オーシャンS(G3・中山芝1200m)攻略【2017】

オーシャンステークスの主な有力馬

オーシャンステークス攻略(2017)

クリスマス 牝6(美・伊藤大)
コスモドーム 牡6(美・金成)
メラグラーナ  牝5(栗・池添学)
バクシンテイオー 牡8(美・堀)
ブレイブスマッシュ 牡4(美・小笠)

高松宮記念に向けて最後の前哨戦。
それが、このオーシャンSになります。
ただ、これまで行われてきた前哨戦を見てもわかる通り、今年の短距離路線は混戦必至な状況は依然として変わっていません。
ここから、主役の名に踊り出る馬は誕生するのか。注目したいと思います。

それでは、データを参考にオーシャンSをひも解いていきます。

過去10年のデータ

1番人気 (1-2-1-6)
2番人気 (2-1-0-7)
3番人気 (3-0-0-7)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (1-1-1-7)
6番人気 (3-5-7-95)
以下

1番人気が1勝2着2回と不振の結果。
それもそのはずで、6番人気以下が3勝2着5回3着7回で、しかもその内10番人気以下が5頭も馬券に絡んでいる点は見逃せません。
思い切って穴馬を狙ってみるのも手で、高配当必至は間違いありませんね。

◆年齢別

4歳 (2-1-1-24)
5歳 (5-1-4-34)
6歳 (1-5-1-25)
7歳上(2-3-4-47)

勝率で5歳馬(メラグラーナ、トウショウピスト)。
連対率で6歳馬(クリスマス、コスモドーム)。
複勝率で5、6歳馬がリードしていますね。
このことからも中心は5、6歳馬になりそう。
ただ、7歳以上(スノードラゴン、アースソニック、バクシンテイオー)もまずまずの成績で、決して侮れませんね。

◆所属別

美浦(7-3-7-55)
栗東(3-7-3-74)

関東馬が関西馬を大きくリードしていますね。
ただ、今年の人気は関西馬のメラグラーナになりそう。
今年は関西馬の巻き返しがなるか注目です。

◆枠順

1枠(2-2-0-16)
2枠(2-1-0-17)
3枠(1-2-2-15)
4枠(2-1-1-16)
5枠(0-2-1-17)
6枠(2-1-0-17)
7枠(0-0-4-16)
8枠(1-1-2-16)

◆馬番

1番 (1-1-0-8)
2番 (1-1-0-8)
3番 (2-0-0-8)
4番 (0-1-0-9)
5番 (1-1-0-8)
6番 (0-1-2-7)
7番 (1-0-1-8)
8番 (1-1-0-8)
9番 (0-1-1-8)
10番(0-1-0-9)
11番(1-0-0-9)
12番(1-1-0-8)
13番(0-0-2-8)
14番(0-0-2-8)
15番(1-1-1-7)
16番(0-0-1-9)

外回りコースの向正面からのスタートになります。
ゲートから4角まではコーナーというよりは直線に近い緩やかなカーブとなっていてスピードが出やすくなっています。
脚質の有利不利も特にはなさそうですが、昨年のスプリンターズSのビックアーサーのように、ごちゃつきやすい内枠よりも真ん中から外の方がレースはしやすくなっていますね。

◆前走別

重賞(2-10-5-90)
OP特別(5-0-5-27)
条件戦(3-0-0-14)

前走条件に関係なく勝ち馬が出ている点に注目です。
むしろ重賞組は勝ち切れない印象。
珍しいですね。ただ、馬券の中心となるのは、2着の多い重賞出走組になることは確かでしょう。

◆間隔別

連闘(0-0-0-0)
2週 (0-0-0-0)
3週 (5-5-5-51)
4週 (0-0-0-1)
5週~9週 (4-3-5-45)
10週以上(1-2-0-33)

連闘で結果が出ているのはびっくりですね。
あと、半年以上の長期休養明けでは結果が出ていませんが、極端に間隔が空いていなければ、結果が出ている点に注目です。
特に間隔は気にする必要はなさそうですね。
※今週は、アースソニック、クリスマス、トウショウピストの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

サクラバクシンオー(17-7-8-114)
ダイワメジャー(8-11-7-85)
キングカメハメハ(7-4-3-48)
サクラプレジデント(7-3-3-29)
アドマイヤムーン(6-7-4-43)
スウェプトオーヴァーボード(6-6-1-62)
ディープインパクト(6-2-5-31)
マンハッタンカフェ(5-3-0-34)
メイショウボーラー(5-1-2-28)
タイキシャトル(4-2-4-36)

過去5年の中山芝1200mの成績になります。
サクラバクシンオー産駒(バクシンテイオー)が圧倒的ですが、すでに亡くなっているのは残念なところであります。
正直、2位以下はどっこいどっこいのところではありますが、パワー型のキングカメハメ産駒やミスプロの血統を持つ馬は侮れないでしょう。
他では、ナスルーラ系(アースソニック、クリスマス、コスモドーム、スノードラゴン、トウショウピスト)の血を持つ馬は要注意です。

◆騎手別

横山典弘(14-8-10-48)
戸崎圭太(10-9-9-53)
蛯名正義(9-5-8-68)
北村宏司(8-10-7-59)
柴田善臣(8-6-8-59)
三浦皇成(7-9-8-57)
柴田大知(761076)
松岡正海(76465)
田辺裕信(75971)
デムーロ(6-2-0-9)

過去5年の中山芝1200mの成績になります。
やはり関東の騎手が好成績を残しています。
一昨年サクラゴスペルでこのレース勝っている横山典弘騎手がトップの成績ですが、今年はブレイブスマッシュに騎乗予定。
どういった騎乗を見せてくれるのか非常に楽しみです。

まとめ

今年のメンバー構成を見ると、昨年、一昨年と比較しても、短距離路線の層が薄くなっている感は否めませんね。
ロードカナロア、カレンチャンらの名スプリンターが走っていた頃が懐かしい限りです。
ただ、裏を返せばどの馬にもチャンスがあるとも言え、このレースで勝った馬にはぜひ高松宮記念でも好走して欲しいものですね。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

血統史たらればなし

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,