フェブラリーS(G1・東京ダ1600m)攻略【2018】

フェブラリーSの主な有力馬

フェブラリーステークス攻略【2018】

ケイティブレイブ  牡5(栗・目野)
ゴールドドリーム  牡5(栗・湯窪)
サンライズノヴァ 牡4(栗・音無)
テイエムジンソク 牡6(栗・木原)
ノンコノユメ  セン6(美・加藤征)

今年最初の中央G1レースはダートのグレード競走フェブラリーSになりますね。
このレースには昨年、中央ダートG1フェブラリーSとチャンピオンズCを制したゴールドドリームが連覇を目指して出走します。
また、チャンピオンズCで惜しくも2着に敗れたテイエムジンソクが雪辱に挑みます。
そして、古豪ノンコノユメは前走根岸Sで復活の勝利。
他にも、アウォーディー、ケイティブレイブ、サウンドトゥルー、ニシケンモノノフ、ベストウォーリア、ララベルなどの実績馬が多数。
2018年の幕開けを飾るフェブラリーSはどの馬がチャンピオンに輝くのか。

それでは、データを参考にレースをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (4-1-3-2)
2番人気 (2-1-2-5)
3番人気 (1-2-2-5)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-3-0-7)
6番人気 (3-2-2-102)
以下

1番人気は4勝2着1回3着1回と馬券を外したのは2回だけと好成績となっていますね。
また、2番人気2勝2着1回3着2回、3番人気1勝2着2回3着2回と上位人気はなかなか外せそうにありません。
二桁人気で馬券になったのは14年のコパノリッキーだけで、馬券になっているのは9番人気まで。
コパノリッキーこそ16番人気で波乱を演出しましたが、基本的には極端な穴狙いは禁物でしょうね。

◆枠順

1枠(1-0-1-18)
2枠(3-2-1-14)
3枠(0-1-2-17)
4枠(0-1-0-19)
5枠(0-2-4-13)
6枠(1-0-1-18)
7枠(2-3-0-15)
8枠(3-1-1-15)

◆馬番

1番 (0-0-0-10)
2番 (1-0-1-8)
3番 (1-2-0-7)
4番 (2-0-1-7)
5番 (0-0-1-9)
6番 (0-1-1-8)
7番 (0-1-0-9)
8番 (0-0-0-10)
9番 (0-1-0-9)
10番(0-1-4-4)
11番(0-0-1-9)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-0-8)
14番(1-2-0-7)
15番(2-1-0-7)
16番(1-0-1-8)

スタートして150mほど芝コースを横切るため、枠が外になればなるほど芝を走る距離が長くなっています。
その為、圧倒的に外枠が有利となっているのが特徴。
コーナーはスパイラルカーブでスピードは落ちにくく、ハイペースになりやすいのが特徴です。
ですから、ある程度の位置に付けられる先行馬とそれらを見ながら競馬のできる差し馬の成績が良くなっていますね。

◆年齢別

4歳(4-3-1-28)
5歳(4-2-4-17)
6歳(2-1-3-32)
7歳上(0-4-2-52)

ここ2年は4歳馬が勝利しているようにその勢いはあなどれませんね。
ただ今年は、サンライズノヴァただ1頭で古馬相手にどこまで迫れるか。
なお、好成績の5歳馬はケイティブレイブとゴールドドリームがスタンバイ。
前者は川崎記念を勝った勢いそのままに。
またゴールドドリームは連覇の期待がかかりますね。

◆所属別

美浦(0-2-1-23)
栗東(10-7-9-100)
地方(0-1-0-6)

関西馬が断然で、関東馬は1勝もしていません。
一昨年の2着馬ノンコノユメがその雪辱を狙っています。
また、昨年のJBCレディスクラシックで中央馬を破った大井のララベルはどこまでやれるでしょうかね。
同馬はこれが引退レース。
ぜひ頑張ってもらいたいものです。

◆前走別

G1(3-1-2-11)
G2(2-1-1-11)
G3(2-2-2-69)
OP特別(1-0-0-10)
条件戦(0-1-0-1)
地方(2-5-5-26)

前走は重賞を使っていた馬が中心。
今年は全頭が重賞を使っていた馬で、どのレースを上と見るのか。
その判断を間違えると痛い目にあうこととなりそうですね。
※今週はケイティブレイブ、テイエムジンソク、ノンコノユメの調子が良さそうですね。

◆種牡馬別

ゴールドアリュール(44-28-18-273)
クロフネ(28-16-22-21)
ゼンノロブロイ(23-23-23-176)
シンボリクリスエス(23-14-16-200)
キングカメハメハ(22-26-29-223)
ネオユニヴァース(18-14-15-172)
フジキセキ(13-10-10-92)
カネヒキリ(11-9-5-102)
パイロ(11-8-7-112)
Tapit(11-3-3-19)

過去5年の東京ダ1600mの種牡馬成績になります。
この条件はとにかくゴールドアリュール産駒(サンライズノヴァ、ゴールドドリーム、ララベル)が好成績となっていますね。
昨年のゴールドドリームやコパノリッキーの連覇など過去5年で3勝2着1回はさすがですね。
キンカメ産駒(レッツゴードンキ)はもちろんのこと、ボールドルーラーを持つナスルーラ系(ベストウォーリア、キングズガード、インカンテーション)の活躍も目立っています。

◆騎手別

戸崎圭太(53-37-34-202)
田辺裕信(40-24-34-233)
ルメール(35-18-12-54)
内田博幸(33-43-40-250)
横山典弘(27-22-20-158)
田中勝春(27-13-17-195)
北村宏司(25-31-19-233)
大野拓弥(24-29-22-220)
三浦皇成(22-16-14-171)
蛯名正義(21-26-28-198)

過去5年の東京ダ1600mの騎手成績になります。
戸崎騎手(サンライズノヴァ)と内田騎手(ノンコノユメ)は前走根岸Sの再現はあるのでしょうか。
また昨年から復帰している三浦皇成騎手は昨年の成績がほとんどないなかでのベスト10入り。
古豪インカンテーションはもう8歳ですがどこまでやれるのか楽しみですね。
また、先週の共同通信杯で10番人気のエイムアンドエンドを3着に導いたミナリク騎手(サウンドトゥルー)の手綱捌きにも注目します。

まとめ

昨年までダート路線を賑わせたコパノリッキーが引退し、今年は新しいニューヒーローは誕生するのでしょうか。
4歳馬の出走はサンライズノヴァだけなのは少し寂しい気もしますが、5歳馬・6歳馬の層が厚いのもまた事実。
正直、メンバーを見るとどの馬が勝ってもおかしくはない実績の持ち主ばかりです。
ただ、ここでゴールドドリームが連覇を達成するようであればゴールドドリームの実力を認めざるを得ないでしょう。
果たしてそれを阻止すべく馬は存在するのか。
はたまた古豪の復活はあるのか。
今からレースが楽しみで仕方ありませんね。
今年最初のG1レース。
週末を楽しみに待ちましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,