エプソムC(G3・東京芝1800m)攻略【2018】

エプソムCの主な有力馬

エプソムカップ攻略【2018】

エアアンセム 牡7(栗・吉村)
グリュイエール 牡6(栗・藤原英)
サーブルオール 牡5(美・萩原)
サトノアーサー 牡4(栗・池江)
ダイワキャグニー 牡4(美・菊沢)

安田記念も終わって春のG1レースもひと段落ですね。
あとは宝塚記念を残すのみとなりました。
それでも競馬は毎週行われます。
2歳戦も始まり、すでに来年のダービーを目指す争いはスタートしています。
さて今週は、1983年にエプソム競馬場と姉妹競馬場として提携したことで行われるようになったエプソムCが東京競馬場で行われます。
近年ではここを勝ってG1馬になった実績馬を多数輩出。
今年はどの馬がここから羽ばたいて行くのでしょうか。

それでは、データを参考にエプソムCをひも解いていきましょう。

過去10のデータ

◆人気別

1番人気 (4-4-0-2)
2番人気 (3-1-1-5)
3番人気 (0-3-1-6)
4番人気 (2-1-1-6)
5番人気 (1-0-0-9)
6番人気 (0-1-7-112)
以下

1番人気は4勝2着4回と安定していますね。
昨年も1番人気アストラエンブレムが2着。
また、2番人気と3番人気も比較的安定していて、以前は荒れる印象の重賞となっていましたが、近年は比較的、落ち着いた結果となっていると言えます。
データからも上位人気馬から中穴くらいを狙うのが良さそうですね。

◆所属別

美浦(4-3-6-70)
栗東(6-7-4-70)

やや関西馬が優勢となっていて、数字的にも関東馬を上回っていますね。
ただ、今年の上位人気馬には関東馬もいます。
一体、どこまで食い込めるでしょうか。

◆年齢別

3歳 (0-0-0-1)
4歳 (7-6-2-21)
5歳 (2-2-1-38)
6歳 (1-2-3-36)
7歳上(0-0-4-44)

4歳馬が断然の成績となっていますね。
今年はダイワギャグニーとサトノアーサーがスタンバイ。
5、6歳馬には古馬の意地を見せてもらいたいものですね。

◆枠番別

1枠(2-0-1-15)
2枠(1-1-3-13)
3枠(2-1-1-15)
4枠(1-3-1-15)
5枠(1-1-0-18)
6枠(2-1-1-16)
7枠(0-1-1-25)
8枠(1-2-2-23)

◆馬番別

1番 (1-0-1-8)
2番 (1-1-0-8)
3番 (2-0-1-7)
4番 (0-0-2-8)
5番 (0-1-0-9)
6番 (2-0-1-7)
7番 (0-2-1-7)
8番 (1-1-0-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-1-0-9)
11番(0-0-1-9)
12番(2-1-1-6)
13番(0-1-1-8)
14番(0-1-0-8)
15番(0-0-0-8)
16番(0-1-0-7)
17番(0-1-0-7)
18番(1-0-0-6)

1、2コーナーのポケットからのスタートになります。
その為、向正面に向かって斜めに走っていくことになるので、他頭数の場合外枠が圧倒的に不利となっていますね。
基本、真ん中から内枠が圧倒的に有利で、データにも反映されています。
さらには、約530mの長い直線とラスト2Fにある急坂もあって、差し・追い込み馬が圧倒的に有利なのは間違いありませんね。

◆前走別

G1(1-0-0-7)
G2(5-2-2-30)
G3(2-2-6-37)
OP特別(2-3-2-59)
条件戦(0-2-0-6)
その他(0-1-0-1)

重賞組、特にマイラーズC(ベルキャニオン)、新潟大賞典組(シャイニープリンス、トーセンマタコイヤ、ハクサンルドルフ、マイネルフロスト)が好成績となっていますね。
OP特別組では都大路S(エアアンセム)からも勝ち馬が出ています。
逆に今回多数出走のあるメイS組()は2着までとなっていますね。
※今週はグリュイエール、ハクサンルドルフ、サトノアーサーの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(55-41-48-249)
ハーツクライ(20-24-15-168)
キングカメハメハ(19-14-15-133)
ステイゴールド(18-14-20-217)
マンハッタンカフェ(15-9-7-105)
ハービンジャー(11-7-9-83)
ダイワメジャー(10-14-4-93)
ゼンノロブロイ(9-9-9-99)
ジャングルポケット(8-8-6-72)
フジキセキ(8-2-3-30)

過去5年の東京芝1800mの成績になります。
ディープ産駒が好成績となっていますね。
15年には1着から3着まで独占。
今年もアデイインザライフ、グリュイエール、サトノアーサー、トーセンマタコイヤ、ベルキャニオンが出走を予定。
あとはSS×ノーザンダンサー系の組み合わせが好成績で、スマートオーディン、トーセンマタコイヤ、ベルキャニオ、マイネルミラノが該当します。
注目でしょうね。

◆騎手別

戸崎圭太(29-22-25-111)
北村宏司(24-16-15-119)
蛯名正義(21-13-19-102)
横山典弘(18-13-7-90)
ルメール(13-13-13-28)
田辺裕信(12-16-11-122)
内田博幸(12-13-14-141)
デムーロ(12-9-3-22)
福永祐一(11-8-5-45)
柴田大知(9-16-21-153)

過去5年の東京芝1800mの成績になります。
成績上位の戸崎騎手(エアアンセム)と北村宏司騎手(アデイインザライフ)、横山典弘騎手(ダイワギャグニー)が好成績となっていますね。
安田記念を勝って勢い十分のルメール騎手(サーブルオール)と2着で悔しい想いをした戸崎騎手の手綱さばきに注目ですね。
あと5月は絶不調だった武豊騎手(スマートオーディン)ですが、ここを勝って流れを変えたいところですが果たして…。

まとめ

記憶に新しいところではエイシンヒカリがここを勝って同年の香港Cを勝利しました。
古くはマーベラスサンデーが勝ち馬に名を連ねていますね。
2着馬にも広げてみると15年のサトノアラジンや13年のジャスタウェイの名前も。
今年は昨年クラシックを沸かせたサトノアーサーやダイワギャグニー。
また、サーブルオール、エアアンセム、グリュイエールといった昇り馬や素質馬スマートオーディンなど好メンバーが揃った一戦となりました。
ここの結果次第では夏や秋が楽しみになることは間違いありませんね。
果たしてどんなレースになるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,