フローラS(G2・芝2000m)攻略【2017】

フローラステークスの主な有力馬

フローラステークス攻略(2017)

アドマイヤローザ 牝3(栗・梅田)
ディーパワンサ 牝3(栗・松下)
フローレスマジック 牝3(美・木村)
ホウオウパフューム 牝3(美・奥村)
レッドミラベル 牝3(美・尾関)

桜花賞を勝ったレーヌミノルがオークスに参戦することが決定しましたね。
桜花賞の上位馬達は、距離適性に疑問符があるだけに、このフローラSもオークスの前哨戦として重要なレースになるでしょう。
ここからどの馬がオークスへの切符を手にすることができるのか。

それでは、いつものようにデータを参考にフローラSをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (5-1-0-4)
2番人気 (2-3-1-4)
3番人気 (1-1-3-5)
4番人気 (1-2-1-6)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (1-3-5-115)
以下

1番人気は5勝。
2着も上位人気で7回。
3着も上位人気で過半数を占めています。
牝馬のレースで荒れる印象もありますが、比較的上位人気での決着が多くなっていますね。
ただ、二桁人気の激走もあって、穴馬も抑えておいて損はないでしょう。

◆所属別
美浦(6-6-6-79)
栗東(4-4-4-65)

関東、関西ほぼ互角の成績となっていますね。
今年も上位人気は東西半々ずつとなっていて、互角の勝負になりそうですね。

◆枠順

1枠(2-1-1-16)
2枠(0-2-0-18)
3枠(2-3-4-10)
4枠(2-0-0-18)
5枠(0-2-1-17)
6枠(1-2-0-17)
7枠(0-0-3-23)
8枠(3-0-1-25)

◆馬番

1番 (0-1-1-8)
2番 (2-0-0-8)
3番 (0-1-0-9)
4番 (0-1-0-9)
5番 (1-2-2-5)
6番 (1-1-2-5)
7番 (0-0-0-10)
8番 (2-0-0-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-2-1-7)
11番(0-1-0-9)
12番(1-1-0-8)
13番(0-0-0-10)
14番(0-0-2-8)
15番(1-0-1-8)
16番(1-0-0-9)
17番(0-0-1-8)
18番(1-0-0-5)

1コーナーの奥にあるポケットからスタートとなる変則的なコース形態となっています。
すぐに2コーナーに入っていくため、外々を回されてしまう外枠は圧倒的に不利となっています。
ただ、データを見る限りでは、外枠からも勝ち馬は出ているので、必ずしもマイナスにあんるわけではありません。
ただ、トータルでは真ん中から内が好成績となっているので、内枠の穴馬が大駆けするなんてことがあっても驚けませんね。

◆前走別

重賞(3-4-3-45)
OP特別(1-0-0-17)
500万下(4-6-5-53)
未勝利(2-0-2-25)
新馬(0-0-0-4)

重賞組ならフラワーC(ディーパワンサ)が好成績です。
ただ、それ以上なのが500万条件からの馬。
関東ならミモザ賞。
関西なら君子蘭賞が好成績です。
ただ、ミモザ賞を勝ったルヴォワールは外傷で秋まで休養。
君子蘭賞も勝ったカワキタエンカは桜花賞で7着。
2着のヤマカツグレースが登録していますがはたして…。

◆間隔別

連闘(0-0-0-0)
2週 (0-0-1-19)
3週 (1-1-0-11)
4週 (2-5-2-42)
5週~9週(6-3-5-53)
10週以上(1-1-2-19)

休み明けも問題はなさそうですね。特に好成績なのが中5週から中9週の馬。ただ、中3、4週でも結果は出ているので、特に気にする必要はなさそうですね。
※今週はアドマイヤローザ、ディーパワンサ、タガノアスワドの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(33-30-21-133)
ステイゴールド(18-19-12-158)
キングカメハメハ(15-17-9-100)
ハーツクライ(12-18-15-94)
ゼンノロブロイ(9-8-4-73)
マンハッタンカフェ(8-9-6-77)
ネオユニヴァース(7-5-5-65)
ダイワメジャー(6-7-6-40)
ジャングルポケット(6-6-4-56)
メイショウサムソン(6-3-1-37)

過去5年の東京芝2000mの種牡馬成績になります。
中心はディープ産駒(フローレスマジック、ブラックスビーチ)でしょう。
他では過去結果の出ているマンハッタンカフェ(キャナルストリート)、ハーツクライ(レッドコルディス)、ステイゴールド(レッドミラベル)、ネオユニヴァース(タガノアスワド)の産駒を狙ってみたいですね。

◆騎手別

戸崎圭太(19-23-12-56)
蛯名正義(18-11-18-88)
内田博幸(15-13-9-80)
田辺裕信(12-8-11-88)
ムーア(10-3-2-14)
ルメール(9-10-6-17)
福永祐一(9-6-10-26)
北村宏司(8-15-12-84)
ウィリアムズ(7-0-1-14)
柴田大知(6-13-9-91)

過去5年の東京芝2000mの騎手成績になります。
不振の蛯名騎手(キャナルストリート)の取捨がキーになりそうですね。
ただ、人気はなさそうなので過度の期待は??
あとはやはりランクインしている戸崎騎手(フローレスマジック)、内田騎手(ディーパワンサ)、田辺騎手(ホウオウパフューム)は上位争いでしょう。

まとめ

このフローラSは開幕週の馬場で行われるだけに、馬場の傾向を読み取ることも重要と言えるでしょう。
それだけに、土曜日の芝レースの結果をしっかりと見ておくことが的中への近道になるはずです。
ただし、それと同じくらい重要なのが上記に挙げたデータであることも確かです。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

京大式最強の馬券セミナー [ 久保和功 ]

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,