ユニコーンS(G3・東京ダ1600m)攻略【2017】

ユニコーンステークスの主な有力馬

ユニコーンステークス攻略(2017)

アディラート  牡3(栗・アディラート)
アンティノウス 牡3(美・国枝)
サヴィ  牡3(栗・中内田)
サンライズソア  牡3(栗・河内)
リエノテソーロ 牝3(美・武井)

なかなか中央3歳のダート路線が確立されてきませんが、このユニコーンSがひとつの目標となるでしょうね。
昨年はゴールドドリーム、一昨年はノンコノユメ。
過去には、ベストウォーリア、カネヒキリ、ユートピア、アグネスデジタル、ゴールドティアラ、ウイングアローと言った後のG1馬がこのレースを勝っています。
今年はどの馬がここから飛躍を遂げるのでしょうね。

それでは、データを参考にユニコーンSをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (5-2-0-2)
2番人気 (2-4-1-3)
3番人気 (3-1-3-3)
4番人気 (0-1-0-9)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (0-1-7-100)
以下

1番人気は5勝2着2回と、2番人気は2勝2着4回。
3番人気が3勝と勝ち馬は全て上位人気となっていますね。
しかも、二桁人気馬が馬券になったのは13年のケイアイレオーネだけと穴馬の出番はあまりないレースと言えます。
今年は例年になく混戦模様となりそうですが、上位人気からの馬券で、手堅く的中を手にしたいところでしょうね。

◆枠順

1枠(0-1-1-17)
2枠(1-0-2-17)
3枠(2-0-2-15)
4枠(1-3-0-16)
5枠(1-2-0-17)
6枠(4-0-1-15)
7枠(1-2-3-14)
8枠(0-2-2-16)

◆馬番

1番 (0-1-1-8)
2番 (0-0-0-10)
3番 (0-0-1-9)
4番 (1-0-2-7)
5番 (0-0-0-9)
6番 (3-0-1-6)
7番 (0-1-0-9)
8番 (0-2-0-8)
9番 (0-2-0-8)
10番(1-0-0-9)
11番(2-0-1-7)
12番(2-1-0-7)
13番(1-1-1-7)
14番(0-0-3-7)
15番(0-1-1-8)
16番(0-1-0-8)

スタートして150mほど芝コースを横切るため、枠が外になればなるほど芝を走る距離が長くなっています。
その為、圧倒的に外枠が有利となっているのが特徴です。
コーナーはスパイラルカーブでスピードは落ちにくく、ハイペースになりやすいのが特徴です。
ですから、ある程度の位置に付けられる先行馬とそれらを見ながら競馬のできる差し馬の成績が良くなっています。

◆所属別

美浦(3-3-5-63)
栗東(7-7-6-63)

関西馬が有利となっていますね。
ただ、関東馬で馬券になったのは人気馬だけなので、そのあたりは予想しやすいと言えそうですね。

◆性別

牡・セン(9-8-11-110)
牝馬 (1-2-0-17)

牡馬が圧倒的に有利ですが、牝馬で連対したのは全て人気馬となっていますね。
リエノテソーロにとってはプラス材料となりそうですが、牡馬相手にどこまでやれるでしょうか。

◆前走別

重賞(3-2-2-17)
OP特別(5-5-4-37)
条件戦(2-1-2-45)

好走条件は、前走勝ち負けしていることが大前提となっていますね。
大敗した馬の巻き返しは海外で走っていた馬と芝のレースに出走していた馬だけとなっています。
ただ、忘れてはならないのは、基本人気馬が好走しているレースだということを忘れないで下さいね。

◆間隔別

連闘(0-0-0-3)
2週 (3-0-1-14)
3週 (0-0-1-13)
4週 (0-2-2-29)
5週~9週(7-6-5-54)
10週~25週(0-2-2-14)

ローテーションは様々ですが、中2週、もしくは中5週から9週の馬が好成績となっています。
あまり極端な休み明けは割り引きが必要でしょうね。
※今週はハルクンノテソーロ、リヴェルディ、サンライズノヴァの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ゴールドアリュール(41-30-17-275)
クロフネ(25-16-21-227)
シンボリクリスエス(22-14-19-206)
キングカメハメハ(21-28-29-212)
ゼンノロブロイ(20-24-24-175)
ネオユニヴァース(20-13-15-173)
フジキセキ(15-10-15-117)
EmpireMaker(13-6-1-12)
プリサイスエンド(11-7-12-94)
ケイムホーム(11-7-8-62)

過去5年の東京ダ1600mの種牡馬成績になります。
このレースはSS系とミスプロ系が非常に相性の良いレースとなっています。
唯一馬券にならなかったのは13年だけ。
ゴールドアリュール(サンライズノヴァ)、シンボリクリスエス(サンライズソア)と東京ダート1600mで相性の良い馬は外せませんね。
あとはミスプロ系のルーラーシップ(アディラート、サヴィリエノテソーロ)も注目しています。

◆騎手別

戸崎圭太(39-27-29-173)
内田博幸(34-40-33-233)
横山典弘(34-27-20-166)
田辺裕信(31-22-30-237)
北村宏司(28-27-26-232)
田中勝春(27-14-18-221)
蛯名正義(25-29-35-210)
ルメール(23-10-10-30)
三浦皇成(21-19-18-207)
吉田豊(20-33-22-240)

過去5年の東京ダ1600mの騎手成績になります。
人気のリエノテソーロは吉田隼人騎手から大野騎手に乗り替わりとなります。
両騎手は同馬のオーナーの馬で主戦を務めているくらい騎乗が多くなっていますね。
この乗り替わりが何を意図するのかはわかりませんが、格段気にする必要はなさそうですね。
ただ、成績上位の戸崎騎手(サンライズノヴァ)、内田騎手(アディラート)、ルメール騎手(アンティノウス)、田辺騎手(ハクンノテソーロ)、横山典弘騎手(シゲルベンガルトラ)が騎乗する馬はいずれも上位に来れるだけの力のある馬ばかりとなっていますが果たして…。

まとめ

NHKマイルCで2着に好走したリエノテソーロは昨年の全日本2歳優駿の勝ち馬でダート適性は間違いありませんね。
ただ、このレース牝馬が勝ったのは過去3頭だけ。
実績面ではいずれの勝ち馬に劣らない同馬ですが、ここでどういった走りを見せてくれるのか注目ですね。
ここを勝つようであれば、今後の活躍がますます楽しみになるばかりです。
ただ、牡馬も黙ってはいないはず。
どの馬をここを勝って今後の飛躍を目論んでいるはずですからね。
はたしてどんなレースになるのか。
大井の東京ダービーやエピカリスが無念の除外となってしまったベルモントSに負けず劣らずのレースを見せてもらいましょう。

上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,