シルクロードS(G3・京都芝1200m)攻略【2017】

シルクロードステークスの主な有力馬

シルクロードステークス攻略(2017)

セイウンコウセイ 牡4(美・上原)
セカンドテーブル 牡5(栗・崎山)
ソルヴェイグ 牝4(栗・鮫島)
ダンスディレクター 牡7(栗・笹田)
ネロ 牡6(栗・森)

頭数も少なく、メンバー的にもやや手薄な印象も受けますが、高松宮記念に向けてのステップレースになりますね。
ネロは前走の京阪杯が非常に強い競馬を見せてくれましたが、今回も同様の競馬を見せることができるのでしょうか。
はたまた武豊騎手と手の合っているダンスディレクターが連覇を達成するのか。
それでは、データを参考にシルクロードSをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (2-1-0-7)
2番人気 (4-1-0-5)
3番人気 (2-2-0-6)
4番人気 (0-2-3-5)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (2-3-6-100)
以下

1番人気2勝、2番人気4勝、3番人気2勝と上位人気は好成績となっています。
しかし、ここ6年は二桁人気馬が激走していていて上位人気馬の成績とは反比例して、波乱含みの一戦になっていると言えます。
ただ、今年は頭数も少なく、そこまで荒れる要素がないというのが個人的な見立て。
今年の結果はいかに!?

◆枠順

1枠(3-2-1-14)
2枠(2-3-0-15)
3枠(0-1-1-18)
4枠(2-1-3-14)
5枠(1-0-2-17)
6枠(2-0-0-18)
7枠(0-2-0-18)
8枠(0-1-3-17)

◆馬番

1番 (2-1-0-7)
2番 (1-1-1-7)
3番 (1-1-0-8)
4番 (1-2-0-7)
5番 (0-0-0-10)
6番 (0-1-1-8)
7番 (1-0-2-7)
8番 (1-1-0-7)
9番 (1-0-1-8)
10番(0-0-1-9)
11番(0-0-0-10)
12番(2-0-0-8)
13番(0-2-0-8)
14番(0-0-0-10)
15番(0-0-3-7)
16番(0-1-0-9)
17番(0-0-0-1)
18番(0-0-0-0)

スタートしてから最初のコーナーまでの距離は短く、なおかつ直線は330mと短いのが特徴です。
その為、枠順は間違いなく内枠が断然有利となっていますね。
外枠は圧倒的に不利で、どれだけロスなく内々を回れるかがカギになってきそうです。
内枠の穴馬には要注意ですね。

◆所属別
美浦(1-2-5-35)
栗東(9-8-5-96)

関西馬断然も今年はセイウンコウセイが唯一の関東馬となっています。
どこまでやれるかといったところでしょうか。

◆性別
牡・セン(7-9-7-97)
牝馬  (3-1-3-34)

牝馬(ソルヴェイグ、ブランボヌール)が好成績。
14年は上位3頭を牝馬が独占していて、決して軽視できない存在と言えるでしょうね。

◆ 年齢別

4歳 (1-1-0-30) 3.1% 6.3% 6.3%
5歳 (4-3-3-24) 11.8% 20.6% 29.4%
6歳 (5-4-4-28) 12.2% 22.0% 31.7%
7歳上(0-2-3-49)

7歳以上(ダンスディレクター)は2着までが精一杯となっていますね。
5、6歳馬が中心となるのは間違いなしでしょうね。

◆斤量別

52キロ以下(0-0-0-6)
53キロ  (0-0-3-15)
54キロ  (1-2-3-33)
55キロ  (2-1-1-20)
55.5キロ (2-0-0-0)
56キロ  (1-3-2-23)
56.5キロ (0-0-0-1)
57キロ  (2-3-1-18)
57.5キロ (0-0-0-4)
58キロ以上(2-1-0-4)

トップハンデはダンスディレクターとネロの57.5キロ。
ただ、1頭も馬券になっていませんね。
好成績なのは54キロから56キロの馬となっていて、この中から勝ち馬が出てきそうです。

◆前走別

スプリンターズS(1-1-0-6)
京阪杯(2-0-2-15)
阪神カップ(1-3-1-12)
京都金杯(0-0-0-6)
淀短距離S(2-5-3-30)
ラピスラズリS(1-0-1-7)
京洛S(0-0-0-5)
条件戦(1-0-2-14)

◆間隔別

連闘(0-0-0-1)
2週 (0-0-1-12)
3週 (2-5-3-25)
4週 (1-1-0-18)
5週~9週(5-3-5-47)
10週以上(2-1-1-28)

スプリンターズS以来でも結果が出ていて、休み明けを苦にしていないのが特徴ですね。
あとは重賞組よりもOP特別組が馬券になっている点も見逃せません。
個人的には淀短距離Sからのラインスピリットが面白そうです。
※今週はソルヴェイグ、ヒルノデイバロー、ブランボヌールの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

サクラバクシンオー (16-14-12-148)
フジキセキ (10-2-4-53)
キングカメハメハ (9-12-9-79)
ダイワメジャー (8-7-7-54)
クロフネ (7-4-8-55)
アドマイヤムーン (5-9-7-43)
ディープインパクト (5-2-3-45)
タイキシャトル (4-7-6-49)
スウェプトオーヴァーボード (4-6-1-36)
ストーミングホーム (4-3-1-14)

過去5年の京都芝1200mの種牡馬成績になります。
サクラバクシンオーの強さはいまさら語るまでもありませんが、注目は京都平坦巧者のアドマイヤムーン産駒(セイウンコウセイ、ダイシンダンサー)。
近年好走馬が多く出ているグレイソブリン系(ソルヴェイグラインスピリット)、ボールドルーラー系(セイウンコウセイ)、プリンスリーギフト系(アースソニック、ブランボヌール)は狙いどころですね。

◆騎手別

福永祐一 (16-3-6-41)
浜中俊 (13-13-9-50)
岩田康誠 (9-5-9-53)
川田将雅 (8-6-5-47)
北村友一 (8-5-2-49)
藤田伸二 (8-2-4-43)
幸英明 (7-10-8-101)
和田竜二 (7-8-10-90)
国分優作 (5-11-6-80)
武豊 (5-5-5-48)

過去5年の京都芝1200mの騎手成績になります。
浜中騎手(ネロ)、幸騎手(ダイシンダンサー)、和田騎手(ブランボヌール)、武豊(ダンスディレクター)がランクインしています。
特に浜中騎手は連帯率30%越えとなっていて、軽視はできないでしょうね。

まとめ

少し小粒な印象は、やはりデータを見ても感じますね。
頭数が少ないと人気も偏りがちですし、そう見えてしまってもおかしくはありません。
しかも、スプリント路線は絶対王者だったロードカナロアが引退したあとはやや低調の印象もあってか、今年こそは新たなチャンピオンが出てきて欲しいものです。
2017年最初のスプリント重賞。週末を楽しみにしましょう。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,