クイーンS(G3・札幌芝1800m)攻略【2017】

クイーンステークスの主な有力馬

クイーンステークス攻略(2017)

アエロリット 牝3(美・菊沢)
アドマイヤリード 牝4(美・須貝)
クインズミラーグロ 牝5(美・和田道)
トーセンビクトリー 牝5(栗・角居)
マキシマムドパリ 牝5(栗・松元茂)

今週から舞台は札幌に変わりますね。
その最初の週に今年のNHKマイルCを勝ったアエロリットとヴィクトリアMを勝ったアドマイヤリードが激突。
G1馬2頭の対戦は間違いなく盛り上がること間違いないでしょう。
他にもクインズミラーグロ、クロコスミア、トーセンビクトリー、パールコード、マキシマムドパリらがスタンバイしていて、好レースになることは間違いないでしょうね。
今後を占う意味でも注目の一戦になりそうです。どんなレースになるのか。

それでは、データを参考にクイーンSをひも解いていきたいと思います。

過去10年のデータ

1番人気 (3-4-1-2)
2番人気 (4-0-0-6)
3番人気 (0-1-2-7)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (0-0-1-9)
6番人気 (3-5-4-64)
以下

1番人気3勝2着4回。
2番人気4勝と上位人気は安定していますね。
ただ、6番人気以下も3勝2着5回3着4回と一筋縄でいかないことも確か。
今年はG1馬の参戦があるとはいっても。
気まぐれ多いだけの牝馬だけに果たして…。

◆枠番別

1枠(1-0-1-6)
2枠(2-3-0-4)
3枠(2-0-1-12)
4枠(0-1-2-13)
5枠(1-2-2-12)
6枠(1-0-2-14)
7枠(1-1-0-16)
8枠(1-2-1-14)

◆馬番別

1番 (1-0-1-6)
2番 (2-3-0-4)
3番 (1-0-0-8)
4番 (1-0-1-7)
5番 (0-0-0-9)
6番 (0-1-3-5)
7番 (0-0-0-9)
8番 (1-2-2-4)
9番 (1-0-0-8)
10番(1-0-1-7)
11番(0-1-1-6)
12番(1-0-0-7)
13番(0-0-0-7)
14番(0-2-0-4)

ほぼ平坦コースで、緩やかなコーナー形態。
その為、前に行く馬が有利となっています。
開幕週に行われ、馬場状態も良いため、特にその傾向は顕著でしょう。
後ろから行く馬にとっては厳しい条件となります。
そして、最初のコーナーまで185mしかないため内枠から真ん中が断然有利。
ロスのある外枠は割り引きが必要でしょうね。

◆年齢別

3歳 (3-2-1-15)14.3% 23.8% 28.6%
4歳 (2-3-3-28) 5.6% 13.9% 22.2%
5歳 (2-5-5-37) 4.1% 14.3% 24.5%
6歳 (3-0-1-14)16.7% 16.7% 22.2%
7歳上(0-0-0-2)

各年代から勝ち馬が出ていて、どの世代でも結果が出ているのが特徴ですね。
ただ、3歳馬と6歳馬が高確率で馬券に絡んでいますね。
中心になるのは4歳馬になりそうですが、3歳馬と6歳馬も決して侮れないでしょうね。

◆所属別
美浦(5-4-3-43)
栗東(5-6-7-53)

東西で5勝ずつとほぼ互角の戦いとなっています。
ただ、2着3着の差で関西馬がやや有利でしょうか。
今年は関東馬アエロリットと関西馬アドマイヤリードが人気を二分していますが、女神はどちらに微笑むのか。
楽しみですね。

◆前走別

重賞(8-7-6-55)
OP特別(0-1-1-10)
条件戦 (2-2-3-29)

条件戦を使ってきた馬で馬券になったのは全て1600万下から。
エテルナミノルにとってはプラス材料ですが、クロスコミアにとっては割り引きが必要でしょうね。
また、ヴィクトリアM、オークス、マーメイドS組が好成績となっていて、人気に関係なくデータでバッサリと切れる馬がいるのも確かでしょう。
逆に狙いどころが絞りやすくなるとも言えますね。

◆種牡馬別

ディープインパクト(11-6-7-19)
キングカメハメハ(8-11-8-31)
ハービンジャー(8-4-3-26)
ネオユニヴァース(4-4-1-26)
ジャングルポケット(4-2-1-19)
ハーツクライ(4-1-2-22)
シンボリクリスエス(3-0-0-29)
ステイゴールド(2-9-4-39)
ダイワメジャー(2-5-2-14)
マツリダゴッホ(2-3-2-7)

過去5年の札幌芝1800mの種牡馬成績になります。
ここ3年はSS系が好成績で、特にSS系×ナスルーラ系(クイーンズミラーグロ、クロスコミア、シャルール)の組み合わせが良く走っているイメージがありますね。
あとは人気を集めそうなトーセンビクトリーとマキシマムドパリのミスプロ×SS系も過去2年の勝ち馬と同じ組み合わせですし、決して侮れませんね。
上記穴馬と人気馬の決着となれば、配当的にもまずまず狙い易い馬券になるのではないでしょうか。

◆騎手別

福永祐一(9-6-1-23)
ルメール(6-4-3-13)
池添謙一(6-1-6-26)
四位洋文(5-6-4-25)
藤田伸二(5-2-1-15)
三浦皇成(4-8-9-26)
岩田康誠(4-2-2-9)
柴山雄一(3-4-2-30)
横山典弘(3-3-2-16)
勝浦正樹(3-2-4-34)

過去5年の札幌芝1800mの騎手成績になります。
福永騎手(トーセンビクトリー)、ルメール騎手(アドマイヤリード)、池添騎手(ヤマカツグレース)、四位騎手(シャルール)、横山典弘騎手(アエロリット)、勝浦騎手(クロスコミア)と成績上位騎手が揃い踏みですね。
アイビスSDとは全く逆の現象です、間違いなくいずれかの騎手が優勝するように思われます。

まとめ

G1馬2頭はもちろんのこと、ほかにもトーセンビクトリー、パールコード、ノットフォーマル、マキシマムドパリの重賞勝ち馬。
クインズミラーグロ、ヤマカツグレース、シャルールと重賞での好走歴がある馬も多数いて、例年にないくらいレベルの高い一戦となりそうですね。
ここで好走した馬はエリザベス女王杯やマイルCSでも好走しそうな気がします。
必ずしも、直結するとは言い切れませんが、今年の勝ち馬はこの秋での活躍も期待できるでしょう。
果たしてどの馬が勝つのか。今から非常に楽しみで仕方がありませんね。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

競馬研究所2

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , ,