クイーンC(G3・東京芝1600m)攻略【2018】

クイーンCの主な有力馬

クイーンカップ攻略【2018】

オハナ 牝3(美・堀)
ツツジモン 牝3(栗・藤岡)
フィニフティ 牝3(栗・藤原英)
マウレア 牝3(美・手塚)
レッドベルローズ 牝3(美・鹿戸)

今年の桜戦線は昨年の2歳女王ライラックレーンを中心に展開されることになるでしょうね。
ちなみに先週の京都エルフィンSでレッドサクヤが勝って、桜戦線に名乗りを挙げています。
今週は3日間開催の最終日にクイーンCが東京競馬場で行われます。
阪神JFで3着だったマウレアが出走を予定。
実績では頭ひとつ抜けていますし、ライラックレーンに雪辱を期すためにもここは負けられないところでしょうね。
どんなレースになるのか。

それでは、データを参考にクイーンCをひも解いていきます。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (5-1-1-3)
2番人気 (3-1-3-3)
3番人気 (0-3-0-7)
4番人気 (2-0-2-6)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (0-3-4-101)以下

1番人気は勝てないジンクスがあったのも今は昔。
1番人気が5勝。
2番人気が3勝と他を圧倒しています。
しかも二桁人気で馬券になっているのは1頭だけ。
極端な穴狙いはせずに上位人気から中穴に流す馬券が良さそうですね。

◆所属別
美浦(7-8-6-95)
栗東(3-2-4-24)
地方(0-0-1-8)

関東馬の出走が多く優勢となっていますね。
ただ、割合的には関西馬が上回っています。
今年の上位人気を見ると東西どちらが勝ってもおかしくなさそうですね。

◆枠順

1枠(0-2-1-16)
2枠(0-1-3-16)
3枠(4-1-1-13)
4枠(0-0-0-20)
5枠(3-2-2-13)
6枠(1-2-1-16)
7枠(0-1-3-16)
8枠(2-1-0-17)

◆馬番

1番 (0-0-1-9)
2番 (0-2-1-7)
3番 (0-0-2-8)
4番 (0-2-0-8)
5番 (0-0-0-9)
6番 (4-0-1-5)
7番 (0-0-0-10)
8番 (0-0-0-10)
9番 (3-1-0-6)
10番(0-1-2-7)
11番(1-1-1-7)
12番(0-1-1-8)
13番(0-0-0-10)
14番(0-1-2-7)
15番(2-1-0-7)
16番(0-0-0-9)

最初のコーナーまでが550m長く、枠順による有利不利はなさそうです。
ただ、このレースに関しては真ん中枠が好成績。
さらには、東京のマイル戦は距離以上にスタミナを要し、タフさが求められるのが特徴です。
やはり、3コーナーの下り坂が、息つく暇を与えてくれないのが要因なのでしょう。
この時期の3歳牝馬にとってはタフさが求められるレースなだけに、スタミナのあるタイプを狙うのが良さそうですね。

◆前走別

G1(3-4-2-12)
G2(0-0-1-0)
G3(3-2-4-22)
OP特別(0-1-1-17)
500万下(4-1-1-37)
未勝利(0-1-0-21)
新馬(0-1-2-10)

前走は阪神JF(ソシアルクラブ、マウレア)のG1出走組とG3フェアリーS(ツヅミモン、テトラドラクマ、ハトホル、ライレローズ、レッドベルローズ )、さらに500万下(オハナ、カレンシリエージョ、ナラトゥリス、ミュージアムヒル)からの馬が中心となるでしょう。
ただし、新馬・未勝利組(フィニフティ、アルーシャ )は結果が出ていないのが気になるところですね。
※今週はマウレア、テンワールドレイナ、テトラドラクマの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(68-53-40-289)
ダイワメジャー(29-21-25-190)
ハーツクライ(23-14-8-162)
キングカメハメハ(17-20-12-177)
ステイゴールド(16-12-22-135)
クロフネ(12-8-4-65)
ネオユニヴァース(10-10-13-108)
シンボリクリスエス(9-10-11-101)
ハービンジャー(8-4-12-54)
メイショウサムソン(7-7-3-48)

過去5年の東京芝1600mの種牡馬成績になります。
過去5年で好走しているのは、
ノーザンダンサー系×SS系。
SS系×ノーザンダンサー系。
ほぼこの2通りしかありません。
出走馬もこの組み合わせが多いですね(笑)。
ただ、個人的にはのノーザンダンサー系のヴァイスリージェントを持つミュージアムヒルとディープ×ストームキャットのクラシック配合であるマウレア。
さらにはノーザンダンサー系×SS系のテンワールドレイナに注目します。

◆騎手別

戸崎圭太(39-26-19-159)
ルメール(28-19-10-46)
北村宏司(26-23-18-160)
横山典弘(24-12-16-142)
三浦皇成(22-17-7-108)
蛯名正義(21-14-19-149)
内田博幸(20-18-17-172)
田辺裕信(14-20-30-151)
柴田善臣(12-11-10-136)
福永祐一(11-8-8-55)

過去5年の東京芝1600mの騎手成績になります。
今年の戸崎騎手は本当に良い馬ばかりお手馬に揃っていますね。
このマウレアもここでしっかり結果をだせればこの先が非常に楽しみになる事でしょう。
ツツジモンもデムーロ騎手を配して必勝態勢。
期待しましょう。

まとめ

個人的にクイーンCで非常に良く覚えているのが95年のレースになります。
勝ったのはエインシンバーリンで同馬は後に芝1200mで初めて1分6秒台で走ったレコードホルダーでもあります。
2着もSS産駒のプライムステージでクラシックでの活躍が期待できる走りだったのを記憶しています。
しかし、私が忘れられないのは1番人気で6着に敗れたスターライトマリーです。
同馬は前年の阪神3歳牝馬Sでヤマニンパラダイスの2着した実績馬でした。
しかし、当時のクイーンCは1番人気が勝てないというジンクスがあって、不安視する声が多かったのも事実です。
そんな中での1番人気6着という結果。
私が初めてデータの重要性に気が付いたレースでもあります(笑)。
今年はどんなレースになるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,