フローラS(G2・芝2000m)攻略【2018】

フローラSの主な有力馬

フローラS攻略【2018】

オハナ 牝3(美・堀)
サトノワルキューレ 牝3(栗・角居)
サラキア 牝3(栗・池添学)
ノームコア  牝3(美・萩原)
レッドベルローズ 牝3(美・鹿戸)

桜花賞と皐月賞も終わって今年は昨年の新種牡馬の産駒が大活躍していますね。
桜花賞馬アーモンドアイはロードカナロア産駒。
皐月賞馬エポカドーロはオルフェーヴル産駒。
距離が2400mに伸びるオークス、ダービーではどのような結果が待っているのでしょうか。
例年クラシックを賑わせているディープインパクト産駒もこのまま黙ってはいないでしょうね。
さて、今週のオークスTRフローラSにはそのディープ産駒が多数出走を予定しています。
果たしてどの馬がオークスの出走権を獲得するのか。

それでは、いつものようにデータを参考にフローラSをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (4-1-0-5)
2番人気 (2-3-2-3)
3番人気 (1-1-2-6)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (2-4-5-114)
以下

1番人気は4勝2着1回。
2番人気も2勝2着3回3着2回。
比較的上位人気は好走している印象がありますね。
ただし、14年3連単108万馬券、11年3連単113万馬券と二桁人気馬が激走していて牝馬のレースらしく高配当の結果となっています。
今年はどんな結果になるのでしょう…。

◆所属別
美浦(6-5-6-78)
栗東(4-5-4-67)

やや関東馬が優勢となっていますが、東西ほぼ互角の成績となっていますね。
今年も上位人気は東西半々ずつで、どちらが勝ってもおかしくはありません。

◆枠順

1枠(2-1-1-16)
2枠(0-1-0-19)
3枠(2-3-4-10)
4枠(2-1-0-17)
5枠(0-2-0-18)
6枠(1-2-0-17)
7枠(0-0-4-23)
8枠(3-0-1-25)

◆馬番

1番 (1-1-1-7)
2番 (1-0-0-9)
3番 (0-0-0-10)
4番 (0-1-0-9)
5番 (1-2-2-5)
6番 (1-1-2-5)
7番 (0-1-0-9)
8番 (2-0-0-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-2-0-8)
11番(0-1-0-9)
12番(1-1-0-8)
13番(0-0-0-10)
14番(0-0-3-7)
15番(1-0-1-8)
16番(1-0-0-9)
17番(0-0-1-8)
18番(1-0-0-6)

1コーナーの奥にあるポケットからスタートとなる変則的なコース形態となっています。
すぐに2コーナーに入っていくため、外々を回されてしまう外枠は圧倒的に不利となっています。
ただ、データを見る限りでは、外枠からも勝ち馬は出ているので、必ずしもマイナスになるわけではなさそうですね。
トータルでは真ん中から内が好成績となっているので、内枠の穴馬の激走があってもなんら驚けませんね。

◆前走別

G1(0-0-0-3)
G2(0-0-0-3)
G3(3-4-3-35)
OP特別(1-0-0-18)
500万下(4-6-5-55)
未勝利(2-0-2-27)
新馬(0-0-0-4)

重賞組はフラワーC(ウスベニノキミ、ノーブルカリナン、ノームコア)が好成績となっています。
ただ、それ以上に好成績なのが500万条件組となっています。
関東ならミモザ賞(レッドベルローズ)。
関西なら君子蘭賞(ガールズバンド、センテリュオ)が好成績となっていますね。
※今週はパイオニアバイオ、ヴェロニカグレース、オハナの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(30-32-22-155)
ステイゴールド(26-17-19-171)
キングカメハメハ(17-16-8-94)
ハーツクライ(12-20-14-108)
ゼンノロブロイ(10-4-3-68)
マンハッタンカフェ(9-7-6-66)
ハービンジャー(8-6-7-45)
メイショウサムソン(7-2-1-37)
ネオユニヴァース(6-4-3-61)
ジャングルポケット(5-5-4-52)

過去5年の東京芝2000mの種牡馬成績になります。
最近重賞で結果の出ていないディープ産駒(ガールズバンド、ノーブルカリナン、オハナ、サトノワルキューレ、サラキア、センテリュオ)はここらでなんとかしたいところでしょうね。
また昨年のモズカッチャン同様にハービンジャー産駒(ノームコア、ヴェロニカグレース)は今年も要注意ですね。

◆騎手別

戸崎圭太(24-29-16-67)
ルメール(17-15-11-22)
内田博幸(15-12-11-85)
田辺裕信(14-7-11-85)
蛯名正義(11-12-15-83)
福永祐一(10-6-8-22)
柴田大知(8-12-9-96)
北村宏司(8-11-10-83)
横山典弘(6-9-10-56)
デムーロ(6-6-6-18)

過去5年の東京芝2000mの騎手成績になります。
先週皐月賞を制して勢いのある戸崎騎手は日曜日は福島で騎乗。
ルメール騎手も阪神で成績上位は内田騎手(ウスベニノキミ)がトップの成績となります。
他には田辺騎手(デュッセルドルフ)、柴田大知騎手(ヴェロニカグレース)、北村宏司騎手(レーツェル)、横山典弘騎手(アストラサンタン)、デムーロ騎手(サトノワレキューレ)が争います。
その中で、伏兵馬に騎乗予定の内田博騎手と田辺騎手に注目です。

まとめ

昨年も13番人気のモズカッチャンが勝利したように、このフローラSは荒れるレースとしても穴党ファンの方々にとっては魅力的なレースでもありますね。
毎年のように二桁人気の伏兵馬が激走。
ただし、それだけ当てるのが難しくもあります。
3歳牝馬、乙女だけに気まぐれなんでしょうね。
乙女心と空模様とはよく言ったものです(笑)。
今年も波乱は起こるのでしょうか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

      2018/04/19

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,