ダイヤモンドS(G3・東京芝3400m)攻略【2018】

ダイヤモンドSの主な有力馬

ダイヤモンドステークス攻略【2018】

ソールインパクト 牡6(美・戸田)
プレストウィック 牡7(美・武藤)
フェイムゲーム セン7(美・宗像)
ホウオウドリーム 牡4(栗・矢作)
レジェンドセラー 牡4(美・木村哲)

伝統の長距離重賞ダイヤモンドS。
年末に中山で行われるステイヤーズSに次ぐ長距離レースですね。
今年は14年の勝ち馬で昨年のステイヤーズS2着のフェイムゲームが中心になりそう。
他にも4歳馬レジェンドセラー、古豪プレストウィック、万葉S2着だったリッジマンが出走を予定していてなかなかの好メンバーが揃っています。
果たしてどんなレースになるのか。

それでは、データを参考にレースをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (6-1-0-3)
2番人気 (2-3-2-3)
3番人気 (0-0-1-9)
4番人気 (1-2-0-7)
5番人気 (0-1-0-9)
6番人気 (1-3-7-90)
以下

1番人気が6勝と人気馬が人気通りに好走しているレースですね。
ただ、6番人気馬が1勝も2着3回3着7回で二桁人気馬が過去3回馬券に絡んでいます。
12年の単勝万馬券もあって荒れる印象もありますが、近年は比較的落ち着いた配当となっています。
今年は果たして…。

◆枠順

1枠(1-2-1-13)
2枠(1-0-1-15)
3枠(1-2-0-16)
4枠(0-2-2-15)
5枠(3-0-1-15)
6枠(0-0-1-19)
7枠(2-1-1-16)
8枠(2-3-3-12)

◆馬番

1番 (1-2-0-7)
2番 (0-0-1-9)
3番 (0-0-1-9)
4番 (1-2-0-6)
5番 (1-0-0-9)
6番 (0-1-0-9)
7番 (0-1-2-7)
8番 (1-0-0-8)
9番 (1-0-0-9)
10番(1-0-1-8)
11番(0-0-1-9)
12番(1-0-0-8)
13番(1-0-1-7)
14番(0-1-1-7)
15番(1-1-0-6)
16番(1-2-1-3)

長距離戦であまり枠順による有利不利はなさそうで、データ的にも極端に大きな差はありませんね。
脚質では差し馬が圧倒的に馬券となっています。
あとは、直線一気は決まりにくく、極端な追い込み馬は割り引いて考えた方が良さそうですね。

◆所属別
美浦(5-7-3-59)
栗東(5-3-7-62)

勝利数互角ですが、2着の差で関東馬がやや優勢となっています。
上位人気馬は関東馬が多数。
今年も関東馬が優勢そうですね。

◆年齢別

4歳 (4-3-4-12)
5歳 (3-0-1-30)
6歳 (2-2-3-26)
7歳上(1-5-2-53)

明け4歳馬(レジェンドセラー)が好成績ですね。
また7歳馬以上で1勝2着5回3着2回と割り合いは多くありませんが古馬も好走できるのが長距離戦の特徴となっています。

◆斤量別

50キロ以下(0-0-2-14)
51キロ  (0-1-1-9)
52キロ  (0-1-1-5)
53キロ  (2-1-0-22)
54キロ  (1-0-3-23)
55キロ  (2-2-2-15)
56キロ  (1-3-1-21)
57キロ  (1-0-0-6)
57.5キロ (1-0-0-2)
58キロ以上(2-2-0-4)

極端な軽ハンデ馬の好走はなく、58キロ以上でも勝ちが出ているように実績が物をいう結果となっています。
次いで55キロが好成績となっているように、このあたりを狙うのが良さそうですね。

◆前走別

G1(2-0-0-9)
G2(4-2-4-38)
G3(0-0-0-7)
OP特別(3-3-1-40)
条件戦(1-3-5-25)
海外(0-2-0-1)

前走AJCCや日経新春杯を使ったG2組が好成績となっています。
有馬記念からの2勝はアルバートだけで信頼度という点ではOP特別組のほうが上でしょうね。
※今週はレジェンドセラー、ハッピーモーメント、リッジマンの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ハーツクライ(3-2-1-5)
ダンスインザダーク(1-1-2-6)
キングカメハメハ(1-1-0-5)
シンボリクリスエス(1-0-0-5)
ステイゴールド(1-0-0-3)
ドリームウェル(1-0-0-0)
アドマイヤドン(1-0-0-0)
King's Best(1-0-0-0)
ディープインパクト(0-1-2-7)
グラスワンダー(0-1-1-2)

過去5年の東京芝3400mの種牡馬成績になります。
この条件の施行自体がダイヤモンドSしかありません。参考程度にご参照ください。

◆騎手別

北村宏司(3-0-0-5)
安藤勝己(1-0-2-0)
内田博幸(1-0-1-6)
武豊(1-0-1-0)
吉田豊(1-0-0-7)
勝浦正樹(1-0-0-1)
クラストゥス(1-0-0-0)
ムーア(1-0-0-0)
ベリー(0-2-0-0)
松岡正海(0-1-1-5)

過去5年の東京芝3400mの騎手成績になります。
この条件の施行自体がダイヤモンドSしかありません。ご参考程度にご参照ください。

まとめ

昨年のステイヤーズS、ダイヤモンドSを勝っているアルバートも天皇賞春では入着が精いっぱい。
このダイヤモンドSは長距離重賞ではあるものの、なかなか天皇賞春に結びついていないというのが私の印象です。
昔からダイヤモンドSを勝った馬は天皇賞春で勝てないと言われていて、個人的に好きな馬の1頭であるエアダブリンもステイヤーズS、ダイヤモンドSを連勝して挑んだ95年の天皇賞春は1番人気で5着。
今年はどの馬がここから天皇賞春に挑むことになるのでしょうか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,