オークス(G1・芝2400m)攻略【2018】

オークスの主な有力馬

オークル攻略【2018】

アーモンドアイ 牝3(美・国枝)
オールフォーラヴ 牝3(栗・中内田)
サトノワルキューレ 牝3(栗・角居)
マウレア 牝3(美・手塚)
ラッキーライラック 牝3(栗・松永幹
リリーノーブル 牝3(栗・藤岡健)

アーモンドアイが異次元の強さで桜の女王に輝いて早5週。
今週はいよいよ3歳女王決定戦、優駿牝馬オークスが東京競馬場で行われますね。
アーモンドアイが2冠に輝くのか。
それとも昨年の2歳女王ラッキーライラックが逆転で樫の女王に輝くのか。
今年のオークスはどんな結末を迎えるのでしょうか。

それでは、データを参考にオークスをひも解いていきたいと思います。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (4-2-1-3)
2番人気 (1-3-2-4)
3番人気 (2-0-1-7)
4番人気 (1-0-1-8)
5番人気 (1-1-2-6)
6番人気 (2-3-3-120)
以下

1番人気4勝2着2回3着1回とまずまず安定した成績となっていますね。
また2番人気も1勝2着3回3着2回で、3番人気も2勝と上位人気は比較的信頼できるのではないでしょうか。
牝馬のレースで荒れるイメージもありますが2桁人気で馬券になったのはわずか1頭。
極端な穴狙いは禁物で上位人気から中穴くらいの馬を狙っていくのが良さそうですね。

◆所属別

美浦(4-5-4-72)
栗東(7-4-6-76)

関西馬が優勢となっていますが、昨年は関東馬ソウルスターリングが勝利していますし、関東馬が善戦していると言えるでしょう。
今年も関東馬アーモンドアイとマウレアが頑張ってくれそうですね。

◆枠順

1枠(1-1-1-17)
2枠(3-1-1-14)
3枠(0-1-2-17)
4枠(1-0-0-19)
5枠(2-2-1-15)
6枠(0-0-1-19)
7枠(2-3-2-23)
8枠(2-1-2-24)

◆馬番

1番 (0-1-0-9)
2番 (1-0-1-8)
3番 (2-1-1-5)
4番 (1-0-0-9)
5番 (0-0-2-8)
6番 (0-1-0-9)
7番 (1-0-0-9)
8番 (0-0-0-10)
9番 (1-1-0-8)
10番(1-1-1-7)
11番(0-0-0-10)
12番(0-0-1-9)
13番(0-2-0-8)
14番(1-1-2-6)
15番(1-0-0-9)
16番(0-0-1-8)
17番(1-0-1-8)
18番(1-1-0-8)

この東京競馬場は直線530mと長く、2400mで行われるクラシックディスタンスとしては世界的に見ても非常にタフなコースとなっているのが特徴ですね。
また、直線には高低差2mの坂もあって差し・追い込み馬が断然有利となっています。
逃げ馬にとっては非常に厳しい条件となっていて、好位もしくは中団くらいからレースを進めることのできる決め手のある馬を狙うのが良いでしょうね。
また、内枠外枠で有利不利はなく好走馬が出ています。
多少ですが、内枠の方が良さそうですね。

◆前走別

G1(8-5-6-66)
G2(1-4-4-33)
G3(0-0-0-5)
OP特別(2-0-0-32)
条件戦(0-0-0-1)

これまでからも桜花賞組が中心となるでしょうね。
あとはフローラS組(サトノワルキューレ、パイオニアバイオ)は押さえておく必要があるでしょう。
また、一発狙うのであれば忘れな草賞(オールフォーラヴ)。
ただし、間違いなく桜花賞組が勝ち負けしてくれるでしょうね。
※今週はアーモンドアイ、サトノワルキューレ、ラッキーライラックの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(28-17-19-115)
ステイゴールド(20-15-16-140)
キングカメハメハ(13-10-7-79)
ハーツクライ(10-9-9-878.7%)
ハービンジャー(7-3-5-45)
ジャングルポケット(4-7-7-65)
ネオユニヴァース(4-7-2-41)
タニノギムレット(4-4-5-29)
ゼンノロブロイ(4-3-6-41)
シンボリクリスエス(3-5-6-44)
ルーラーシップ(3-1-2-5)

過去5年の東京芝2400mの種牡馬成績になります。
昨年はノーザンダンサー系2頭で決まりましたが、今年はSS系もしくはミスプロ系が出走馬の多くを占めていますね。
例年好走馬を多数輩出しているディ-プ産駒はノーザンダンサー系との組み合わせを持っているカンタービレ、トーセンブレス、マウレアに注目しています。
また、個人的にですが、比較的短い距離が合いそうな血統の馬が揃った印象もあるので、ロサグラウカ、ウスベニノキミ、トーホウアルテミス、パイオニアバイオといった長距離向きの血統の馬にも注目しようと思います。

◆騎手別

戸崎圭太(19-15-10-56)
蛯名正義(12-8-4-56)
内田博幸(8-8-9-62)
吉田豊(8-5-5-63)
ルメール(8-4-5-20)
田辺裕信(7-8-5-49)
北村宏司(7-6-6-60)
デムーム(6-3-7-14)
柴田大知(5-5-10-79)
横山典弘(5-2-3-48)
岩田康誠(5-2-1-27)

過去5年の東京芝2400mの騎手成績になります。
戸崎騎手(ロサグラウカ)は勝利数もさることながら勝率・連対率・複勝率いずれも高い数値をキープしていますね。
また、蛯名騎手、ルメール騎手(アーモンドアイ)、デムーロ騎手(サトノワルキューレ)、岩田騎手(シスターフラッグ)は勝率10%を超えていて、さらにデムーロ騎手とルメール騎手は複勝率まで含めると2回に1回は馬券に絡んでいる計算になります。
G1級の大きなレースに乗ることがほとんどでしょうが、この数字はかなり信頼性の高いものと言えそうですね。

まとめ

昨年はソウルスターリングが桜花賞3着の雪辱を果たして見事勝利しました。
今年、その立場にあるのは桜花賞2着だったラッキーライラックでしょうか。
ラッキーライラックも普通に強い競馬をしての2着でしたが、勝ったアーモンドアイの末脚がさらにそれを上回る走りだったということが結果として残ったのでしょう。
今回のオークスは距離も条件も全く桜花賞とは違います。
だからといって桜花賞の走りを見ると、桜花賞の着順がそのままの気もしますし、入れ替わる可能性も…。
果たして今年はどんなレースになるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , , ,