スプリングS(G2・中山芝1800m)攻略【2017】

スプリングステークスの主な有力馬

スプリングステークス攻略(2017)

アウトライアーズ 牡3(美・小島茂)
ウインブライト 牡3(美・畠山)
サトノアレス 牡3(美・藤沢)
トリコロールブルー 牡3(栗・友道)
モンドキャンノ 牡3(栗・安田隆)

いよいよ昨年の2歳王者サトノアレスが満を持して登場しますね。
同厩舎2歳女王のソウルスターリングは完璧なまでにチューリップ賞を快勝。
同馬の勢いにあやかって、2歳王者もスプリングSを勝って、本番までの青写真を描きたいところでしょうね。
どんなレースを見せてくれるのか。

それではいつものようにデータを参考にスプリングSをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (4-3-3-0)
2番人気 (1-0-2-7)
3番人気 (2-2-0-6)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (1-1-0-8)
6番人気 (1-3-4-86)
以下

過去10年、1番人気10頭すべてが、馬券に絡む好走率の高さは特筆すべき点と言えるでしょうね。
ここまで、1番人気が安定しているレースも珍しいのではないでしょうか。
基本的には人気サイドの決着となっているので極端な穴狙いは禁物です。

◆所属別

美浦(6-4-8-59)
栗東(4-6-2-53)

関東馬が勝ち星では上回っていますが、割合的にはほぼ互角となっています。
今年も、上位人気は関東、関西半々ずつとなっているので同様の傾向となりそうですね。

◆枠順

1枠(3-1-1-7)
2枠(2-1-1-10)
3枠(2-1-1-11)
4枠(0-2-0-13)
5枠(0-1-1-14)
6枠(1-2-3-12)
7枠(0-0-0-18)
8枠(1-1-2-14)

◆馬番別

1番 (3-0-0-6)
2番 (1-2-1-5)
3番 (1-0-1-7)
4番 (0-2-1-6)
5番 (2-0-0-7)
6番 (0-1-1-7)
7番 (0-1-0-8)
8番 (0-0-1-8)
9番 (0-1-0-8)
10番(0-0-3-6)
11番(0-2-0-7)
12番(1-0-0-6)
13番(0-0-0-6)
14番(1-0-0-5)
15番(0-0-1-4)
16番(0-0-0-3)

スタートしてすぐに1コーナーに入るため、圧倒的に内枠が有利となっていますね。
基本的には逃げ・先行馬が有利となっていますが、ゴール直前の急坂もあって、スタミナのあるパワータイプの馬が好成績となっています。
傾向としては、ポジションを取るのに脚を使わされてしまう外枠は割り引きが必要でしょう。
同条件の中山記念、中山牝馬Sも内枠の馬が勝っていることから、内枠を中心に馬券検討するのが良さそうですね。

◆前走別

重賞 (6-5-5-52)
OP特別 (1-2-1-20)
条件戦 (3-3-4-33)
新馬・未勝利 (0-0-0-8)

重賞組、それも共同通信杯組(エトルディーニュ)ときさらぎ賞組(プラチナヴォイス)が好成績となっていますね。
あと見逃せないのが、条件戦からの転戦馬。
今年は、アウトライアーズ、ウインブライト、トリコロールブルー、オールザゴーの、勝って勢いに乗っている馬が多数いるので、2歳王者のサトノアレスものんびり構えている余裕はないのかもしれません。

◆間隔別

連闘(0-0-0-0)
2週 (0-0-0-6)
3週 (0-1-1-20)
4週 (1-2-2-19)
5週~9週(7-5-2-47)
10週以上(2-2-5-22)

中4週以上で特に中5週から中9週の馬が好成績となっていますね。
1月、2月に使っている馬がクラシックを目標としたローテーションの馬を狙うのが最適なのかもしれません。
※今週はウインブライト、エトルディーニュ、プラチナヴォイスの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト (22-19-12-116)
キングカメハメハ (13-7-13-87)
ハーツクライ (11-6-9-82)
ネオユニヴァース (8-3-3-67)
ステイゴールド (6-12-7-78)
マンハッタンカフェ (6-12-6-53)
シンボリクリスエス (6-10-11-71)
ジャングルポケット (6-5-5-44)
アグネスタキオン (6-4-3-27)
メイショウサムソン (5-4-8-37)

過去5年の中山芝1800mの成績になります。。
SS系断然なのは間違いありませんが、中山競馬場で特殊な1800mということでパワーと機動力を兼ね備えているタイプの種牡馬が好走しています。
過去には、父馬自身が中山巧者であったマツリダゴッホやフジキセキ、ブラックタイドの産駒の好走が目立っています。
今年はいずれの産駒の出走はありませんが、祖父フジキセキで父キンシャサノキセキのモンドキャンノ。好走実績多数の母系にナスルーラ系(ウインブライト、モンドキャンノ)に注目しています。

◆騎手別

戸崎圭太 (18-14-6-55)
北村宏司 (15-9-7-65)
田辺裕信 (10-10-10-75)
蛯名正義 (9-12-6-67)
松岡正海 (9-8-9-83)
石橋脩 (9-2-7-61)
柴田大知 (7-12-5-94)
横山典弘 (7-6-13-62)
田中勝春 (7-5-4-73)

過去5年の中山芝1800mの成績になります。
戸崎騎手(サトノアレス)。田辺騎手(アウトライアーズ)。
松岡騎手(ウインブライト)の成績上位が揃い踏み。
ここに連続重賞勝利のかかるデムーロ騎手(トリコロールブルー)が加わってリーディング上位騎手たちによる、華麗な手綱さばきにも注目しましょう。

まとめ

昨秋重賞を2連勝したブレスジャーニーは骨折で無念のリタイアとなってしまいました。
何度も言っていることではありますが、いかに順調にレースを使えることがどれだけ難しいことか。
それが馬という生き物であり、競馬の難しいところなのでしょうね。
ただ、それだけにサトノアレスが順調にこれていることは競馬ファンにとっては嬉しい限りではあります。
このレースの焦点はサトノアレスのレースぶりただ一点。
本番の皐月賞に向けてどういった走りを見せてくれるのか期待しましょうね。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

消去法シークレット・ファイル 2017-2018

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , , ,