CBC賞(G2・中京芝1200m)攻略【2018】

CBC賞の主な有力馬

CBC賞攻略【2018】

アサクサゲンキ 牡3(栗・音無)
セカンドテーブル 牡6(栗・崎山)
ダイメイフジ 牡4(栗・森田)
ペイシャフェリシタ 牝5(美・高木)
ワンスインナムーン 牝5(美・斎藤)

夏のローカル開催が本格化となると、サマーシリーズの動向が気になるところですね。
今週中京競馬場で行われるCBC賞はサマースプリントSの第2戦となっています。
一昨年にはこのCBC賞から始動したベルカントがサマースプリントSのチャンピオンに輝いていますね。
今年はどの馬がここから優勝を目指すのでしょうか。

それでは、データを参考にCBC賞をひも解いていきましょう。

過去6年のデータ

※データは中京競馬場で行われた過去6年を参照しております。

1番人気 (1-1-1-3)
2番人気 (3-1-1-1)
3番人気 (1-1-2-2)
4番人気 (1-0-0-5)
5番人気 (0-0-0-6)
6番人気 (2-3-2-60)
以下

2番人気が3勝2着1回3着1回と好成績となっていますね。
上位人気馬が1勝ずつ挙げてはいるものの5番人気は1頭も馬券になっていません。
また、6番人気以下が2勝2着3回3着2回と波乱を演出しています。
ハンデ戦でもありますし、今年も難解な一戦であることが言えそうですね。

◆枠番別

1枠 (0-0-0-10)
2枠 (0-0-0-9)
3枠 (1-0-1-9)
4枠 (1-2-1-8)
5枠 (0-1-0-11)
6枠 (1-0-1-10)
7枠 (1-2-1-10)
8枠 (2-1-1-10)

◆馬番別

1番 (0-0-0-6)
2番 (0-0-0-6)
3番 (0-0-0-6)
4番 (0-0-2-4)
5番 (0-0-1-5)
6番 (1-0-0-5)
7番 (1-2-0-3)
8番 (0-1-0-5)
9番 (0-0-0-6)
10番(0-0-0-6)
11番(2-0-0-4)
12番(0-1-1-4)
13番(0-0-1-5)
14番(1-1-0-3)
15番(0-1-0-3)
16番(1-0-1-3)
17番(0-0-0-3)
18番(0-0-0-2)

この中京競馬場の3コーナーは外に膨らんだ特殊なコース形態となっているのが特徴ですね。
そのため、内枠の馬はコーナーの入りがきつく、外の馬から被されやすくなってしまうため、スムーズに行ける外枠が圧倒的に有利となっています。
データ的にも真ん中から外枠が好成績。
あとは逃げ・先行馬にとって鬼門となる直線の急坂がポイントになりますが、この坂をスムーズに乗り越えられた逃げ馬は最後まですんなりと行ってしまうので、軽視することは禁物でしょう。

◆年齢別

3歳 (0-0-0-10)
4歳 (0-1-1-8)
5歳 (5-4-4-18)
6歳 (1-1-1-25)
7歳上(0-0-0-16)

5歳馬(ダイメイプリンセス、ペイシャフェリシタ、ワンスインナムーン)が5勝2着4回3着4回と圧倒的に好成績を残していますね。
逆に3歳馬は1度も馬券に絡んでおらず、先週ミッキーロケットで宝塚記念を制した音無厩舎のアサクサキングがどのような結果を残してくれるのか注目です。

◆性別

牡・セ(4-3-5-52)
牝馬 (2-3-1-25)

一昨年まで3年連続で牝馬が連対しているように、この時期は牝馬の活躍が目立っていますね。
今年もペイシャフェリシタとワンスナイスムーンが出走を予定していますがはたして…。

◆所属別

美浦(1-0-0-8)
栗東(5-6-6-69)

関西馬が圧倒的に有利となっていますね。
関東馬はワンスナイスムーンとペイシャフェリシタが出走を予定していますがどうでしょうか。

◆斤量別

50キロ以下(0-1-0-8)
51キロ  (0-0-0-1)
52キロ  (0-0-0-9)
53キロ  (1-0-0-17)
54キロ  (0-1-1-12)
55キロ  (0-2-0-12)
55.5キロ (1-0-1-0)
56キロ  (2-1-2-10)
56.5キロ (0-0-0-0)
57キロ  (0-0-1-5)
57.5キロ (1-1-0-1)
58キロ以上(1-0-1-2)

軽量馬は不振で好成績は56キロと(アクティブミノル、セカンドテーブル、トウショウピスト)なっていますね。
極端な軽量馬は割り引きが必要でしょう。
今年のトップハンデはスノードラゴンの58キロ。
斤量は背負うことになりましたが実績馬だけに軽視は禁物です。

◆前走別

G1(1-2-2-17)
G2(2-2-0-5)
G3(0-0-0-3)
OP特別(3-1-2-41)
条件戦(0-1-1-9)
地方(0-0-0-2)
海外(0-0-1-0)

重賞組とOP特別組が5分5分。
実績馬を狙うのか。
勢いのある昇り馬を狙うのか。
判断が分かれるところでしょうね。
※ペイシャフェリシタ、ダイメイプリンセス 、ダイメイフジの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

サクラバクシンオー(9-5-4-60)
ディープインパクト(7-10-3-43)
ダイワメジャー(6-5-6-87)
キングカメハメハ(6-3-5-36)
アドマイヤムーン(5-5-5-45)
タイキシャトル(5-1-2-48)
フジキセキ(4-1-7-24)
ヨハネスブルグ(3-2-1-23)
アグネスタキオン(3-2-1-22)
アドマイヤコジーン(3-1-0-23)

過去5年の中京芝1200mの種牡馬成績になります。
サクラバクシンオーがトップですが、同馬は亡くなっていて参考まで。
それ以外ではこれといった確固たる馬がいないというのが正直なところですね。
その中でもナスルーラ系に注目。
サクラバクシンオー(トウショウピスト、レーヴムーン)、アドマイヤコジーン(スノードラゴン)を持つ馬の激走に期待したいですね。

◆騎手別

藤岡康太(10-7-5-30)
福永祐一(10-3-3-19)
幸英明(6-4-4-38)
川田将雅(4-1-3-15)
武豊(4-0-1-27)
松山弘平(3-7-5-49)
酒井学(3-4-5-35)
北村友一(3-4-0-29)
松若風馬(3-3-3-30)
ルメール(3-2-4-7)

過去5年の中京芝1200mの騎手成績になります。
福永騎手(アクティブミノル)が藤岡康太騎手と並んでトップの成績となっています。
サマージョッキーズSで優勝するためには、1つでも多くのポイントを獲得することが必要になります。
各ジョッキーの手綱さばきにも注目ですね。

まとめ

今週は東西でハンデ重賞が行われますが、昨年行われたCBC賞は1着から3着まで56キロの斤量を背負った馬が勝利していますね。
よく言われるのが
「ハンデのさじ加減こそハンデキャッパー腕の見せどころ」。
ただ、このCBC賞は軽ハンデ馬の激走よりも実績馬が結果を出している印象があります。
今年は確たる実績馬が不在の印象。
どういったレースとなるのか。
週末のレースを楽しみにしたいと思います。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - GⅠ究極の重賞予想と結果 , , , , ,