ファルコンS(G3・中京芝1400m)攻略【2017】

ファルコンステークスの主な有力馬

ファルコンステークス攻略(2017)

エントリーチケット 牝3(栗・宮)
コウソクストレート 牡3(美・中館)
ジョーストリクトリ 牡3(栗・清水久)
ナイトバナレット 牡3(栗・矢作)
ボンセルヴィーソ 牡3(栗・池添学)

スプリングSが皐月賞の前哨戦であれば、このファルコンSはNHKマイルCに向けての一戦となります。
まだ同レースまで時間がありますので、ここを勝ったからといって、必ずしも本番に直結するとは言い切れませんが、それでもGIに出るためにも賞金を加算しておきたいのはどの陣営も思うところでしょうね。
今年はどの馬が勝つのか。

それでは、データを参考にファルコンSをひも解いていきましょう。

過去5年のデータ

※新装した中京競馬場で2012年より行われるようになった過去5年を参照いたします。

1番人気 (1-0-0-4)
2番人気 (2-0-0-3)
3番人気 (0-2-1-2)
4番人気 (1-1-0-3)
5番人気 (0-0-2-3)
6番人気 (1-2-2-60)
以下

1番人気1勝、2番人気2勝も2桁人気馬が4頭も絡んでいて、かなり荒れる印象のレースとなっていますね。
データからも人気に関係なく好走馬が出ていることがわかると思います。
このことからも、今年も非常に難しいレースになることが予想されますね。

◆所属別

美浦(2-1-1-25)
栗東(3-4-4-50)

東西ほぼ互角の成績となっていて、特にどちらが優勢になっているとも言えなさそうですね。

◆枠番別

1枠(2-0-1-7)
2枠(0-1-1-8)
3枠(1-1-0-8)
4枠(0-2-1-7)
5枠(0-0-1-9)
6枠(0-0-0-10)
7枠(2-1-0-12)
8枠(0-0-1-14)

◆馬番別

1番 (1-0-1-3)
2番 (1-0-0-4)
3番 (0-1-0-4)
4番 (0-0-1-4)
5番 (1-0-0-4)
6番 (0-1-0-4)
7番 (0-0-0-5)
8番 (0-2-1-2)
9番 (0-0-1-4)
10番(0-0-0-5)
11番(0-0-0-5)
12番(0-0-0-5)
13番(1-0-0-4)
14番(0-0-0-5)
15番(0-0-1-4)
16番(0-0-0-5)

この中京競馬場の3コーナーは外に膨らんだ特殊なコース形態となっているのが特徴です。
そのため、外枠が圧倒的に有利となっていますね。
そして、ポイントなのが410mの長い直線はもちろんですが、中山競馬場と同じくらいの急坂をいかにクリアするかがカギとなるでしょう。
ただ、坂を越えると1ハロン近く平坦があるので、この坂を上手く乗り切ると先行馬でもなかなか止まらないことがあるのは覚えておいてくださいね。

◆前走別

重賞(2-3-3-21)
OP特別(3-3-2-13)
条件戦(1-2-2-27)
新馬・未勝利(0-0-0-5)

新馬・未勝利組は割り引きが必要でしょう。
他は特に大きな差はないでしょうね。
前走で大きく大敗していた馬の巻き返しも多く、適性やその日の調子を見極めることが大きなカギとなってきそうです。

◆間隔別

連闘(0-0-0-0)
2週 (0-0-0-4)
3週 (2-1-3-20)
4週 (0-1-0-9)
5週~9週(3-1-0-26)
10週以上(0-2-2-16)

中3週もしくは中5週から中9週が好成績となっていますね。
特にアーリントンCからの転戦馬(ジョーストリクトリ)となる中3週の馬は要注意でしょう。
※今週はボンセルヴィーソ、ラニカイサンデー、ジョーストリクトリの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(14-21-16-93)
アドマイヤムーン(12-5-5-72)
ダイワメジャー(11-10-12-90)
マンハッタンカフェ(9-6-7-52)
クロフネ(7-1-4-51)
スペシャルウィーク(6-6-4-36)
ハーツクライ(6-6-3-51)
サクラバクシンオー(6-5-0-52)
ステイゴールド(6-0-3-61)
アグネスタキオン(5-7-4-41)

過去5年の中京芝1400mの成績になります。
過去を見るとこれといった傾向を掴めないのが正直なところです。
その中で出走馬の中では上位成績となるダイワメジャー産駒のボンセルヴィーソには期待のかかるところ。
ほかでは、アドマイヤムーン産駒こそいませんが、同じエンドスウィープを父に持つプリサイスエンド産駒のマンカストラップは要注意でしょう。

◆騎手別

福永祐一(13-6-1-31)
浜中俊(11-3-8-40)
松山弘平(8-11-12-85)
川田将雅(8-5-6-23)
小牧太(7-3-3-46)
高倉稜(6-5-5-68)
勝浦正樹(6-4-2-38)
M.デム(6-3-1-14)
北村友一(5-8-3-55)
中井裕二(5-8-2-68)

過去5年の中京芝1400mの成績になります。
成績上位騎手で騎乗がありそうなのは松山弘平騎手(ボンセルヴィーソ)だけとなっていますが、北村友一騎手(ラニカイサンデー)も悪くはありませんね。
あとランクインこそしていませんが、矢作厩舎に乗るときの中谷騎手(ナイトバレット)は決して侮れません。

まとめ

過去、このレースを勝って本番でも好走した馬っていましたっけ…。
詳しいデータはNHKマイルCのときにお伝えするとして、それくらいこのレースの勝ち馬が本番でも結果を出した馬というのは記憶にないんですよね。
ただ、各陣営としてはここで賞金を加算しないことには本番に間に合わないですからここはなんとしても2着以上が欲しいところでしょう。
はたしてどんなレースになるのか。楽しみなレースになることは間違いないでしょう。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

オッズテクニカル 馬券マスター・オッズマスターに聞いたオッズと上手に付き合う方法

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , , ,