クイーンS(G3・札幌芝1800m)攻略【2018】

クイーンSの主な有力馬

クイーンS攻略【2018】

ソウルスターリング  牝4(美・藤沢)
アグレアーブル  牝5(美・斎藤)
ディアドラ 牝5(栗・橋田)
フロンテアクイーン 牝5(美・国枝)
リバティハイツ 牝3(栗・高野)

平成最後の函館開催も終わって今週から札幌開催がスタートします。
開幕週となる今週は牝馬限定重賞のクイーンSが行われますね。
昨年は3歳牝馬アエロリットがNHKマイルC以来のレースでしたが見事に勝利しました。
今年はソウルスターリングとディアドラG1馬2頭の争い。
果たして、どんなレースとなるのか。

それでは、データを参考にクイーンSをひも解いていきたいと思います。

◆過去10年のデータ

1番人気 (2-4-1-3)
2番人気 (5-0-0-5)
3番人気 (0-1-1-8)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (0-0-1-9)
6番人気 (3-5-5-68)
以下

1番人気2勝2着4回、2番人気5勝と上位人気は安定していますね。
ただ、6番人気以下も3勝2着5回3着5回と伏兵馬の好走も目立っています。
ここまで極端だと3、4、5番人気はバッサリ切り捨てて、人気馬から6番人気以下の馬券で的中してしまいそうですね(笑)。

◆枠番別

1枠(1-1-1-6)
2枠(3-3-0-4)
3枠(2-0-1-13)
4枠(0-1-3-14)
5枠(1-2-2-14)
6枠(1-0-2-16)
7枠(1-1-0-18)
8枠(1-2-1-16)

◆馬番別

1番 (1-1-1-6)
2番 (3-3-0-4)
3番 (1-0-0-9)
4番 (1-0-2-7)
5番 (0-0-0-10)
6番 (0-1-3-6)
7番 (0-0-0-10)
8番 (1-2-2-5)
9番 (1-0-0-9)
10番(1-0-1-8)
11番(0-1-1-7)
12番(1-0-0-8)
13番(0-0-0-8)
14番(0-2-0-4)

ほぼ平坦コースで、緩やかなコーナー形態ですね。
その為、前に行く馬が有利となっています。
開幕週に行われ、馬場状態も良いため、特にその傾向は顕著でしょう。
後ろから行く馬にとっては厳しい条件となります。
そして、最初のコーナーまで185mしかないため内枠から真ん中が断然有利。
ロスのある外枠は割り引きが必要でしょうね。

◆年齢別

3歳(4-2-1-15)
4歳(1-3-3-31)
5歳(2-5-5-38)
6歳(3-0-1-15)
7歳上(0-0-0-2) 

どの世代からも勝ち馬が出ていますが、斤量の軽い3歳馬(リバティハイツ)が好成績となっていますね。
次いで5歳(アグレアーブル、エテルナミノル、フロンテアクイーン)、4歳馬(ソウルスターリング、ディアドラ)の順番。
7歳以上の高齢馬でも勝ち馬は出ているので軽視は禁物です。

◆所属別

美浦(5-3-4-45)
栗東(5-7-6-56)

東西で5勝ずつとほぼ互角となっていますね。
今年は、比較的関東馬も上位人気に推されていますし、どちらが勝ってもおかしくはないでしょうね。

◆前走別

G1(6-5-2-25)
G2(0-0-0-0)
G3(2-3-4-33)
OP特別(0-1-1-10)
条件戦 (2-1-3-30)

前走G1(ディアドラ、ツヅミモン、リバティハイツ)を使ってきた実績馬が好成績となっていますね。
ヴィクトリアM(ソウルスターリング)、オークス、マーメイドS(アンドリエッテ、トーセンビクトリー)組が好成績となっています。
逆に狙いどころが絞りやすくなるとも言えますね。
また、条件戦を使ってきた馬で馬券になっているのは全て1600万下から。
※今週はエテルナミノル、リバティハイツ、ディアドラの雰囲気が良さそうでしたね。

◆種牡馬別

ディープインパクト(13-6-9-23)
キングカメハメハ(9-13-9-38)
ハービンジャー(9-5-6-38)
ネオユニヴァース(5-4-1-29)
ハーツクライ(5-2-3-36)
ジャングルポケット(5-2-1-22)
ステイゴールド(3-10-4-48)
アドマイヤムーン(3-2-3-11)
クロフネ(3-1-0-18)
シンボリクリスエス(3-0-0-32)

過去5年の札幌芝1800mの種牡馬成績になります。
ここ最近はSS系が好成績で昨年もクイーンズミラーグロが好走しています。
今年はアグレアーブル、アンドリエッテ、ツヅミモン、ティーエスクライがどういった走りを見せてくれるのか注目ですね。

◆騎手別

ルメール(10-7-7-18)
福永祐一(9-9-3-29)
池添謙一(9-1-7-33)
四位洋文(6-6-4-31)
岩田康誠(5-2-2-11)
三浦皇成(4-8-10-28)
横山典弘(4-4-2-19)
モレイラ(4-3-1-5)
柴山雄一(3-5-3-34)
勝浦正樹(3-3-5-43)

過去5年の札幌芝1800mの騎手成績になります。
函館で大活躍だったルメール騎手(ディアドラ)がトップですね。
前走函館で穴を開けた四位騎手(エテルナミル)、モレイラ騎手(アグレアーブル)と成績上位騎手の手綱さばきにも注目です。
ちょっと最近乗れていない気がする蛯名騎手(フロンテアクイーン)は割り引いたほうが良いかも…。

まとめ

注目はディアドラ、ソウルスターリングのG1馬2頭は間違いないでしょうね。
なかでも、近走不振のソウルスターリングの復活はあるのか。
昨年のオークス馬で一昨年の2歳女王。
実績では文句無しなんですが、「早熟傾向」なんて声も聞こえるだけに、取捨選択は難しいところでもあります。
頭数は11頭と手ごろなだけに馬券的には妙味が薄れる可能性もありますが、過去の傾向からも伏兵馬の台頭も十分に考えられるでしょう。
もちろん、ここを勝って秋のエリザベス女王杯やマイルCSをにらんでいるのはどの陣営も同じはず。
メイチの仕上げはないにしても8割から9割がたの本気モードでの戦いが見られることででしょうね。
果たしてどの馬が勝つのか。
今から非常に楽しみで仕方がありません。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,