フィリーズR(G3・阪神芝1400m)攻略【2017】

フィリーズレビューの主な有力馬

フィリーズレビュー攻略(2017)

アカカ 牝3(栗・音無)
アズールムーン  牝3(美・斎藤)
カラクレナイ  牝3(栗・松下)
ジューヌエコール 牝3(栗・安田隆)
レーヌミノル 牝3(栗・本田)

先週のチューリップ賞は、2歳女王ソウルスターリングが圧倒的な強さを見せつけて勝利しましたね。
今週は阪神JF3着のレーヌミノルが登場します。
前走のクイーンCは4着でしたが、1ハロン短縮になるはプラスになるでしょうね。
メンバー的にも桜花賞に向けて、ここは負けられないところですね。
どんなレースになるのか。注目しましょう。

それでは、データを参考にフィリーズRをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (3-2-0-5)
2番人気 (1-0-2-7)
3番人気 (2-1-0-7)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-0-3-7)
6番人気 (4-6-4-100)
以下

上位1、2、3番人気が6勝していますが、6番人気以下が4勝2着6回3着4回と伏兵馬の好走も多数となっていますね。
さらには、二桁人気馬も5頭が馬券となっていて、6桁配当の10万馬券も多くなっています。
今年はレーヌミノルという人気馬がいますが、結果は果たして…。

◆枠番別

1枠(2-2-0-16)
2枠(2-0-3-15)
3枠(1-2-1-16)
4枠(2-0-1-17)
5枠(0-1-2-17)
6枠(2-1-0-17)
7枠(0-2-2-18)
8枠(1-2-1-18)

◆馬番別

1番 (1-2-0-7)
2番 (1-0-0-9)
3番 (0-0-2-8)
4番 (2-0-1-7)
5番 (1-1-0-8)
6番 (0-1-1-8)
7番 (1-0-1-8)
8番 (1-0-0-9)
9番 (0-1-1-8)
10番(0-0-1-9)
11番(1-0-0-9)
12番(1-1-0-8)
13番(0-1-1-8)
14番(0-1-1-8)
15番(0-2-0-8)
16番(0-0-1-9)
17番(1-0-0-1)
18番(0-0-0-2)

内回りコースで行われますが、最初のコーナーまでの距離は長く、枠順による有利不利もあまりありません。
ただ、コース的に、基本的には逃げ・先行馬が有利。ハイペースにはなりやすいものの、最後まで粘り切ってしまうことが多いのも特徴です。
データ的にも、内枠の逃げ・先行馬が圧倒的に有利なのは数字が示すとおりとなっています。

◆所属別

美浦(2-3-1-19)
栗東(8-7-9-114)

中心となるのは関西馬なのは間違いありません。
ただ、関東馬も数こそ多くはありませんが、好走馬多数で割合的には高くなっています。
今年はアズールムーンがスタンバイしていますが、人気的にも大変妙味がありそうですね。

◆前走別

重賞(5-4-4-44)
OP特別(2-2-3-29)
条件戦(3-4-3-47)
新馬・未勝利(0-0-0-13)

新馬・未勝利組は馬券になっていません。
重賞組、特に阪神JF組(ゴールドケープ、シルグーン、ジューヌエコール)の好走が多数となっていて、中心になることは確かでしょうね。
ただ、500万条件組(ベルカプリ)も負けてはいません。
こちらは勝っていることが条件となります。

◆間隔別

連闘(0-0-0-4)
2週 (0-0-1-9)
3週 (2-0-0-22)
4週 (0-1-1-21)
5週~9週(4-5-4-44)
10週以上(4-4-4-34)

順調に来ていることが条件でしょうね。
5週~25週くらいの馬が好成績となっています。
数は多くありませんが、半年以上の休み明けは割り引きが必要でしょう。
※ベルカプリ、レーヌミノル、シルグーンの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ダイワメジャー(17-14-12-127)
ディープインパクト(16-18-15-99)
マンハッタンカフェ(8-4-3-64)
サクラバクシンオー(8-3-6-48)
ハーツクライ(7-7-6-47)
ネオユニヴァース(7-2-8-52)
アドマイヤムーン(6-12-12-75)
フジキセキ(6-9-5-74)
キングカメハメハ(6-7-9-85)
シンボリクリスエス(6-5-5-49)

過去5年の阪神芝1400mの種牡馬成績になります。
スピードとパワーと必須とするダイワメジャー産駒(ベルカプリ、レーヌミノル)が好成績となっていますね。
ディープ産駒も先週カデナがようやく重賞を勝ちましたが、このレースはアンジュデジュールだけとなっています。
狙いところとして、ナスルーラ系(アズールムーン、フラウティスタ、ラーナアズーラ)とノーザンダンサー系(カラクラナイ、ジューヌエコール、ヤマカツグレース)も注意が必要でしょう。

◆騎手別

浜中俊(21-13-11-81)
福永祐一(19-16-9-50)
川田将雅(16-15-12-66)
岩田康誠(11-10-12-66)
M.デム(11-8-7-33)
小牧太(10-5-6-78)
池添謙一(10-3-9-58)
松山弘平(9-9-3-85)
和田竜二(9-8-4-102)
ルメール(8-2-3-20)

過去5年の阪神芝1400mの騎手成績になります。
浜中騎手(レーヌミノル)が、トップの成績で、安定感はナンバーワンでしょう。
もちろん成績2位の福永騎手(フラウティスタ)も見逃せませんね。
もしもこの馬が馬券に絡むようであれば、配当は一気に跳ね上がることでしょう。

まとめ

先週のチューリップ賞と比べるやや小粒の印象もありますが、レーヌミノルは阪神JFでも好走しましたし、ここで結果が出せないようであれば桜花賞でも厳しいでしょう。
仮にここで好走したとしても、本番ではチューリップ賞組が中心になるはず。
フラワーCも残ってはいますが、ソウルスターリングの走りはそれくらい強烈でした。
ただ、このレース自体は荒れやすく、馬券を買う側にとっては非常に妙味のあるレースではあります。
ぜひとも一攫千金を狙ってみたいものですね(笑)

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

京大式最強の馬券セミナー

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,