ニュージーランドT(G2・中山芝1600m)攻略【2017】

ニュージーランドTの主な有力馬

ニュージーランドトロフィー攻略(2017)

ランガディア 牡3(美・木村)
クライムメジャー 牡3(栗・池江)
ボンセルヴィーソ  牡3(栗・池添学)
ディバインコード 牡3(美・栗田)
タイセイスターリー 牡3(栗・矢作)

古馬もマイル路線は混迷を極めていますが、それは3歳戦も同じことが言えそうですね。
ランガディア、クライムメジャーと500万を勝って勢い十分。
ボンセルヴィーソとディバインコードは実績は上位なだけに、ここで勝ち負けできるかがカギとなるはずです。
ただ、舞台は紛れの起こりやすい中山マイル戦。どんなレースになるのか。

それでは、データを参考にニュージーランドTをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (4-1-1-4)
2番人気 (2-2-2-4)
3番人気 (0-1-1-8)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-2-0-8)
6番人気 (4-3-5-99)
以下

1番人気4勝、2番人気2勝も、3番人気以下から5番人気が不振となっていますね。
さらには、6番人気以下が4勝2着3回と波乱含みな結果となっているのが特徴です。
2桁人気も5頭が馬券に絡んでいる点には注意が必要でしょうね。

◆枠番別

1枠(0-0-0-17)
2枠(2-3-3-10)
3枠(3-1-1-13)
4枠(1-1-1-15)
5枠(0-2-1-15)
6枠(1-1-2-14)
7枠(1-1-0-16)
8枠(1-0-1-16)

◆馬番別

1番 (0-0-0-9)
2番 (0-0-0-9)
3番 (0-2-2-5)
4番 (2-1-1-5)
5番 (2-0-1-6)
6番 (1-1-0-7)
7番 (0-0-1-8)
8番 (1-1-0-7)
9番 (0-2-1-6)
10番(0-0-0-9)
11番(0-1-0-8)
12番(2-0-2-5)
13番(0-0-0-9)
14番(0-1-0-8)
15番(0-0-1-8)
16番(1-0-0-7)

1角横のポケットからのスタートで、最初のカーブは非常に急になっていますね。
その後も緩やかなカーブが続いていて、この非常に特殊な形をしたコース形態は他の競馬場にはなく、ロスの多い外枠は圧倒的に不利となっています。
そのため、内枠から真ん中が有利となっています。
さらに直線は短く、4角である程度の位置取りにつけられる先行力のある馬が好成績となっていますね。

◆所属別

美浦(3-4-4-76)
栗東(7-6-6-54)

関西馬が優勢となっていますが、今年の人気は東西半々となっていて、今回はどちらが勝ってもおかしくはないメンバー構成と言えそうですね。

◆前走別

重賞(8-3-8-74)
OP特別(0-2-1-15)
条件戦(2-5-1-41)

重賞組が好結果となっていますが、条件戦からも結果が出ていて、決して軽視はできません。
ただ、条件戦組は勝利していることが絶対条件となっているので、その点は見逃してはいけません。

◆間隔別

連闘(0-1-0-1)
2週 (2-1-1-8)
3週 (5-3-4-49)
4週 (0-1-3-14)
5週~9週(2-3-2-48)
10週以上(1-1-0-11)

中2、中3週が好成績ですね。逆に、10週以上間隔が空いている休み明けの馬は成績を落としていて割り引きが必要でしょう。
※ダイイチターミナル、タイムトリップ 、メイソンジュニアの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト (59-50-33-267)
ダイワメジャー (31-18-26-184)
ハーツクライ (25-14-8-153)
ステイゴールド (16-10-21-119)
キングカメハメハ (15-22-12-184)
シンボリクリスエス (13-12-13-109)
ネオユニヴァース (10-11-15-121)
クロフネ (10-7-4-72)
フジキセキ (9-8-14-77)
ジャングルポケット (7-6-10-99)

過去5年の中山芝1600mの種牡馬成績になります。
ディープ産駒が好成績となっていますが、ダービー卿CT同様に重賞では結果が出ていないのが正直なところです。
しかも今年は出走がありません。
過去このレースで結果の出ているミスプロ系(タイムトリップ、ランガディア)、ダイワメジャー(クライムメジャー、スズカメジャー、ボンセルヴィーソ)やマツリダゴッホ(ディバインコード)を筆頭にパワータイプのSS系を狙うのが良さそうですね。

◆騎手別

戸崎圭太 (30-21-16-128)
横山典弘 (30-16-15-146)
三浦皇成 (26-18-7-123)
蛯名正義 (26-17-20-153)
北村宏司 (25-24-23-157)
内田博幸 (20-17-18-156)
ルメール (15-10-7-31)
田辺裕信 (13-18-33-150)
柴田善臣 (13-12-8-146)
福永祐一 (12-13-12-52)

過去5年の中山芝1600mの種牡馬成績になります。
人気が予想される、戸崎騎手(ランガディア)、内田騎手(タイセイスターリー)、柴田善騎手(ディバインコード)、田辺騎手(タイムトリップ)は成績上位騎手として好成績を残していますね。
対して、川田騎手(クライムメジャー)、岩田騎手(スズカメジャー)、松山騎手(ボンセルヴィーソ)の関西上位騎手が騎乗する人気馬。
関東成績上位騎手と関西騎手の争いとなりそうですね。

まとめ

勢いでいえば、血統的背景(母マリーシャンタルはエアグルーヴの半妹)や2戦2勝の魅力いっぱいのランガディア。
実績では朝日杯FS、ファルコンSと重賞連続2着のボセルヴィーソ。
ただどちらも、ここは勝ってNHKマイルに向かいたいというのが陣営の本音。
その他のところでは、「ディバインコードとタイセイスターリーは少し詰めの甘い印象もあって、ナイトバナレット、ジョーストリクトリ、スズカゼ、メイソンジュニアも上位争いは可能。」というのが某関係者の話となっています。
比較的荒れる印象もあるだけに今年はどんなレースになるのでしょうか。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

王様・田端到の「マジか! 」の血統馬券術

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,