ニュージーランドT(G2・中山芝1600m)攻略【2018】

ニュージーランドTの主な有力馬

ニュージーランドT攻略【2018】

カシアス 牡3(栗・清水久)
カツジ 牡3(栗・池添兼)
ケイアイノーテック  牡3(栗・平田)
ファストアプローチ 牡3(美・藤沢和)
リョーノテソーロ 牡3(美・武井)

NHKマイルCの前哨戦ニュージーランドTが中山競馬場で行われます。
過去にはヒシアマゾン、ファビュラスラフィン、シーキングザパール、エルコンドルパサー、エイシンプレストンといった外国産まれの名立たる馬達がこのレースを勝利していますね。
今年もNHKマイルCに向けてスピード自慢が終結。
ここを勝って本番に駒を進めるのはどの馬か。

それでは、データを参考にニュージーランドTをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (4-1-0-5)
2番人気 (2-2-2-4)
3番人気 (0-1-1-8)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (4-3-5-97)
以下

1番人気4勝2着1回、2番人気2勝2着2回3着2回と半数以上に馬券に絡んでいますね。
しかし、3番人気以下から5番人気が勝利なしで不振傾向となっています。
さらには、6番人気以下が4勝2着3回3着5回と波乱を演出。
昨年は3連単49万6220円。
16年が100万馬券。
13年が19万馬券と年によっては非常に荒れているのが特徴ですね。
今年はどうなるでしょうか。

◆枠番別

1枠(0-0-0-19)
2枠(2-4-3-11)
3枠(4-1-1-14)
4枠(1-1-1-17)
5枠(0-2-1-17)
6枠(1-1-2-16)
7枠(1-1-0-18)
8枠(1-0-2-17)

◆馬番別

1番 (0-0-0-10)
2番 (0-0-0-10)
3番 (0-2-2-6)
4番 (2-2-1-5)
5番 (2-0-1-7)
6番 (2-1-0-7)
7番 (0-0-1-9)
8番 (1-1-0-8)
9番 (0-2-1-7)
10番(0-0-0-10)
11番(0-1-0-9)
12番(2-0-2-6)
13番(0-0-0-10)
14番(0-1-0-9)
15番(0-0-1-9)
16番(1-0-1-7)

1角横のポケットからのスタートで、最初のカーブは非常に急になっていますね。
その後も緩やかなカーブが続いていて、この非常に特殊な形をしたコース形態は他の競馬場にはなく、ロスの多い外枠は圧倒的に不利となっています。
そのため、内枠から真ん中が有利。
さらに直線は短く、4角である程度の位置取りにつけられる先行力のある馬が好成績となっていますね。

◆性別
牡・セ(10-10-8-117)
牝(0-0-2-14)

牝馬の出走はほとんどありません。
馬券になったのは16年のエクラミレネールと14年のベルルミエール2頭だけでともに人気薄。
狙うのであれば穴で買うのがおもしろそうですね。

◆所属別

美浦(3-4-4-78)
栗東(7-6-6-50)
その他(0-0-0-1)

関西馬が優勢となっていますが、今年の人気は東西半々となっていて、どちらが勝ってもおかしくはないメンバー構成と言えそうですね。

◆前走別

G1(0-0-0-2)
G2(2-1-1-17)
G3(6-3-7-51)
OP特別(0-2-1-14)
条件戦(2-4-1-45)

重賞組が好結果となっていますね。
条件戦組からも結果が出ているので決して軽視はできません。
ただ、条件戦組は勝利していることが絶対条件となっているので、その点は見逃してはいけませんね。
※ファストアプローチ、リョーノテソーロ 、エントシャイデンの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(29-23-22-159)
ダイワメジャー(20-18-23-169)
キングカメハメハ(17-22-12-125)
ステイゴールド(12-15-7-123)
マンハッタンカフェ(12-5-11-69)
アドマイヤムーン(9-10-2-85)
ハービンジャー(8-10-7-39)
マツリダゴッホ(8-8-9-96)
ハーツクライ7-(8-3-81)
ネオユニヴァース(7-6-7-102)

過去5年の中山芝1600mの種牡馬成績になります。
ディープ産駒(エントシャイデン、カツジ、ケイアイノーテック)が好成績となっていますが、過去このレースで結果の出ているミスプロ系(アイスフィヨルド、アンブロジオ、コスモイグナーツ、ゴールドギア、ラムセスバローズ)などのパワータイプの馬を狙うのが良さそうですね。
あと、穴でナスルーラ系を持っているエントシャイデンに注目しています。

◆騎手別

戸崎圭太(30-35-18-113)
田辺裕信(28-20-15-106)
柴田大知(17-16-10-161)
内田博幸(14-11-16-135)
横山典弘(13-20-18-97)
北村宏司(11-17-14-106)
大野拓弥(11-13-12-119)
松岡正海(11-9-12-123)
蛯名正義(10-20-13-112)
柴山雄一(10-11-7-93)

過去5年の中山芝1600mの種牡馬成績になります。
成績トップの戸崎騎手(ケイアイノーテック)は調子がイマイチと言われていますがここではどうでしょうか。
個人的には、成績上位の柴田大知騎手(コスモイグナーツ)、内田博幸騎手(ラムセスバローズ)、北村宏司騎手(アイスフィヨルド)や中堅有望株どころの田辺騎手(ファストアプローチ)、関西の浜中騎手(カシアス)、松山騎手(カツジ)の手綱さばきに注目しています。

まとめ

冒頭でもお伝えしましたが、過去の勝ち馬を見ると本当に名馬が多いですね。
最近の方にはわからないかもしれませんが、NHKマイルC自体はクラシックに出走する権利のない外国産馬を救済するために設けられた外国産馬による、外国産馬のためのG1レースだったのです。
だから2000年前後の勝ち馬は外国産馬が多いんですね。
それが日本馬のレベルが上がったことが要因となり、わざわざリスクを背負って海外から馬を買ってくる必要がなくなってしまいました。
そのため、徐々に外国産馬がNHKマイルCに出走することは激減。
ニュージーランドTも外国産馬が活躍することはめっきりと少なくなってしまったのです。
今年も出走馬のほとんどは内国産馬となっています。
私個人としては強くて速い外国産馬が見れなくなってしまったのは残念ではありますが、その分内国産馬に頑張ってもらいましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , ,