アンタレスS(G3・阪神ダ1800m)攻略【2017】

アンタレスステークスの主な有力馬

アンタレスステークス攻略(2017)

アスカノロマン 牡6(栗・川村)
グレンツェント 牡4(美・加藤征)
ミツバ 牡5(栗・加用)
ロワジャルダン 牡6(美・戸田)
ロンドンタウン 牡4(栗・牧田)

今週はダートの重賞アンタレスSが土曜日に行われます。
このレースは、ここを勝ってGW船橋で行われるかしわ記念や、6月の帝王賞に向けての賞金稼ぎと考えている関係者も多く、GIレースに向けての前哨戦という位置づけでもあります。
ただ、メンバーを見ると、先日中山で行われたマーチSと同様のメンバー構成となっており、ここからGIへといういのはやや難しいようにも思われるますね。
果たしてどんなレースになるのか。

それでは、データを参考にアンタレスSをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (3-3-2-2)
2番人気 (2-2-3-3)
3番人気 (2-1-2-5)
4番人気 (1-0-0-9)
5番人気 (0-2-2-6)
6番人気 (2-2-1-101)
以下

上位人気3頭で7勝2着6回3着8回と好成績を残していて、非常に堅い決着となっているのが特徴ですね。
上位人気が揃って敗れたのも過去10年で1度だけ。
今年も上位人気が堅いレースをしそうな感じがしますね。

◆枠番別

1枠(0-1-1-8)
2枠(0-1-2-7)
3枠(0-0-0-10)
4枠(0-1-1-8)
5枠(3-0-0-7)
6枠(1-1-1-7)
7枠(1-0-0-9)
8枠(0-1-0-9)

◆馬番別

1番 (0-1-0-4)
2番 (0-0-1-4)
3番 (0-1-0-4)
4番 (0-0-2-3)
5番 (0-0-0-5)
6番 (0-0-0-5)
7番 (0-0-1-4)
8番 (0-1-0-4)
9番 (1-0-0-4)
10番(2-0-0-3)
11番(1-0-0-4)
12番(0-1-1-3)
13番(1-0-0-4)
14番(0-0-0-5)
15番(0-0-0-5)
16番(0-1-0-4)

※阪神競馬場で行われた過去5年を参照しています

スタートしてすぐに最初の直線の急坂があって、中山のダート1800m同様に非常にタフなコースとなっているのが特徴ですね。
しかも、1コーナーまでの距離が短く、ごちゃつきやすい内枠と外々を回される外枠はロスがあります。

◆年齢別

4歳 (3-5-4-29)
5歳 (5-2-2-30)
6歳 (2-1-3-35)
7歳上(0-2-1-32)

4歳(グレンツェント、ナムラアラシ、ロンドンタウン)、5歳(タガノエスプレッソ、タムロミラル、バスタータイプ、ミツバ 、モルトベーネ)が好成績となっています。
6歳以上も好走馬は出ていますが、抑えまでで良さそうですね。

◆所属別

美浦(1-2-0-25)
栗東(9-8-10-98)

関西馬断然ですが、今年は人気のグレンツェントが関東馬。
ただ、他は全て関西馬という顔ぶれで、関西馬有利の傾向は今後も続きそうですね。

◆前走別

重賞(4-9-9-74)
OP特別(5-0-1-23)
条件戦(1-0-0-17)

重賞組はマーチS組が好成績ですね。
ただ、2着までが最高と抑えまでの評価でいいかもしれませんね。
あとはOP特別組。
今年はカゼノコ、タガノエスプレッソ、モンドクラッセといますが勝っているのモンドだけ。
果たして…。

◆間隔別

連闘(0-0-0-1)
2週 (1-1-1-12)
3週 (2-2-4-28)
4週 (1-2-1-11)
5週~9週(6-2-1-53)
10週以上(0-3-3-23)

中3週以上空いているのが理想です。
中2週もしくは半年以上間隔が空いている馬は結果が出ていませんね。
※今週はモンドクラッセ、ロワジャルダン、タムロミラクルの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

キングカメハメハ(40-31-41-295-407)
ゴールドアリュール(34-22-27-213-296)
ゼンノロブロイ(30-16-21-161-228)
クロフネ(29-21-17-211-278)
シンボリクリスエス(21-24-23-258-326)
ネオユニヴァース(18-21-16-183-238)
ハーツクライ(16-18-12-139-185)
マンハッタンカフェ(14-13-19-167-213)
ディープインパクト(12-14-15-100-141)
ブライアンズタイム(11-6-9-82-108)

過去5年の阪神ダ1800mの成績になります。
ハーツ産駒は単勝回収率140%越えとぜひとも穴で狙いたかったのですが…。
出走がないのは残念です。そして、ゴールドアリュール産駒(メイショウスミトモ、ランウェイワルツ)も100%となっていて、穴で狙ってみたいところではあります。11位でランク外ではありますが、エンパイアメーカーは単勝400%複勝100%と回収率が高く、ナムラアラシも出てくれば狙ってみる価値はありそうですね。堅いレースなだけに、穴馬の好走はあるのでしょうか。

◆騎手別

岩田康誠(36-30-24-169)
浜中俊(36-22-27-187)
川田将雅(35-23-33-161)
福永祐一(27-32-33-121)
幸英明(27-31-30-264)
デムーロ(26-16-20-69)
小牧太(23-17-19-198)
和田竜二(22-43-29-261)
武豊(21-29-17-97)
北村友一(16-14-13-128)

過去5年の阪神ダ1800mの成績になります。
単勝回収率で和田騎手(アスカノロマン)が120%越えで、デムーロ騎手(モルトベーネ)が100%越えとなっていますね。
成績上位では岩田騎手(モンドクラッセ)、浜中騎手(ロワジャルダン)、川田騎手(ロンドンタウン)と伏兵馬として狙うのには面白そうですよ。

まとめ

先週の桜花賞には、つくづく「競馬に絶対はない!!」ということを思い知らされましたね。
雨の降った馬場というのもありましたが、私もまだまだ自分の甘さに痛感させられました(笑)。
ただ、池添騎手のあの騎乗はあっぱれでしたね。
1番人気馬のような堂々した手綱さばき。
大舞台に強い彼の強心臓ぶりを見せつけてくれました。
もっともっと、活躍して欲しい騎手ですね。少し話はそれましたが、このアンタレスSも気を引き締めて、的中を手に入れたいと思います。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

競馬感性の法則

      2017/04/14

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , ,