アイビスサマーダッシュ(G3・新潟芝1000m)攻略【2018】

アイビスサマーダッシュの主な有力馬

アイビスサマーダッシュ攻略【2018】

カラクレナイ 牝4(栗・松下)
ダイメイプリンセス 牝5(栗・森田)
ラブカンプー 牝3(栗・森田)
レジーナフォルテ 牝5(栗・佐藤)
レッドラウダ 牡5(栗・音無)

日本で一番速い馬を決めるレースと言っても過言ではないのが、今週の新潟競馬場で行われるアイビスSDでしょうね。
直線1000mで争われるサマースプリントシリーズの第2戦に、今年も快速馬たちが終結いたしました。
昨年はラインミーティアが勝利して、セントウルSでも2着。
みごとサマースプリントチャンピオンに輝いていますね。
今年はここからどの馬がサマーチャンピオンを狙うのか。

それでは、データを参考にアイビスSDをひも解いていきたいと思います。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (5-1-0-4)
2番人気 (1-1-1-7)
3番人気 (1-2-2-5)
4番人気 (0-0-3-7)
5番人気 (0-3-0-7)
6番人気 (3-3-4-100)
以下

昨年もフィドゥーシアが2着と1番人気は5勝2着1回と好成績を収めています。
ただし、昨年のラインミーティアは8番人気で勝利したように、6番人気以下が3勝2着3回3着4回と伏兵馬の好走が目立っていますね。
波乱含みの一戦となっていて、非常に難解な一戦と言えるでしょう。
今年もどの馬が勝つのか全く予想がつきませんね。

◆枠番別

1枠(0-0-1-16)
2枠(2-1-2-12)
3枠(0-1-0-16)
4枠(1-0-0-19)
5枠(1-1-1-17)
6枠(0-3-1-16)
7枠(1-1-5-18)
8枠(5-3-0-16)

◆馬番別

1番(0-0-1-9)
2番(1-0-0-9)
3番(1-0-1-8)
4番(1-1-1-7)
5番(0-1-0-9)
6番(0-0-1-8)
7番(0-0-0-10)
8番(0-0-0-10)
9番(1-1-0-8)
10番(0-1-1-8)
11番(0-1-0-9)
12番(0-2-2-6)
13番(2-1-1-5)
14番(0-0-2-6)
15番(1-0-0-6)
16番(1-0-0-6)
17番(1-1-0-3)
18番(1-1-0-3)

若干の坂はありますがほぼ平坦コース。
外枠有利なのは間違いなく、特に真ん中の二桁馬番から外の馬が多数好走していますね。
ただ、以前に比べれば内枠からも好走があり、大きな割引材料にはならなくなってきています。
また、重要なポイントとして、ある程度前に行ける馬の好走が目立っている点でしょう。
過去のレースで、どの位置取りにつけていたかは確認しておきましょうね。

◆性別

牡・セ(4-7-5-81)
牝馬(6-3-5-49)

過去10年で6勝と牝馬が好成績となっていますね。
今年もカラクレナイ、、クラウンアイリス、ダイメイプリンセス、ダノンアイリス、ノットフォーマル、ブロワ、ペイシャフェリシタ、モルフェオルフェ、ラブカンプー、レジーナフォルテと10頭が登録。
ここから、好走馬が出る可能性はかなり高そうですね。

◆所属別

美浦(2-7-4-58)
栗東(8-3-6-72)

関西馬が8勝と圧倒していますが、関東馬も2着7回と連対率では互角の成績となっていますね。
上位人気は関西馬ばかりですが、特に気にする必要はなさそうです。

◆年齢別

3歳(0-1-2-11)
4歳(4-1-1-7)
5歳(3-6-4-32)
6歳(1-2-3-36)
7歳上(2-0-0-44)

4、5歳馬が好成績となっていますね。
軸の中心はこの世代になるでしょう。
ただし3歳馬ラブカンプーが古馬相手にどこまでやれるのか注目ですね。

◆前走距離別

G1(0-0-0-6)
G2(0-0-0-2)
G3(7-3-2-42)
OP特別(2-6-4-56)
条件戦(1-1-3-23)
地方(0-0-0-1)
海外(0-0-1-0)

函館SS組(ラインスピリット)とCBC賞組(アクティブミノル、ペイシャフェリシタ、ダイメイプリンセス)が好成績となっていますね。
OP特別組の韋駄天S(アペルトゥーラ)やバーデンC(ノットフォーマル、クラウンアイリス)組は押さえておいて損はありません。
※今週はエテルナミノル、リバティハイツ、ディアドラの雰囲気が良さそうでしたね。

◆種牡馬別

サクラバクシンオー(8-4-4-67)
アドマイヤムーン(7-6-2-47)
キンシャサノキセキ(6-2-3-36)
ヨハネスブルグ(5-7-2-19)
マツリダゴッホ(5-3-4-44)
マイネルラヴ(5-1-2-30)
クロフネ(4-2-4-17)
ショウナンカンプ(3-4-0-30)
アドマイヤマックス(3-3-2-31)
スウェプトオーヴァーボード(3-2-2-50)

過去5年の新潟芝1000mの種牡馬成績になります。
15、16年連覇したベルカントや昨年の3着馬レジーナフォルテもそうですが、このレースは母系にナスルーラ系(アペルトゥーラ、ラインスピリット、ラブカンプー、レジーナフォルテ)が好成績となっていますえ。
個人的には、ダート短距離で走っていたベストマッチョが芝をこなすようであれば非常におもしろい存在になりそうですね。

◆騎手別

西田雄一(6-7-2-84)
石橋脩(6-5-2-21)
田中勝春(6-4-2-27)
勝浦正樹(5-4-3-27)
津村明秀(5-3-3-41)
デムーロ(5-1-1-2)
江田照男(5-0-1-36)
内田博幸(4-5-0-22)
石川裕紀(4-4-3-18)
戸崎圭太(4-3-8-21)

過去5年の新潟芝1000mの騎手成績になります。
昨年このレースを勝った西田騎手が成績トップ。
ついで今年絶好調の石橋騎手。
しかし、いずれも騎乗馬はありませんね。
こうしてみると、今年はなかなか珍しい騎手が揃っていますね。
先週の小崎騎手のように初重賞を狙っている若手騎手とベテラン騎手の争いになるのでしょうか。
あと、デムーロ騎手(ラブカンプー)は体重落とすのはしんどくないのですかね(笑)。
51キロで乗るには49キロくらいにはしないといけませんからね…。

まとめ

過去のサマースプリントチャンピオンを見てみると、過去12回のうち、06年シーイズトウショウと10年ワンカラット以外は全てアイビスサマーダッシュに出走した馬がチャンピオンに輝いています。
しかも、14年のリトルゲルダこそ4着に敗れていますが、それ以外の9頭は全て勝利。
アイビスSDを勝った馬がサマースプリントチャンピオンに最も近づくと言えるでしょう。
ということはこのアイビスSDのあとにいずれかのレースで馬券になる可能性が非常に高いとも言えます。
ここを勝った馬は次のレースでも好勝負になりそうですね。
忘れずに覚えておいてください。
さて、今年のアイビスSDはどの馬が勝利するのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,