マイラーズC(G2・京都芝1600m)攻略【2018】

マイラーズCの主な有力馬

マイラーズカップ攻略【2018】

エアスピネル 牡5(栗・笹田)
サングレーザー 牡4(栗・浅見)
モズアスコット 牡4(栗・矢作)
ヤングマンパワー 牡6(美・手塚)
ロジクライ  牡4(栗・須貝)

今週は、先週までの阪神から京都に開催が移って安田記念の前哨戦マイラーズCが行われます。
注目は昨年このレース2着したエアスピネルでしょうね。
一昨年、昨年とG1では惜しいレースが続いているだけに今年こそはの想いが陣営にはあることでしょう。
対するはサングレーザー、モズアスコット、ロジクライの4歳勢。
果たしてどういったレースとなるのか。

それでは、データを参考にマイラーズCをひも解いていきます。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (2-2-2-4)
2番人気 (1-0-1-8)
3番人気 (4-1-2-3)
4番人気 (0-0-0-10)
5番人気 (1-2-1-6)
6番人気 (2-5-4-95)
以下

3番人気馬が4勝2着1回3着2回と好成績となっていますね。
1番人気も2勝2着2回3着2回と悪くはありませんが、逆に2番人気と4番人気が不振となっていますね。
この流れで行くと奇数人気の馬から馬券を買えば当たるのではないでしょうか(笑)。

◆年齢別

4歳 (2-5-1-39)
5歳 (3-2-6-28)
6歳 (3-1-2-29)
7歳上(2-2-1-31)

4歳馬(カデナ、サングレーザー、モズアスコット)は2着5回。
5歳馬(エアスピネル、ロジクライ)は3着6回と両世代の馬が3着に入る確率はかなり高くなっていると言えるでしょうね。
今年の中心メンバーでありますし、どちらかの世代から勝ち馬が出そうですね。

◆枠順

1枠 (0-1-0-9)
2枠 (2-2-0-7)
3枠 (0-1-2-8)
4枠 (0-1-1-9)
5枠 (0-0-0-11)
6枠 (0-0-3-9)
7枠 (1-1-0-13)
8枠 (3-0-0-12)

◆馬番

1番 (0-1-0-5)
2番 (1-0-0-5)
3番 (0-1-0-5)
4番 (1-2-1-2)
5番 (0-1-0-5)
6番 (0-0-2-4)
7番 (0-0-1-5)
8番 (0-0-0-6)
9番 (0-0-0-6)
10番(0-0-0-6)
11番(1-0-0-5)
12番(0-0-2-3)
13番(0-0-0-5)
14番(0-1-0-4)
15番(1-0-0-4)
16番(0-0-0-4)
17番(2-0-0-1)
18番(0-0-0-3)

12年よりそれまで行われていた阪神から京都コースに変わっています。
その為、過去6年を参照しています。

外回りコースを使用し、474mの長い直線と1.8mのキツイ勾配の急坂が特徴となっています。
その為、差し・追い込みが有利となっていますね。
さらには、スタートして3コーナーまでの距離が長く、内外の有利不利はありません。
データ的にも特にどちらが有利で不利ということはなさそうですね。

◆所属別

美浦(1-0-2-27)
栗東(9-10-8-100)

昨年こそ関東馬のイスラボニータが勝ちましたが、それまではすべて関西馬が勝利しています。
今年も関西馬が優勢のレースとなりそうですね。

◆前走別

G1(1-0-0-17)
G2(3-2-2-15)
G3(1-5-7-56)
OP特別(3-3-0-30)
条件戦(0-0-0-8)
海外(2-0-1-1)

OP特別組(ロジクライ)も悪くはありませんが、中心は間違いなく重賞組になるでしょう。
メンバーを見ても実績上位馬の争いになりそうですね。
※今週はエアスピネル、モズアスコット、ヤングマンパワーの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(23-24-24-148)
キングカメハメハ(11-9-7-80)
ダイワメジャー(8-10-5-81)
アドマイヤムーン(8-5-3-26)
アグネスタキオン(5-6-4-33)
ネオユニヴァース(4-4-8-51)
ハーツクライ(4-2-6-47)
サクラバクシンオー(3-4-3-18)
ステイゴールド(3-3-3-39)
ゼンノロブロイ(3-3-3-34)

過去5年の京都芝1600m(外回り)の成績になります。
ディープ産駒断然の成績ですが、その中でも4歳馬のサングレーザーの走りに注目ですね。
また人気はなさそうですが、SS×ノーザンダンサー系のベルキャニオンと昨年の2、3着馬エアスピネルとヤングマンパワーはリピーター好走があっても驚けません。

◆騎手別

浜中俊(12-6-2-4)
川田将雅(12-5-5-44)
池添謙一(9-6-2-52)
福永祐一(7-11-10-32)
武豊(7-9-5-41)
和田竜二(7-4-13-61)
岩田康誠(6-10-9-49)
デムーロ(6-8-3-21)
ルメール(5-9-6-23)
松山弘平(4-4-4-50)

過去5年の京都芝1600m(外回り)の成績になります。
ランクインしている浜中騎手(ダッシングブレイズ)、川田騎手(ロジクライ)、福永騎手(サングレーザー)、武豊騎手(エアスピネル)の手綱さばきに注目ですね。
また、矢作調教師に
「阪急杯の2着は誤算」
と言わしめたモズアスコットがここでどんなレースをするのか、ルメール騎手の騎乗を要チェックでしょう。

まとめ

昨年のマイルCSを制したペルシアンアイトは産経大阪杯でも2着に好走して、今年のマイル戦線において一歩リードした存在となりましたね。
ただ、その産経大阪杯を制したスワーヴリチャードが安田記念に出走を表明。
中長距離路線の主役級の同馬が、マイル路線に殴り込みとなれば、今年の安田記念は非常におもしろくなること間違いないでしょうね。
中長距離で活躍してマイルG1も勝った馬で思い浮かぶのは女傑ウオッカ。
実力が問われる東京の2000mと1600mのG1を勝つのは本当に強い馬にしかできません。
もしも、スワーヴリチャードが安田記念も制することになれば、ウオッカ級の活躍が見込めると言っても過言ではないでしょう。
ただし、前述のペルシアンナイトや今週出走するエアスピネル、サングレーザーらも力があることは確か。
その安田記念前哨戦のマイラーズCでどんなレースを見せてくれるのか。
安田記念を占う意味でも今週末は必見です。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

      2018/04/25

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,