マーメイドS(G3・阪神芝2000m)攻略【2018】

マーメイドSの主な有力馬

マーメイドS攻略【2018】

エテルナミノル 牝5(栗・本田)
キンショーユキヒメ 牝5(栗・中村)
トーセンビクトリー 牝6(栗・角居)
ミリッサ 牝4(栗・石坂)
レイホーロマンス 牝5(栗・橋田)

春の女王決定戦ヴィクトリアマイルはジュールエポールが戴冠しました。
秋のエリザベス女王杯は距離も長くなりますし、3歳馬も加わって様相は一変することでしょう。
このマーメイドSは秋のエリザベス女王杯へと続く牝馬限定戦。
ハンデ戦ということもあって、エリザベス女王杯に直結するとは言い切れませんが、ここを勝って飛躍のキッカケにと考えている陣営も多いことでしょうね。
今年はどんなレースとなるのでしょうか。

それでは、データを参考にマーメイドSをひも解いていきましょう。

過去10のデータ

◆人気別

1番人気 (2-1-1-6)
2番人気 (1-1-2-6)
3番人気 (2-0-0-8)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-0-2-8)
6番人気 (5-7-4-75)
以下

1番人気は2勝と不振。
逆に、6番人気以下の伏兵馬が5勝2着7回3着4回と好成績。
波乱含みの一戦であることは間違いないでしょう。
昨年こそ落ち着いた配当となっていますが過去10年で3連単は10万馬券を越える配当が7回も出ていますからね。
今年も高配当の可能性は十分にありえるでしょうね。

◆枠番別

1枠(2-0-2-9)
2枠(0-1-1-11)
3枠(1-0-0-16)
4枠(0-3-2-13)
5枠(1-2-2-15)
6枠(2-1-1-16)
7枠(2-2-1-15)
8枠(2-1-1-16)

◆馬番別

1番 (1-0-2-7)
2番 (1-1-0-8)
3番 (1-0-1-8)
4番 (0-2-1-7)
5番 (0-0-1-9)
6番 (0-1-0-9)
7番 (1-1-2-7)
8番 (2-0-0-8)
9番 (1-0-1-8)
10番(1-1-0-8)
11番(0-0-0-10)
12番(1-2-0-7)
13番(1-1-1-5)
14番(1-1-0-5)
15番(0-0-0-3)
16番(0-0-1-2)

この阪神2000mのコース形態は06年の改装前となんら変わりがありませんね。
内回りコースで行われ、コーナーを4回も回る小回りコースとなっています。前半はスローペースになりやすく、後半勝負の上がりの競馬になりやすくなっているのが特徴です。
ただし、枠順による有利不利はなさそう。
データ的には揉まれにくく、スムーズに行ける真ん中あたりの枠が好成績となっていますね。

◆所属別
美浦(0-5-3-34)
栗東(10-5-7-77)

過去10年はすべて関西馬が勝利していますね。
今年も関東馬はフェイズベロシティとルミネイション、ワンブレスアウェイが出走を予定。
果たしてどこまでやれるでしょうか。

◆馬齢別

3歳 (0-0-0-3)
4歳 (2-1-4-30)
5歳 (7-6-4-55)
6歳 (1-3-1-18)
7歳上(0-0-1-5)

中心はデータからも5歳馬(アルジャンテ、エテルナミル、エマノン、キンショーユキヒメ、スティルウォーター、フェイズベロシティ、ミエノサクシード、ルネイション、レイホーロマンス、ワンブレスアウェイ)になるでしょうね

◆斤量別

50キロ以下(1-2-1-22)
51キロ  (0-1-0-15)
52キロ  (0-2-1-12)
53キロ  (6-2-3-22)
54キロ  (0-1-2-11)
55キロ  (2-1-1-14)
55.5キロ (0-0-0-1)
56キロ  (1-1-1-13)
56.5キロ (0-0-1-0)
57キロ  (0-0-0-1)
57.5キロ (0-0-0-0)
58キロ以上(0-0-0-0)

50キロ以下(エマノン、スティルウォーター、ティーエスクライ、マユキ)の軽ハンデと53キロ(ミリッサ、ワンブレスアウェイ)が好成績となっていますね。
次いで55キロ(エテルナミル、キンショーユキヒメ)、56キロ(トーセンビクトリー)の順に好成績となっています。
軸にするのであれば、このあたりからとなりそうですね。

◆前走別

G1(0-1-3-22)
G2(1-0-2-8)
G3(1-2-0-18)
OP特別(3-2-1-13)
条件戦(5-5-4-50)

前走条件は特に気にする必要はないでしょうね。
むしろ実績馬だけでなく、前走条件戦からも十分勝負になることが言えそうです。
実績よりも勢いを状態の良さ、血統、コース適性を重視した方が良いでしょうね。
「夏場は実績よりも調子を重視」の格言が当てはまるレースと言えるでしょうね。
※ミエノサクシード、ワンブレスアウェイ、エマノンの追い切りが良かったですね。

◆種牡馬別

ディープインパクト(32-27-20-127)
キングカメハメハ(19-13-13-91)
ハーツクライ(13-21-14-90)
ステイゴールド(13-13-7-79)
ハービンジャー(10-11-17-60)
マンハッタンカフェ(7-12-14-67)
ゼンノロブロイ(6-3-8-49)
ネオユニヴァース(5-7-5-48)
ジャングルポケット(5-4-5-54)
メイショウサムソン(4-3-1-45)

過去5年の阪神芝2000mの種牡馬成績になります。
ディープ産駒の成績が良いのはもちろんですが、母系にグレイソヴリンの血を持つナスルーラ系(ミエノサクシード、ヴァフラーム)の好走は要注意でしょう。
また、母父サンデーサイレンス(キンショーユキヒメ、トーセンビクトリー、レイホーロマンス)も侮れませんね。
あとは、一昨年のこのレース勝ち馬リラヴァッティの半妹ミリッサの好走を期待したいですね。

◆騎手別

川田将雅(18-15-16-44)
デムーロ(17-9-3-33)
ルメール(17-8-2-26)
岩田康誠(11-11-9-50)
浜中俊(9-8-12-53)
武豊(8-13-6-49)
和田竜二(8-11-12-75)
福永祐一(7-9-7-61)
幸英明(6-6-6-86)
松若風馬(6-2-3-50)

過去5年の阪神芝2000mの騎手成績になります。
成績上位の川田騎手、デムーロ騎手、ルメール騎手が不在で岩田騎手(ミリッサ)がトップ成績となっています。
あとは重賞勝ち馬に騎乗する浜中騎手(トーセンビクトリー)、和田騎手(エテルナミル)の手綱さばきにも注目します。

まとめ

荒れるハンデ戦。
しかも牝馬限定戦ということもあって、毎年非常に難解な一戦となっていますね。
古くは、骨折休み明けのエアグルーヴが圧勝したのはもう21年も前になるんですね。
その7年後には愛娘アドマイヤグルーヴが勝って母子勝利。
さらにその8年後にはグルヴェイグが勝って姉妹制覇を達成しています。
ちなみにフェイズベロシティの3代母はエアグルーヴになります。
また、16年の勝ち馬リラヴァティの半妹ミリッサには血統的な相性の良さに注目ですね。
今年はどんな血のドラマが待っているのでしょうか。
馬券的配当妙味もありそうですし、どんなレースになるのか。
女の戦いに注目です。
それでは、週末のレースを楽しみに待ちたいと思います。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,