アンタレスS(G3・阪神ダ1800m)攻略【2018】

アンタレスSの主な有力馬

アンタレスS攻略【2018】

クインズサターン 牡5(栗・野中)
グレイトパール 牡5(栗・中内田)
ナムラアラシ 牡5(栗・牧田)
ミツバ 牡6(栗・加用)
ロンドンタウン 牡5(栗・牧田)

今週のダート重賞はアンタレスSがありますね。
注目は骨折からの復帰初戦となるグレイトパールでしょう。
ダートは無敗の5戦5勝。
昨年の平安Sを制した実力馬が満を持して復帰します。
同馬がどんなレースを見せてくれるのかみものですね。
果たして結果はいかに。

それでは、データを参考にアンタレスSをひも解いていきましょう。

過去6年のデータ

◆人気

1番人気 (3-1-1-1)
2番人気 (1-1-1-3)
3番人気 (1-1-2-2)
4番人気 (0-0-0-6)
5番人気 (0-1-1-4)
6番人気 (1-2-1-62)
以下

阪神競馬場で行われるようになった過去6年のデータとなります。
1番人気は3勝と好成績。
ただ、6番人気以下も1勝2着1回、8番人気、11番人気が馬券に絡んだ年もあって組み合わせによっては好配当もありえそうですね。

◆枠番別

1枠(0-1-1-10)
2枠(0-2-2-8)
3枠(0-0-1-11)
4枠(0-1-1-10)
5枠(4-0-0-8)
6枠(1-1-1-9)
7枠(1-0-0-11)
8枠(0-1-0-11)

◆馬番別

1番 (0-1-0-5)
2番 (0-0-1-5)
3番 (0-1-0-5)
4番 (0-1-2-3)
5番 (0-0-1-5)
6番 (0-0-0-6)
7番 (0-0-1-5)
8番 (0-1-0-5)
9番 (1-0-0-5)
10番(3-0-0-3)
11番(1-0-0-5)
12番(0-1-1-4)
13番(1-0-0-5)
14番(0-0-0-6)
15番(0-0-0-6)
16番(0-1-0-5)

スタートしてすぐに最初の直線の急坂があって、中山のダート1800m同様に非常にタフなコースとなっているのが特徴ですね。
しかも、最初のコーナーまでの距離が短く、ごちゃつきやすい内枠と外々を回される外枠はロスがあります。
過去6年もロスなく行ける真ん中くらいの枠から多く勝ち馬が出ていますね。

◆年齢別

4歳 (1-3-2-18)
5歳 (4-1-0-13)
6歳 (1-1-3-22)
7歳上(0-1-1-25)

5歳馬(クインズサターン、グレイトパール、コスモカナディアン、ナムラアラシ、マイネルバサラ、ロンドンタウン)が好成績となっていますね。
ついで4歳馬(ブライトンロック、ユラノト)。
逆に、勝ちのない7歳以上(アスカノロマン、ディアデルレイ、メイショウスミトモ)は割り引きが必要そうですね。

◆所属別

美浦(0-1-1-16)
栗東(6-5-5-60)

関東馬は出走自体が少なく、関西馬が圧倒していますね。

◆前走別

G1(1-2-0-4)
G2(0-0-3-2)
G3(0-2-1-35)
OP特別(2-0-1-14)
条件戦(0-0-0-9)
地方(3-2-1-14)

地方交流重賞の名古屋GP(ミツバ、メイショウスミトモ)とOP特別の仁川S(アスカノロマン、ナムラアラシ、モンドインテロ)を使ってきた馬が好成績となっていますね。
マーチS(アルタイル、クインズサターン、コスモカナディアン、ディアデルレイ、ロンドンタウン)とダイオライト記念(マイネルバサラ)を使ってきた馬も馬券になっているので軽視は禁物でしょう。
※今週はアルタイル、トップディーヴォ、ナムラアラシの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

キングカメハメハ(38-33-40-295)
ゴールドアリュール(36-18-24-212)
クロフネ(29-28-20-226)
ゼンノロブロイ(27-17-18-171)
ネオユニヴァース(20-16-15-165)
エンパイアメーカー(20-13-18-174)
シンボリクリスエス(18-18-24-221)
マンハッタンカフェ(18-13-18-175)
ハーツクライ(17-16-17-147)
カネヒキリ(14-6-7-65)

過去5年の阪神ダ1800mの成績になります。
これといった傾向は掴みにくくなっていますが、この条件はキンカメ産駒(グレイトパール、ディアデルレイ、トップディーヴォ、ユラノト)とゴールドアリュール産駒(メイショウスミトモ)が好成績となっていますね。
また、ゴールドアリュール産駒(メイショウスミトモ)とゼンオロブロイ産駒(ザイディックメア)は複勝回収率でなかなかの数字を残しているのが特徴。
なお、キンカメと同じミスプロ系のエンパイアメーカー産駒(ナムラアラシ)がどこまでやれるかにも注目しています。

◆騎手別

デムーロ(34-15-25-82)
川田将雅(33-30-29-144)
岩田康誠(33-26-23-162)
浜中俊(32-20-33-153)
福永祐一(31-29-28-139)
幸英明(27-31-23-258)
小牧太(27-14-13-209)
和田竜二(24-42-25-254)
武豊(20-28-15-92)
ルメール(20-11-14-53)

過去5年の阪神ダ1800mの成績になります。
川田騎手(グレイトパール)はかなり高い数値を残していますね。
ダノンプレミアムの回避で阪神での騎乗となりましたが、有力ところが中山に遠征しているので、かなりの活躍が見込めるのではないでしょうか。
このアンタレスSだけでなく、ほかのレースでも川田騎手に注目でしょう。
ただ、グレイトパールに騎乗予定だった中井騎手は残念でしたね。
通算100勝もかかっていただけにここはなんとしても勝ちたかったことでしょう。
技術は確かなものを持っているので、これにめげずにこれからも精進してもらいたいものです。

まとめ

冒頭でもお伝えしたように注目はグレイトパールがどんな走りを見せてくれるかでしょう。
昨年、平安Sを勝ったときは今後の活躍が見込めただけに本当に残念でしたね。
2着につけたコンマ7秒差も然ることながら、パサパサの良馬場での勝ちタイム1分55秒7は圧巻のひと言。
ただ、まだ5歳ですし1年足らずで復帰できたことは不幸中の幸いでしょうね。
ここから一歩ずつ更なる飛躍を目指してもらいたいものです。
川田騎手もダノンプレミアムが皐月賞を回避したことで回ってきた騎乗ですから、このレースに関しては期するものがあるのではないでしょうか。
皐月賞ももちろん楽しみですが、アンタレスSでグレイトパールがどんなレースを見せてくれるのかにも、ぜひ注目してくださいね。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,