ダービー卿CT(G3・中山芝1600m)攻略【2017】

ダービー卿CTの主な有力馬

ダービー郷チャレンジトロフィー攻略(2017)

グランシルク 牡4(美・戸田)
キャンベルジュニア 牡5(美・堀)
ガリバルディ 牡5(栗・藤原英)
ロードクエスト 牡4(美・小島茂)
ダンツプリウス 牡4(栗・山内)

注目はやはりグレーターロンドンがどういったレースをするかでしょう。
と言いたかったのですが、同馬は回避して安田記念に直行するとのことです。
5連勝中で重賞初挑戦とあって、グランシルク、ロードクエスト、ガリバルディとこれまでGIでも好走してきた歴戦の馬たちを相手にどういった結果を残してくれるのか。
期待が高かっただけにこの回避は残念で仕方がありません。
これで、さらに混沌さが増してきましたね。
さてさて…。

それでは、データを参考にダービー卿CTをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (2-1-0-7)
2番人気 (0-1-2-7)
3番人気 (1-0-0-9)
4番人気 (2-3-0-5)
5番人気 (2-0-1-7)
6番人気 (3-5-7-95)
以下

08年には20万馬券が飛び出しているように、上位人気は不振で波乱含みとなっているのが特徴ですね。
グレーターロンドンが回避となり結果は果たして…。

◆枠番別

1枠(1-0-1-15)
2枠(1-1-2-14)
3枠(0-2-2-14)
4枠(2-1-0-15)
5枠(2-2-3-11)
6枠(1-1-0-16)
7枠(1-1-1-15)
8枠(1-1-0-15)

◆馬番別

1番 (0-0-1-8)
2番 (1-0-0-8)
3番 (0-1-1-7)
4番 (1-0-1-7)
5番 (0-2-1-6)
6番 (0-0-1-8)
7番 (1-0-0-8)
8番 (1-1-0-7)
9番 (0-1-2-6)
10番(3-1-1-4)
11番(0-0-0-9)
12番(0-1-0-8)
13番(1-0-0-8)
14番(0-1-1-7)
15番(0-0-0-9)
16番(1-1-0-5)

1角横のポケットからのスタートで、最初のカーブは非常に急になっていますね。
その後も緩やかなカーブが続いていて、この非常に特殊な形をしたコース形態は他の競馬場にはなく、その為ロスの多い外枠は圧倒的に不利で内枠から真ん中が有利となっています。
さらに、直線は短く、4角である程度の位置取りにつけられる先行力のある馬が好結果となっていますね。

◆斤量別

52キロ以下(0-0-0-2)
53キロ (1-1-0-12)
54キロ (1-1-4-15)
55キロ (3-1-1-28)
55.5キロ (0-0-0-0)
56キロ  (2-3-3-39)
56.5キロ (0-0-0-1)
57キロ  (1-2-1-16)
57.5キロ (2-1-1-5)
58キロ以上(0-1-0-10)

52キロ以下が(0-0-0-2)と結果が出ておらず、55キロ、56キロが好成績となっていますね。
勝っているのは57.5キロまでで、58キロ以上は昨年2着のロゴタイプだけとなっています。
今年のトップハンデは57.5キロで最低斤量も53キロ。
どの馬にもチャンスはありそうですね。

◆所属別

美浦(7-5-7-64)
栗東(3-5-3-66)

関東馬が優勢で、今年も人気の中心は関東馬となっています。
今回に限れば、関西馬は少し評価を下げてもよさそうですね。

◆年齢別

4歳 (3-5-2-33)
5歳 (6-2-5-26)
6歳 (1-1-2-34)
7歳上(0-2-1-37)

5歳馬が6勝2着2回3着5回と好成績ですね。
ただ、4歳馬も3勝2着5回と連対率では負けていません。
逆に、6歳馬、7歳馬以上は、極端に成績が下がっているため、このレースでは割り引きが必要でしょうね。

◆前走別

重賞(3-4-4-62)
OP特別(2-4-4-28)
条件戦(4-1-1-10)

条件戦からの参戦は4勝。
重賞組3勝、OP特別組も2勝で前走条件は特に気にする必要はなさそうですね。

◆間隔別

連闘(0-0-0-3)
2週 (0-2-3-15)
3週 (2-3-2-23)
4週 (4-1-0-10)
5週~9週(4-4-4-50)
10週以上(0-0-1-29)

10週以上間隔が空いている馬は大不振。安定して使われている馬が好成績ですね。
※マルターズアポジー、ロイカバード、グランシルクの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト (59-50-33-267)
ダイワメジャー (31-18-26-184)
ハーツクライ (25-14-8-153)
ステイゴールド (16-10-21-119)
キングカメハメハ (15-22-12-184)
シンボリクリスエス (13-12-13-109)
ネオユニヴァース (10-11-15-121)
クロフネ (10-7-4-72)
フジキセキ (9-8-14-77)
ジャングルポケット (7-6-10-99)

過去5年の中山芝1600mの種牡馬成績になります。
この条件トップ成績のディープ産駒はこのレースは不振となっていますね。
昨年のサトノアラジンが3着となっていますが、パワー型のノーザンダンサー系(キャンベルジュニア、クラレント、サンライズメジャー、シベリアンスパープ、マルターズアポジー、ロジチャリス)を持つ馬が好成績。
あとはキンカメとSSの組み合わせを持つクラリティシチーが面白そうですね。

◆騎手別

戸崎圭太 (30-21-16-128)
横山典弘 (30-16-15-146)
三浦皇成 (26-18-7-123)
蛯名正義 (26-17-20-153)
北村宏司 (25-24-23-157)
内田博幸 (20-17-18-156)
ルメール (15-10-7-31)
田辺裕信 (13-18-33-150)
柴田善臣 (13-12-8-146)
福永祐一 (12-13-12-52)

過去5年の中山芝1600mの種牡馬成績になります。
戸崎騎手(グランシルク)と横山典弘騎手(ロイカバード)がトップ成績。
絶不調の蛯名騎手(ショウナナデラ)も今回は難しそうで、それであれば内田博騎手(ロジチャリス)の一発があってもおかしくはないでしょうね。

まとめ

グレーターロンドンの母ロンドンブリッジは幻の桜花賞馬とも言われた快速馬でした。
確か記憶が正しければ、ファンタジーSを勝った後に脚部不安で石川県の小松温泉牧場に休養になってしまったんですよね。
そんな復帰からの桜花賞2着。
その後は屈腱炎を発症してしまいわずか6戦で引退することとなりました。
脚元さえ無事ならばと思わせたロンドンブリッジですが、グレーターロンドンも母同様に脚元の弱さはネックになっていますね。
それでも、安田記念には無事に駒を進めてもらいたいものですね。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

王様・田端到の「マジか! 」の血統馬券術

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,