チューリップ賞(G3・阪神芝1600m)攻略【2017】

チューリップ賞の主な有力馬

チューリップ賞攻略(2017)

アロンザモナ 牝3(栗・西浦)
ソウルスターリング 牝3(美・藤沢和)
リスグラシュー 牝3(栗・矢作)
ミリッサ 牝3(栗・石坂)
ワールドフォーラブ 牝3(栗・音無)

桜花賞の前哨戦であるとともに、阪神JFの再戦となるこのチューリップ賞。
注目は昨年の2歳女王ソウルスターリングとリスグラシューであることは間違いありませんね。
無敗で女王となったソウルスターリングに対して、レース中に不利のあったリスグラシューがどう巻き返してくるのか。
両馬の走りは、今後のクラシックを大きく占う意味でも、絶対に見逃せないことは間違いないでしょう。
期待は高まるばかりです。

それでは、データを参考にチューリップ賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (4-3-1-2)
2番人気 (1-2-2-5)
3番人気 (1-1-0-8)
4番人気 (1-1-0-8)
5番人気 (2-0-2-6)
6番人気 (1-3-5-89)
以下

1番人気が4勝2着3回と馬券の中心は間違いありませんね。
メジロドーベルが年明け初戦で3着に敗れたのも遠い昔(笑)。
2番人気もまずまずですが、3番人気から5番人気まで勝利しているように、有力馬である上位勢で決まる堅いレースとなっています。
今年も2歳女王がいますし、よほどのアクシデントがない限りは堅い決着となるのではないでしょうか。

◆枠順

1枠(0-2-2-11)
2枠(0-0-1-15)
3枠(1-0-0-16)
4枠(2-1-3-13)
5枠(1-2-1-16)
6枠(4-0-0-16)
7枠(2-2-0-16)
8枠(0-3-3-15)

◆馬番

1番 (0-1-1-8)
2番 (0-1-1-8)
3番 (1-0-0-9)
4番 (0-0-1-9)
5番 (1-0-2-7)
6番 (0-0-1-9)
7番 (1-2-1-6)
8番 (1-0-0-9)
9番 (0-1-0-9)
10番(1-1-0-8)
11番(2-0-0-8)
12番(2-0-1-7)
13番(0-2-0-7)
14番(1-1-0-5)
15番(0-0-2-4)
16番(0-1-0-4)
17番(0-0-0-1)
18番(0-0-0-0)

外回りコースを使用し、474mの長い直線と1.8mのキツイ勾配の急坂が特徴となっています。
その為、差し・追い込みが断然有利となっていますね。
ただ、このチューリップ賞に限れば、逃げ馬がかなり馬券になっている点は見逃せないところ。
特に枠順による有利不利はなさそうですが、馬場の良い外側を選んで走れる外枠が好成績となっています。

◆所属別

美浦(2-4-1-13)
栗東(8-6-9-101)

関西馬が8勝と大きく勝ち越していますが、少ない頭数ながらも連対率、複勝率で高い数値となっている関東馬も侮れません。
少ない頭数ですが、しっかりと結果を出していると言えますね。
今年はソウルスターリングという関東の絶対女王がいますし、女王VS関西馬の図式になるのではないでしょうか。

◆前走別

重賞(5-7-5-17)
OP特別(2-1-2-30)
条件戦(2-2-1-39)
未勝利(1-0-2-18)
新馬(0-0-0-8)

重賞組は阪神JF組が大活躍です。
勝ち馬が出ているのも阪神JF組。
ほかでは未勝利、500万下を勝った馬も勝利していて、一概に阪神JF組が絶対とも言い切れなさそうですが馬券の中心は阪神JF組で良いでしょう。
あとは、新馬戦を勝ったばかりの馬で馬券になった馬は1頭もいません。

◆間隔別

連闘(0-0-0-2)
2週 (1-0-1-9)
3週 (2-1-0-30)
4週 (1-2-2-36)
5週~9週(0-2-3-28)
10週以上

休み明けでも特に気にする必要はないでしょうね。
実績を重視すれば、ソウルスターリングにしろ、リスグラシューにしろ簡単に負けられないレースになることが言えます。
※今週は、ソウルスターリング、ミリッサ、ミスパンテールの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(57-43-36-219)
ダイワメジャー(15-17-20-132)
キングカメハメハ(12-11-17-146)
ハーツクライ(12-10-10-102)
ステイゴールド(11-13-10-88)
マンハッタンカフェ(11-6-6-65)
アドマイヤムーン(7-4-6-62)
ネオユニヴァース(6-11-6-100)
ゼンノロブロイ(6-8-11-70)
ハービンジャー(6-7-4-39)

過去5年の阪神芝1600mの種牡馬成績になります。
ディープ産駒(カワキタエンカ、ダノンディーヴァ、ワールドフォーラブ)はケタ違いですが今年重賞では全くもって結果が出ていません。
このチューリップ賞も3頭が出走を予定していますが果たして…。
他では、ノーザンダンサー系(カワキタエンカ、ソウルスターリング、ディアドーロ、ハローユニコーン、ミリッサ)を持つ馬が好相性となっています。

◆騎手別

浜中俊(25-25-11-88)
川田将雅(24-9-17-82)
M.デム(17-14-2-39)
福永祐一(16-11-17-69)
岩田康誠(11-13-16-73)
小牧太(11-7-6-80)
武豊(8-12-7-89)
池添謙一(8-11-5-82)
ルメール(8-7-4-25)
幸英明(7-6-6-123)

阪神芝1600mの騎手成績になります。
トップは浜中騎手ですがデムーロ騎手(ダノンディーヴァ)は勝率20%越えで、複勝率は50%と非常に高い数字を残していますね。
今週は5週連続の重賞勝利がかかっていますし、ここも上位争いは確かでしょうね。
ただ、川田騎手と福永騎手(ミリッサ)も負けてはおらず、先の二人には譲れないところではあります。

まとめ

昨年はジュエラーとシンハライトの一騎打ちでしたね。
その後の2頭の活躍は周知のところ。
ジュエラーが桜花賞を勝って、シンハライトがオークスを制覇。
ここを勝つことが、クラシックに近づく一番の近道ということが言えそうです。
しかも、今年の2頭は昨年の2頭以上と言っても過言ではありません。
どんなレースを見せてくれるのか。週末を楽しみに待ちましょう。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

合理主義競馬 必然の好走を見抜いて競馬に勝つ絶対ルーティン

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,