京都新聞杯(G2)予想(2016)

京都新聞杯はプレ菊花賞!?

サトノラーゼン(京都新聞杯】

京都新聞杯って、プレ菊花賞とも表現れたりします。
ただ、最近はあまり直結していないのが現状ですかね。
なんで先の菊花賞まで考えて予想をする必要はないでしょう。
しかし、今年の牡馬はレベルが高いで、ここからまた有力馬が出てくるのは厳しいように感じてしまいます。

 

出走馬チェック

1番ダンツエイコウ
6ヶ月の休み明け。
過去の走りからもここでは厳しい。

2番スマートオーディン
ダノンシャンティって距離はどうなんでしょうか。
道中、結構かかりますからね。
力は認めつつも信頼は起きづらい。

3番エルリストン
福永騎手を配してきたってことは、力があるってことです。
全然やれる器じゃないでしょうか。

4番スワーヴァーサー
四位騎手、最近トライアル職人のように感じます。
この馬も上がりがしっかりしてるんで、ちょっと怖い存在です。

5番ユウチェンジ
海外遠征が入り、ちょっと披露が心配。

6番カルムパシオン
ダート馬かな・・・

7番エルプシャフト
角居厩舎なんで怖い1頭ですね。
それにしても、角居厩舎に横山典騎手が騎乗って珍しいです。
遠征までしてくるあたりに本気度が伺えます。

8番アドマイヤビスタ
岩田騎手に今までの勢いを感じませんし
騎乗する馬の質も下がってるんで人気どおりでしょうね。
奇跡は起きないでしょうね。

9番ロイカバード
サトノダイヤモンドの走りから比較しても
やはり上位の力はありそうですね。
なかなか勝利を手にできないですが、勢いを感じる池添騎手ですし
無難に走りそうです。

10番ゼンノタヂカラオ
8戦すべて複勝圏内。
力がなければできない芸当です。
ただ、さすがに走らせすぎ。

11番アグネスフォルテ
戦績を視る限り厳しいかな。

12番フォルテミノル
ダート馬かな・・・

13番ブラックスピネル
ここに入れば力は上位。
とにかく戦ってきた相手が違いすぎます。
複勝圏内ははずさないんじゃない。

14番スズカバーディー
ひと叩きしてどこまで変われるか。
短いところでしか結果を残せていないんで
大外枠を考えると厳しい印象。

 

まとめ

本命は、人気ブログランキングにしました。
やっぱり、このコンビの今回のアクションは気になります。
相当期待してるんじゃないでしょうか。
激走を期待します。

   

 - G2渾身の重賞予想・結果