フラワーC(G3・中山芝1800m)攻略【2017】

フラワーカップの主な有力馬

フラワーカップ攻略(2017)

デアレガーロ 牝3(美・大竹)
ディーパワンサ 牝3(栗・松下)
ドロウアカード 牝3(栗・角田)
ハナレイムーン 牝3(美・堀)
ファンディーナ 牝3(栗・高野)

この中山開催の開幕週で行われた中山記念、先週の中山牝馬Sと今週のスプリングSとフラワーCは中山で行われる数少ない1800mの重賞競走となっています。
しかもそれが年間を通してこの時期に一気に行われるのですから、もう少しちらばすことはできなかったのですかね(笑)。
話は少しそれましたが、このフラワーCは桜花賞を目指す最後のチャンスとなります。
しかも、このレースには3歳牝馬最後の大物と謳われるあの馬も出走を予定しています。
果たしてどんなレースを見せてくれるのか。

それではいつものようにデータを参考にフラワーCをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気(4-3-1-2)
2番人気(1-1-3-5)
3番人気(2-1-0-7)
4番人気(0-2-0-8)
5番人気(1-0-0-9)
6番人気(1-4-5-99)
以下

2桁人気馬の激走もあって荒れるイメージもありますが、1、2、3番人気が揃って馬券圏外に敗れたことはありません。
1番人気は4勝2着3回3着1回と馬券にならなかったのは2回だけ。
穴馬を軽視することはできませんが、1番人気は信頼のおける人気馬と言えそうですね。

◆所属別

美浦(7-8-6-91)
栗東(3-3-3-39)

数では関東馬が結果を出していますが、割り合い的にはほぼ互角と言えるでしょうね。
今年の人気も東西で五分と五分。結果は果たして…。

◆枠順

1枠(2-0-0-15)
2枠(1-1-2-13)
3枠(2-1-0-15)
4枠(1-2-1-14)
5枠(1-1-4-12)
6枠(1-1-1-15)
7枠(1-2-0-15)
8枠(0-2-0-16)

◆馬番別

1番 (2-0-0-7)
2番 (0-0-0-9)
3番 (0-1-1-7)
4番 (2-0-1-6)
5番 (1-1-0-7)
6番 (0-0-1-8)
7番 (1-1-0-7)
8番 (0-1-0-8)
9番 (1-1-2-5)
10番(0-0-2-7)
11番(0-2-0-7)
12番(1-0-1-7)
13番(1-1-0-7)
14番(0-0-0-9)
15番(0-1-0-7)
16番(0-1-0-7)

中山記念、中山牝馬S、スプリングSと比べると外枠からでも結果は出ていますね。
ただ、基本的には内枠が有利となっているので、外枠に入った人気馬は疑ってかかったほうが良さそうですね。

◆前走別

重賞(2-4-1-32)
OP特別(0-1-0-5)
500万下(6-4-7-53)
新馬(1-0-0-14)
未勝利(1-3-1-24)

500万クラスからの参戦が大活躍していますね。6頭が勝利していますが、そのうち5頭が勝利しての参戦となっています。
重賞組はあまり結果が出ていないので、過剰な信頼は禁物でしょう。
※今週はサンティール、デアレガーロ、ファンディーナの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト (22-19-12-116)
キングカメハメハ (13-7-13-87)
ハーツクライ (11-6-9-82)
ネオユニヴァース (8-3-3-67)
ステイゴールド (6-12-7-78)
マンハッタンカフェ (6-12-6-53)
シンボリクリスエス (6-10-11-71)
ジャングルポケット (6-5-5-44)
アグネスタキオン (6-4-3-27)
メイショウサムソン (5-4-8-37)

過去5年の中山芝1800mの成績になります。。
今年はSS系とノーザンダンサー系の争いになりそう。
SS系断然なのは間違いありませんが、特殊な1800mということでパワーと機動力を兼ね備えている、マンハッタンカフェ産駒(デアレガーロ)、ハーツクライ産駒(トーホウアイレス)、ダイワメジャー産駒(ウインシャトレーヌ、ドロウアカード)が好走しています。
果たして…。

◆騎手別

戸崎圭太 (18-14-6-55)
北村宏司 (15-9-7-65)
田辺裕信 (10-10-10-75)
蛯名正義 (9-12-6-67)
松岡正海 (9-8-9-83)
石橋脩 (9-2-7-61)
柴田大知 (7-12-5-94)
横山典弘 (7-6-13-62)
田中勝春 (7-5-4-73)

過去5年の中山芝1800mの成績になります。
ディーパワンサに騎乗する内田博騎手はこの条件圏外という成績。
人気を集めるであろう同馬ですが、不安が残るデータとなっていますね。
逆に人気はありませんが、成績上位の田辺騎手が手綱を取るブライトムーンは、勝って勢いもありますので面白い存在になりそうです。

まとめ

ソウルスターリング、カラクレナイ、ライジングリーズンがそれぞれTRレースを制しました。
実績面からもソウルスターリングが桜の女王に近づいたと言っても過言ではないでしょうね。
しかし、冒頭にも"最後の大物"と書かせていただきましたが、このレースの内容次第ではファンディーナがソウルスターリングに待ったをかける存在になる可能性に秘めていると言えるでしょうね。
それくらい前走は強かったですからね。
果たして、どんな結果となるのか。3日間開催の最終日である月曜日までゆっくりと待ちたいと思います。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

黄金の旅路 人智を超えた馬・ステイゴールドの物語

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , , ,