キーンランドC(G3・札幌芝1200m)攻略【2018】

キーンランドCの主な有力馬

キーンランドC攻略【2018】

キャンベルジュニア 牡6(美・堀)
ダノンスマッシュ 牡3(栗・安田隆)
ナックビーナス 牝5(美・杉浦)
ムーンクエイク セ5(美・藤沢和)
レッツゴードンキ 牝6(栗・梅田)

サマースプリントシリーズの第4戦となるキーンランドC。
先週アレスバローズが北九州記念を勝って、優勝争いを一歩リードしていますが、残念なことにこのキーンランドCに成績上位馬の出走はありません。
しかし、スプリンターズSを見据えて、秋へのステップレースとして出走を予定している馬が多数集結しました。
ここからどの馬が秋に向けて羽ばたいていくのか。

それでは、データを参考にキーンランドCをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (1-3-3-3)
2番人気 (3-3-0-4)
3番人気 (2-0-2-6)
4番人気 (1-0-2-7)
5番人気 (0-0-2-8)
6番人気 (3-4-1-94)
以下

1番人気は1勝も2着3回3着3回と軸としてはまずまずでしょう。
2番人気3勝2着3回、3番人気2勝と上位人気馬としてまずまず。
しかし、6番人気以下が3勝2着4回3着1回と波乱の要素も十分の結果となっていますね。

◆枠番別

1枠(0-0-1-16)
2枠(1-0-2-14)
3枠(1-2-0-16)
4枠(2-1-1-16)
5枠(1-1-2-15)
6枠(2-2-1-15)
7枠(2-2-3-13)
8枠(1-2-0-17)

◆馬番別

1番 (0-0-0-10)
2番 (1-0-1-8)
3番 (0-0-1-9)
4番 (0-1-1-8)
5番 (1-2-0-7)
6番 (0-0-1-9)
7番 (1-0-1-8)
8番 (2-0-0-8)
9番 (0-1-0-8)
10番(1-0-1-8)
11番(1-2-1-6)
12番(0-1-2-7)
13番(1-1-0-8)
14番(2-0-1-6)
15番(0-1-0-6)
16番(0-1-0-6)

平坦ローカルコースらしく、前半から飛ばして行って、直線でも粘り込むパターンが多くなっていますね。
ただ、開催が進んで馬場が痛み出すと差し追い込みが決まりやすくなるのも特徴。
また、内外の有利不利はありませんが、直線の短いローカルコースらしく、ロスなく進められる内枠の馬は要注意ですね。

◆所属別

美浦(3-1-5-59)
栗東(7-9-5-61)

関西馬が優勢となっていますね。
昨年は関東馬エポワスが勝利しましたが、今年も藤沢厩舎(スターオブペルシャ、ムーンクエイク)、堀厩舎(キャンベルジュニア)、杉浦厩舎(ナックビーナス)と上位人気には関東馬がズラリと並んでいます。
藤沢厩舎連覇の可能性も十分にあり得るでしょうね。

◆年齢別

3歳 (2-1-1-20)
4歳 (3-3-4-14)
5歳 (3-1-3-28)
6歳 (0-4-1-32)
7歳上(2-1-1-28)

近年は3歳馬の活躍が目立っていますが昨年は9歳馬エポワスが勝利しました。
今年はダノンスマッシュとトゥラヴェスーラの2頭の3歳馬が出走を予定していますが、活躍は牝馬が多いだけにどうでしょうか。
また8歳馬ティーハーフと7歳馬ヒルノデイバローの高齢馬の走りにも注目ですね。

◆性別

牡・セ(4-6-6-86)
牝  (6-4-4-36)

「夏は牝馬」の格言通り好成績となっていますね。
昨年はソルヴェイグが2着してナックビーナスが3着。
一昨年はブランボヌールが勝っています。
今年はクリーンファンキーにデアレガーロ、ナックビーナス、ペイシャフェリシタの関東牝馬に加え、大将格となるのが15年桜花賞馬のレッツゴードンキ。
下手をすれば上位独占の可能性もあるだけに、彼女たちから目が離せませんね。

◆前走別

G1(1-2-2-11)
G2(1-0-0-3)
G3(5-5-6-47)
OP特別(2-1-1-49)
条件戦(1-2-1-8)

中心は重賞組で、特に前走函館SS組(キングハート、ティーハーフ、ナックビーナス、ヒルノデイバロー)が好成績となっていますね。
有力馬が休み明けの馬が多数いるなかで上記函館SS組がどんな走りを見せてくるのか注目です。
あと、個人的には今年から重賞となって葵Sで2着したトゥラヴェスーラがどこまでやれるのか楽しみです。
同着だったラブカンプーが頑張っているだけに期待せずにはいられません。
※デアレガーロ、スターオブペルシャ、ヒルノデイバローの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

サクラバクシンオー(7-6-4-51)
ダイワメジャー(6-9-9-47)
アドマイヤムーン(6-3-5-27)
キングカメハメハ(6-1-2-24)
ディープインパクト(4-3-4-24)
ファルブラヴ(4-3-1-26)
Invincible Spirit(4-1-0-2)
タイキシャトル(3-6-1-27)
キンシャサノキセキ(2-5-1-24)
デュランダル(2-3-2-16)

過去5年の札幌芝1200mの種牡馬成績になります。
SS系ではダイワメジャー産駒(スターオブペルシャ、ナックビーナス)が好成績となっていますね。
また、ノーザンダンサー系(キャンベルジュニア、クリーンファンキー、タマモブリリアン、ダノンスマッシュ、ティーハーフ、ペイシャフェリシタ)の血を持つ馬が好成績の点は見逃せません。

◆騎手別

福永祐一(11-8-6-27)
三浦皇成(7-7-5-39)
横山典弘(7-4-6-17)
四位洋文(7-3-1-37)
吉田隼人(5-5-3-36)
丹内祐次(5-4-1-48)
モレイラ(5-2-2-8)
ルメール(5-1-2-23)
藤岡康太(4-5-1-27)
秋山真一(4-1-3-19)

過去5年の札幌芝1200mの騎手成績になります。
先週の札幌記念を制した福永騎手(トゥラヴェスーラ)がトップの成績。
今年はダービーを勝ってひと皮むけた印象ですね。
成績上位の横山典弘騎手(デアレガーロ)は穴でおもしろろそう。
スコフィ騎手(アドマイヤゴッド)、デムーロ騎手(キャンベルジュニア)、モレイラ騎手(ナックビーナス)、ルメール騎手(ムーンクエイク)ら外国人騎手の競演も楽しみですね。

まとめ

先週のアレスバローズの勝ちっぷりには少々驚きましたね。
あの走りが安定して出せるのであれば先々も楽しみになってきそうですね。
近年のスプリント路線は確固たる主役馬が不在でしたが、この秋の結果次第では様相も一変しそうな気がします。
だからこそ、高松宮記念で2着と悔しい思いをしたレッツゴードンキはここでは負けられないはず。
ただ、面白いことに、今回のメンバーは純粋に1200mを使ってきた馬よりも1400mを使って結果を出してきた馬がスプリント路線に活路を求めてきている印象も見受けられます。
レッツゴードンキが壁として立ちはだかるのか。
はたまた、新興勢力が新しい風として吹き荒れるのか。
スプリンターズSに向けて熱い争いが繰り広げられそうな気がします。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,