プロキオンS(G3・中京ダ1400m)攻略【2018】

プロキオンSの主な有力馬

プロキオンS攻略【2018】

インカンテーション 牡8(栗・羽月)
キングズガード 牡7(栗・寺島)
サクセスエナジー 牡4(栗・北出)
ドリームキラリ 牡6(栗・矢作)
マテラスカイ 牡4(栗・森)

今週の中京競馬場ではプロキオンSが行われますね。
昨年の勝ち馬キングズガードの連覇はあるのか。
また、古豪インカンテーション、ブライトラインはどこまでやれるのか。
そして、地方交流重賞を勝って勢い十分のサクセスエナジーとドバイ帰りの復帰初戦を勝って勢いに乗るマテラスカイ、等、なかなか面白いメンバーが揃った一戦となっていますね。
果たしてどんなレースとなるのか。

それでは、データを参考にプロキオンSをひも解いていきましょう。

プロキオンS

過去6年のデータ

※成績は中京に変わってからの6年を参照しています。

人気別
1番人気 (2-1-2-1)
2番人気 (1-2-1-2)
3番人気 (0-1-0-5)
4番人気 (1-1-0-4)
5番人気 (1-1-0-4)
6番人気 (1-0-3-60)
以下

1番人気が馬券圏外となったのは15年のレッドアルヴィスだけで、毎年のように馬券に絡んでいますね。
基本的には上位人気馬で決着していますが、稀に二桁人気馬の劇走もあることを忘れてはならないでしょう。
ただし、極端な穴狙いは禁物です。

◆年齢別

3歳 (0-0-0-2)
4歳 (2-1-0-11)
5歳 (1-3-2-13)
6歳 (3-1-0-15)
7歳上(0-1-4-35)

勝利数では6歳馬(ダノングッド、ドリームキラリ、ブラゾンドゥリス)。
複勝率では5歳馬(ウインムート、ドライヴナイト、ナムラミラクル、ルグランフリソン)が好成績となっていますね。

◆所属別

美浦(2-0-0-9)
栗東(4-6-6-2-62)
地方(0-0-0-5)

関西馬が有利でしょう。
関東馬で勝ったのは天馬厩舎の馬だけ。
新進気鋭の奥村厩舎ドライヴナイトはどうでしょうか。

◆性別

牡・セ(5-5-6-70)
牝  (1-1-0-6)

夏は牝馬と言いますが牝馬の出走自体が少なく、今年も牝馬の出走はありませんね。

◆枠番別

1枠 (1-1-2-6)
2枠 (0-1-0-11)
3枠 (3-1-0-8)
4枠 (0-0-0-12)
5枠 (0-1-2-9)
6枠 (0-1-0-11)
7枠 (1-1-1-9)
8枠 (1-0-1-10)

◆馬番別
1番 (0-1-2-3)
2番 (1-0-0-5)
3番 (0-1-0-5)
4番 (0-0-0-6)
5番 (1-0-0-5)
6番 (2-1-0-3)
7番 (0-0-0-6)
8番 (0-1-0-5)
9番 (0-0-2-4)
10番(0-1-0-5)
11番(0-0-0-6)
12番(1-0-0-5)
13番(0-0-0-6)
14番(1-1-1-2)
15番(0-0-0-6)
16番(0-0-0-4)

圧倒的に内枠が好成績となっていますね。
断然有利なのは間違いないでしょう。
なぜなら、改修後の変更でスタートしてからの200mを芝で走れるようになったことが大きく影響しているのでしょう。
今年もロスなく芝を走れる内枠に入った馬は要注意と言えそうですね。

◆前走データ

G1(0-0-0-4)
G2(0-0-0-3)
G3(0-0-0-8)
OP特別(4-3-6-34)
条件戦(0-0-0-10)
地方(2-2-0-17)
海外(0-1-0-0)

重賞組よりもOP特別組(ウインムート、ダノングッド、ドライヴナイト、ドリームキラリ、ブラゾンドゥリス 、ルグランフリソン)が好成績となっていますね。
ついで地方出走組(インカンテーション、キングズガード、サクセスエナジー)。
条件戦(ナムラミラクル、マテラスカイ)組で馬券になった馬はまだいませんね。
いきなりの重賞挑戦は割り引きが必要でしょう。
※今週はナムラミラクル、ウインムート、ブラゾンドゥリスの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ゴールドアリュール(13-15-13-99)
ダイワメジャー(12-7-10-79)
クロフネ(10-12-11-85)
サウスヴィグラス(7-10-4-54)
プリサイスエンド(6-9-3-36)
キングカメハメハ(6-7-5-90)
ネオユニヴァース(6-6-5-60)
シニスターミニスター(6-1-5-28)
ヴァーミリアン(5-6-0-26)
シンボリクリスエス(5-2-6-67)

過去5年の中京ダ1400mの成績になります。
過去好走しているのはナスーラ系(インカンテーション、キングズガード、ドライヴナイト)とSS系(ウインムート、サクセスエナジー、ナムラミラクル、ブライトライン)となっていますね。
また、中京と相性の良いノーザンダンサー系でヴァイスリージェントの血を持つ馬(サイスターリーレッド、ブラゾンドゥリス)は見逃せませんね。

◆騎手別

藤岡康太(15-12-8-64)
松山弘平(13-10-10-80)
福永祐一(12-4-5-33)
幸英明(9-7-8-74)
デムーロ(8-6-5-17)
秋山真一(7-3-4-28)
戸崎圭太(7-2-3-15)
菱田裕二(6-7-4-50)
浜中俊(6-4-5-27)
和田竜二(6-3-6-48)

過去5年の中京ダ1400mの成績になります。
ローカル開催らしく藤岡康太騎手と松山弘平騎手(サクセスエナジー)が成績上位となっています。
先週のラジオNIKKEI賞を勝った松山騎手には2週連続の重賞制覇の期待がかかりますね。
また、福永騎手(ルグランフリソン)、幸騎手(ブライトライン)、デムーロ騎手(ドリームキラリ)、浜中騎手(ドライヴナイト)、和田騎手(ウインムート)ら実績のある騎手達が騎乗する伏兵馬の走りにも注目ですね。

まとめ

昨年の記事を見て思い出したのですが、昨年のカフジテイクもドバイ帰りでプロキオンSに出走していたんですね。
同馬は1番人気に支持されたものの2着惜敗。
その後も惜しいレースは続くものの勝てずに、今年の根岸S後に左前脚繋靱帯炎を発症して休養に入ってしまっています。
よく言われるのが海外遠征の難しさ。
遠征が直接の原因とは思いませんが、なかなか思うような走りが出来なくなっていたのも、遠征の疲れからか体調が戻りきっていなかったのが原因かもしれませんね。
なお、今年はマテラスカイがドバイ帰りの花のみちSを快勝してプロキオンSに参戦予定。
同馬には元気な走りを見せてもらい、ぜひ良い結果を期待したいものですね。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,