ターコイズS(重賞・中山芝1600m)攻略【2016】

ターコイズステークスの主な有力馬

%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%82%bas%e6%94%bb%e7%95%a5%ef%bc%882016%ef%bc%89

アットザシーサイド 牝3(栗・浅見)
カフェブリリアント 牝6(美・堀)
ダイワドレッサー 牝3(栗・鹿戸)
マジックタイム 牝5(美・中川)
レッツゴードンキ 牝4(栗・梅田)

昨年年より重賞として新設され今年で2年目となるターコイズS。
OP特別の頃から荒れるレースとして、一部のファンの間では非常に有名だったのはここだけの話です(笑)。
今年もすでに波乱になりそうな雰囲気がプンプンとしています。
今年は何番人気の馬が勝つのか。
それではいつものようにデータを参考にターコイズSをひも解いていきましょう

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (2-1-1-6)
2番人気 (1-1-2-6)
3番人気 (2-3-0-5)
4番人気 (0-1-2-7)
5番人気 (0-1-0-9)
6番人気 (5-3-5-81)
以下

6番人気以下が5勝2着3回3着5回と非常に波乱含みなレースとなっていますね。
昨年にいたっては11番人気→16番人気→15番人気の決着で大波乱。
10万馬券が出てもなんら驚けないレースと言えそうですね。

◆所属別

美浦(6-6-8-75)
栗東(4-4-2-38)
地方(0-0-0-1)

関東のレースだけあってここは関東馬がやや優勢となっていますね。
ただ重賞となった昨年は関西馬が上位を独占。
上位人気は関東馬になりそうですが、今年も関西馬の取捨選択が鍵を握ることになりそうですね。

◆枠順

1枠(1-0-1-11)
2枠(1-1-1-12)
3枠(0-2-2-13)
4枠(3-1-2-13)
5枠(2-4-0-14)
6枠(0-0-2-18)
7枠(1-1-2-16)
8枠(2-1-0-17)

◆馬番

1番 (0-0-1-9)
2番 (2-1-1-6)
3番 (0-1-1-8)
4番 (1-1-2-6)
5番 (1-0-0-9)
6番 (2-0-0-8)
7番 (0-3-1-6)
8番 (0-0-1-9)
9番 (1-2-0-7)
10番(0-0-0-10)
11番(0-0-1-9)
12番(1-0-1-8)
13番(0-1-0-8)
14番(0-0-1-6)
15番(1-1-0-3)
16番(1-0-0-2)

1角横のポケットからの変則スタートとなっていて、内枠が断然有利となっていますね。
最初のカーブは非常に急で、その後も緩やかなカーブが続く、特殊な形をしたコース形態は他に例を見ません。
その為、ロスの多い外枠は圧倒的に不利となっています。
さらに、直線は短く、4角である程度の位置取りにつけられる先行力のある馬が好成績となっています。

◆年齢別

3歳 (2-7-4-34)
4歳 (5-2-3-27)
5歳 (3-1-3-40)
6歳上(0-0-0-13)

6歳以上(ウリウリ、カフェブリリアントなど)は馬券になっていませんね。
勝率では4歳馬が優勢ですが2着7度の3歳馬も複勝率ではほぼ互角となっています。
4歳馬(レッツゴードンキ)から3歳馬(アットザシーサイド、エテルナミル、エンジェルフェイス、ダイワドレッサーなど)に流す馬券が良さそうですね。

◆前走別

エリザベス女王杯(2-1-1-5)
秋華賞(1-5-1-9)
府中牝馬S(0-0-1-6)
福島記念(0-0-0-6)
OP特別(0-1-2-22)
条件戦(6-3-4-53)

◆距離別

1200m(0-0-1-6)
1400m(1-0-2-28)
1600m(5-3-4-30)
1800m(1-1-1-24)
2000m(1-5-1-21)
2200m(2-1-1-5)

◆間隔別

連闘(0-0-0-3)
2週 (0-0-2-5)
3週 (4-3-3-41)
4週 (4-1-2-25)
5週~9週(1-6-3-34)
10週~25週(0-0-0-5)
半年以上(1-0-0-1)

前走レース、前走着順ともに特に気になりません。
むしろ大敗からの巻き返しが多く、それが波乱の一因になっているといえるでしょうね。
特に注意なのがエリザベス女王杯からの巻き返し。
ただ、今年は出走馬がゼロとなっていて、秋華賞からの巻き返しを狙うクロコスミア、エンジェルフェイスや連勝中のエテルナミノルらが条件的にはピッタリと当てはまりそうですね。
※今週はウリウリ、ゴールデンナンバー、レッツゴードンキの追い切りが良かったです。

◆斤量別

49キロ以下(0-0-0-6)
50キロ  (1-1-1-10)
51キロ  (1-0-1-14)
52キロ  (1-2-1-25)
53キロ  (2-4-4-25)
54キロ  (2-1-1-18)
55キロ  (2-1-2-10)
55.5キロ (0-0-0-1)
56キロ  (1-1-0-4)
56.5キロ (0-0-0-1)

49キロ以下の極端な軽量馬は好走がありません。
中心は53キロ(ウインファビラス、エテルナミノル、ビービーバーレル)を背負った馬からになりそうですね。
ただ、極端に重いハンデ背負っているわけでなければ、特に気にする必要はなさそうですね。

◆種牡馬別

ダイワメジャー(22-22-24-132)
ディープインパクト(21-16-14-105)
キングカメハメハ(20-23-14-128)
マンハッタンカフェ(14-11-6-85)
ジャングルポケット(11-6-10-84)
ネオユニヴァース(10-8-6-106)
ロージズインメイ(10-6-4-60)
ステイゴールド(9-14-6-105)
アグネスタキオン(9-7-8-44)
シンボリクリスエス(6-11-8-76)

過去5年の中山芝1600mの種牡馬成績になります。
芝が荒れて力の要る馬場になる事が多いので、パワータイプのダイワメジャーやキングカメハメハ(アットザシーサイド、エンジェルフェイス)が好成績となっていますね。
ただ、馬場のエアレーション作業が行われるようになってからはディープ産駒(ウリウリ)の成績も向上している点は押さえなければなりません。

◆騎手別

田辺裕信(22-19-18-124)
横山典弘(20-24-21-102)
戸崎圭太(19-23-10-65)
柴田大知(18-13-11-151)
北村宏司(17-23-22-121)
松岡正海(17-13-12-117)
蛯名正義(16-19-9-118)
内田博幸(13-11-15-106)
田中勝春(12-13-14-135)
三浦皇成(11-8-18-125)

過去5年の中山芝1600mの種牡馬成績になります。
リーディングの戸崎騎手(カフェブリリアント)を抑えてトップが田辺騎手になります。
単勝・複勝期待値も高く、ただ、戸崎騎手も勝率・連対率・複勝率ではトップの数字を残している点はさすがです。
あとは、柴田大知騎手(マイネグレヴィル)の単勝期待値は田辺騎手に次ぐ成績で総合的にも決して侮れないでしょうね。
柴田善臣騎手(アットザシーサイド)、北村宏騎手(エンジェルフェイス)、松岡騎手(ウインファビラス)も上位の成績となっています。

まとめ

荒れると言われていたカペラSが上位人気3頭で決まったときはビックリしましたが、今週は果たしてどうなるでしょうか。
過去のレースを見れば、カペラSよりはターコイズSの方が荒れる要素は十二分にありそうなのは気のせいではないはず。
ぜひ、有馬記念に向けての軍資金稼ぎに馬券をあたっちゃってくださいね(笑)。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , , ,