花賞5着なんで、一定の評価は必要ですが
このメンバーに入るとかすんで見えます。
ちょっと力が足りないでしょうね。

7番ゲッカコウ
柴田騎手なんで思いきった騎乗をしてくるでしょうが
ちょっと厳しいでしょうね。

8番デンコウアンジュ
メジャーエンブレムを差しきったことのある馬だということを
忘れちゃいけませんね。
展開次第で、出番はありそうです。

9番ウインファビラス
松岡騎手も思いきった騎乗をしてくるでしょうが
見せ場をどこまで作れるか・・・。

10番ダンツペンダント
記念に出走するだけ。
現時点では力不足。

11番エンジェルフェイス
最近のルメール騎手は、騎乗に絶対に勝つんだって気迫を感じないので
極端に逃げるか、追い込むかいうかたよったタイプの馬があってそうですね。
そういう意味で、この馬は面白い存在。

12番フロンテアクイーン
レースを経験するごとに力をつけていますね。
メイショウサムソン産駒と血統は地味ですが、母父サンデーです。
穴で妙味がありそう。

13番チェッキーノ
王道路線を歩んではいませんが、戦ってきた相手は高レベル。
強いですよ。
シンハライトとの力関係がポイントでしょう。

出走馬チェック:チェッキーノ

14番ビッシュ
ディープインパクト産駒&ミルコ・デムーロ騎手。
抑えておきましょう。

15番レッドアヴァンセ
疲労が心配ですね。
音無厩舎は比較的フレッシュな方が走りますよ。

16番ジェラシー
現状では、力不足だと思いますが騎手が魅力。

17番ロッテンマイヤー
力はありそうですが、厩舎がまだまだ若いですね。
大一番での仕上げに、信頼がまだおけません。

18番ダイワドレッサー
大外枠、休み明け。
不安要素だらけ、勝ち負けは厳しいでしょうね。

 

優駿牝馬(オークス)予想のまとめ

本命は、人気ブログランキングにしました。
やっぱり戦ってきた相手がね、強いですから。
前走の走りを見ても、いいポジションはとれそうですし、内を見ながら立ち回れるの大きな強みじゃないでしょうか。
騎手も盤石ですし、この馬が勝利に一番近いと判断しました。

      2016/05/24

 - GⅠ究極の重賞予想と結果 , , , , , , ,