キーンランドC(G3・芝1200m)攻略

参考レース:キーンランドC(2015)

◆主な有力馬

オメガヴェンデッタ セ5(栗・安田)
シュウジ 牡3(栗・須貝)
セカンドテーブル 牡4(栗・崎山)
ソルヴェイグ 牝3(栗・鮫島)
レッツゴードンキ 牝4(栗・梅田)

サマースプリントシリーズも残す所このレースとセントウルSのみとなりました。
現在のところトップはベルカントで19pt。
ソルヴェイグ、バクシンテイオー、レッドファルクスが10ptで並んでいます。
ただ、優勝争いはベルカントとソルベイグの2頭に絞られたと言えるでしょう。
勝ってソルヴェイグが逆転するのか?!
それともベルカントの連覇となるのか。
すべてはこのレースの結果次第!!それでは、データを参考にキーンランドCをひも解いていきます。

過去10年のデータ

1番人気 (1-4-3-2)
2番人気 (2-2-1-5)
3番人気 (2-0-1-7)
4番人気 (3-0-2-5)
5番人気 (0-0-1-9)
6番人気 (2-4-2-99)
以下

1番人気は1勝と物足りない結果ではありますが、2着4回3着3回と軸としては安定感ある結果を残しています。
もし、3連単の2、3着付けで買うのが面白そうですね。

枠番・馬番別

◆枠番別

1枠 (0-0-2-15)
2枠 (1-0-2-14)
3枠 (1-1-0-16)
4枠 (2-1-1-14)
5枠 (1-1-1-14)
6枠 (1-2-1-14)
7枠 (2-2-2-12)
8枠 (1-2-0-15)

◆馬番別

1番 (0-0-0-9)
2番 (1-0-2-6)
3番 (0-0-1-8)
4番 (0-0-1-8)
5番 (1-2-0-6)
6番 (0-0-0-9)
7番 (1-0-1-7)
8番 (1-0-0-8)
9番 (0-1-0-7)
10番(1-0-1-7)
11番(1-1-1-6)
12番(0-1-1-7)
13番(1-1-0-7)
14番(1-1-1-6)
15番(0-1-0-7)
16番(1-1-0-6)

平坦コースらしく、前半から飛ばして行って、直線でも粘り込むパターンが多くなっています。
ただ、開催が進んで馬場が痛み出すと差し追い込みが決まりやすくなるのも特徴。
今週も台風の影響があって天気は微妙ですが前に行きたいソルヴェイグは果たして。
なお、内外の有利不利はありませんが、真ん中から外枠が好成績となっています。

前走別

重賞(8-6-7-59)
OP特別(1-2-2-50)
条件戦(1-2-1-13)

函館SS組が好成績です。
UHB賞を使ってきた馬は、勝ちこそなく連対まで。
それと同じくらいの成績が条件戦からの転戦馬で、今年はホッコーサラスターがそれに該当し、目下連勝中の上り馬です。

間隔別

連闘 (0-0-0-2)
2週 (1-2-1-21)
3週 (0-0-0-7)
4週 (2-2-1-33)
5週~9週 (5-5-5-35)
10週以上 (2-1-3-29)

ここを使ってスプリンターズSへと考えている馬も多いですね。
ある程度間隔を取って、リフレッシュされた馬の方が好成績です。

年齢別

3歳 (1-0-1-17)
4歳 (3-3-2-17)
5歳 (4-1-5-24)
6歳 (1-5-1-37)
7歳上(1-1-1-32)

性別

牡・セン(3-5-6-85)
牝馬  (7-5-4-42)

4、5歳馬中心。昨今、短距離戦は牝馬が大活躍中です。
このレースも牝馬が7勝と好成績で、今年も5頭が登録しています。

まとめ

3歳馬が人気の中心ではありますが、昨年の桜花賞馬レッツゴードンキなど古馬陣もここを勝ってGIへと考えている馬が多数います。
斤量面での有利不利はありますが白熱したレースを期待します。
それでは、上記データが皆さまのお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,