エルムS(G3・札幌ダ1700m)攻略【2018】

エルムSの主な有力馬

エルムS攻略【2018】

アンジュデジール 牝4(栗・昆)
ハイランドピーク 牡4(美・土田)
ミツバ 牡6(栗・加用)
リッカルド セ7(船・佐藤裕)
ロンドンタウン 牡5(栗・牧田)

今週は真夏のダート王決定戦エルムSが札幌競馬場で行われますね。
注目はリッカルド。
元中央所属馬で、現南関東船橋所属の地方馬が勇んで参戦となれば、中央馬もだまってはいないでしょう。
昨年の覇者ロンドンタウンを筆頭に、紅一点アンジュデジール、マーキュリーC連覇のミツバと好メンバーが集結しています。
北の大地で非常に熱い戦いが繰り広げられることでしょう。
果たして、どんなレースとなるのか。

それでは、データを参考にエルムSをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (2-1-3-4)
2番人気 (3-1-0-6)
3番人気 (2-1-1-6)
4番人気 (1-2-0-7)
5番人気 (1-2-0-7)
6番人気 (1-3-6-66)
以下

1番人気は2勝とやや低調な結果となっていますね。
データからも2番人気から7番人気と幅広く人気に関係なく勝ち馬が出ているのが特徴でしょう。
堅い配当から10万を越える配当まで、一筋縄でいかないレースだということが言えそうですね。

◆枠番別

1枠(1-0-2-7)
2枠(1-0-0-9)
3枠(0-2-1-7)
4枠(3-2-1-11)
5枠(1-2-1-15)
6枠(2-1-2-15)
7枠(2-1-1-16)
8枠(0-2-2-16)

◆馬番別

1番 (1-0-2-7)
2番 (1-0-0-9)
3番 (0-1-1-7)
4番 (2-1-1-6)
5番 (2-2-1-5)
6番 (0-1-0-9)
7番 (0-2-0-8)
8番 (2-0-2-6)
9番 (0-0-1-9)
10番(2-1-0-7)
11番(0-1-1-8)
12番(0-1-1-7)
13番(0-0-0-7)
14番(0-0-0-1)

※09年新潟開催、13年函館開催分のデータは入っていません

全体的に高低差がなく、ほぼ平坦コースとなっていますね。
ただ、この競馬場で特徴的なのはコーナーの半径がすごく大きいこと。
円に近いコース形態でコーナーで減速しにくく、3コーナーからのまくりが決まりやすくなっているのが特徴ですね。
函館で届かなった馬が札幌に変わって一変する可能性も十分あり得るでしょう。
外枠は数字的には良くはありませんが、コーナーで挽回できますし、特に気にする必要はななさそうですね。

◆所属別

美浦(5-3-3-30)
栗東(5-6-7-59)
地方(0-1-0-7)

東西5勝ずつと5分の成績。
連対率、複勝率では関西馬ややリードしていますが、そこまで極端に気にする必要はなさそうですね。

◆年齢別

3歳 (0-1-1-0) 
4歳 (3-1-2-14)
5歳 (5-3-5-25)
6歳 (2-2-1-29)
7歳上(0-3-1-28)

5歳馬が好成績となっていますね。
頭数のわりに4歳馬が馬券になる確率が高くなっています。
6歳馬以上も馬券にはなっていますが、割り合い的には4、5歳馬が有利と言えるでしょうね。

◆前走データ

G1(0-0-1-1)
G2(1-0-0-7)
G3(1-3-0-17)
OP特別(4-3-5-49)
条件戦(1-0-0-2)
地方競馬(3-4-4-11)

前走地方交流戦(リッカルド、アンジュデジール、ミツバ、ヨシオ)に出ていた馬とOP特別組(ハイランドピーク、リーゼントロック、ディアデルレイ、メイショウスミトモ)が好成績となっていますね。

◆種牡馬別

キングカメハメハ(16-11-18-117)
ゴールドアリュール(10-12-11-83)
ゼンノロブロイ(9-3-4-47)
マンハッタンカフェ(7-6-4-46)
アグネスデジタル(7-6-4-33)
ステイゴールド(7-6-4-30)
スズカマンボ(7-4-3-39)
ディープインパクト(7-3-3-45)
クロフネ(6-8-8-86)
ケイムホーム(6-3-2-21)

過去5年の札幌ダ1700mの種牡馬成績になります。
キングカメハメハがトップ(ディアデルレイ)となっていますね。次いでゴールドアリュール(メイショウスミトモ)。
個人的には15年2着馬グレープブランデーと同じ母系にナスルーラ系を持っているリーゼントロックに注目しています。
あと、回収率の高いアグネスデジタル(モンドクラッセ)。
昨年の勝ち馬ロンドンタウンのカネヒキリ産駒(アルタイル、ミツバ、ロンドンタウン)もおもしろそうですね。

◆騎手別

三浦皇成(16-12-7-73)
福永祐一(16-10-10-57)
ルメール(16-10-10-29)
勝浦正樹(13-17-16-86)
岩田康誠(12-9-5-23)
モレイラ(12-9-3-10)
池添謙一(9-8-3-64)
横山典弘(9-2-7-27)
古川吉洋(7-13-9-85)
丸山元気(7-10-11-81)

過去5年の札幌ダ1700mの騎手成績になります。
横山典弘騎手と横山和生騎手の親子対決に注目。
あとは成績上位の勝浦騎手(ディアデルレイ)と古川騎手(メイショウスミトモ)の手綱さばきにも注目したいと思います。

まとめ

 

注目のリッカルドは、2016年のこのレースの勝ち馬でもあります。
前走の帝王賞では地方馬再先着となる4着に好走し、7歳という年齢を感じさせない勢いが感じられます。
今のこの勢いは、よほど船橋の水が合ったのか、地方に移籍したことも要因にあることは間違いないでしょう。
また、リッカルドを担当しているのが、知る人ぞ知る船橋の神様楠厩務員という点も見逃せません。
アブクマポーロを担当していたと言えばわかりやすいのではないでしょうか。
そんな名厩務員が担当するリッカルド号。
注目せざるを得ないでしょうね。
どんな走りを見せてくれるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,