ユニコーンS(G3・東京ダ1600m)攻略【2018】

ユニコーンSの主な有力馬

ユニコーンS攻略【2018】

グリム  牡3(栗・野中)
グレートタイム 牡3(栗・藤原英)
ハーベストムーン 牡3(栗・浅見)
ルヴァンスレーヴ 牡3(美・萩原)
レピアーウィット 牝3(美・堀)

過去の勝ち馬を見るとここを勝ってG1馬まで上り詰めた馬が多数います。
16年ゴールドドリーム、15年ノンコノユメを始め13年ベストウォーリアの活躍は記憶に新しいところですね。
いわゆる出世レースと言えそう。
今年も素質馬が多数集結しました。
今年はどんなレースとなるのか。

それでは、データを参考にユニコーンSをひも解いていきましょう。

過去10のデータ

◆人気別

1番人気 (4-3-0-3)
2番人気 (3-3-1-3)
3番人気 (3-1-4-2)
4番人気 (0-1-0-9)
5番人気 (0-1-0-9)
6番人気 (0-1-6-102)
以下

1番人気は4勝2着3回。
2番人気3勝2着3回3着1回。
3番人気3勝2着1回3着4回と上位人気馬が非常に強いレースとなっているのが特徴ですね。
二桁人気馬が馬券になったのは13年のケイアイレオーネだけで、ここは手堅く上位人気馬から馬券を狙っていくのが良さそうですね。

◆枠順

1枠(0-2-1-16)
2枠(1-0-2-17)
3枠(1-0-2-17)
4枠(2-2-0-16)
5枠(1-2-0-17)
6枠(4-0-0-16)
7枠(1-2-3-14)
8枠(0-2-3-15)

◆馬番

1番 (0-1-1-8)
2番 (0-1-0-9)
3番 (0-0-1-9)
4番 (1-0-2-7)
5番 (0-0-0-10)
6番 (2-0-1-7)
7番 (0-1-0-9)
8番 (1-1-0-8)
9番 (0-2-0-8)
10番(1-0-0-9)
11番(2-0-0-8)
12番(2-1-0-7)
13番(1-1-1-7)
14番(0-0-3-7)
15番(0-1-2-7)
16番(0-1-0-8)

スタートして150mほど芝コースを横切るため、枠が外になればなるほど芝を走る距離が長くなっていますね。
その為、圧倒的に外枠が有利となっているのが特徴ですね。
コーナーはスパイラルカーブでスピードは落ちにくく、ハイペースになりやすいので、ある程度の位置に付けられる先行馬とそれらを見ながら競馬のできる差し馬の成績が良くなっていますね。

◆所属別

美浦(3-4-5-63)
栗東(7-6-6-64)

関西馬が有利となっていますね。
関東馬も頑張ってはいますが、関東馬で馬券になったのは人気馬だけとなっています。
今年はルヴァンスレーヴがどういった走りを見せてくれるのか注目ですね。

◆性別

牡・セ(9-8-11-107)
牝馬 (1-2-0-21)

牡馬が圧倒的に有利ですね。
今年も出走馬は牡馬だけとなっています。

◆前走別

G1(0-0-0-13)
G2(0-0-0-4)
G3(0-1-0-2)
OP特別(5-7-7-54)
条件戦(2-1-1-47)
地方(3-1-1-6)
海外(0-0-1-2)

前走で勝ち負けしていることが好走の条件ととなっていますね。
大敗した馬の巻き返しはほぼ皆無となっています。
端午S(バイラ)、青竜S(グリム)、鳳雛S(ハーベストムーン、グレートタイム、コマビショウ)、伏竜S(ルヴァンスレーヴ)で結果を出してきた馬を狙うのが良さそうですね。
※今週はコマビショウ、ハーベストムーン、ルヴァンスレーヴの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ゴールドアリュール(44-28-18-273)
クロフネ(28-16-22-21)
ゼンノロブロイ(23-23-23-176)
シンボリクリスエス(23-14-16-200)
キングカメハメハ(22-26-29-223)
ネオユニヴァース(18-14-15-172)
フジキセキ(13-10-10-92)
カネヒキリ(11-9-5-102)
パイロ(11-8-7-112)
Tapit(11-3-3-19)

過去5年の東京ダ1600mの種牡馬成績になります。
このレースはSS系とミスプロ系が非常に相性の良いレースとなっていますね。
過去2年はゴールドアリュール産駒(ホウショウナウ)が連覇中。
また、シンボリクリスエス産駒(ルヴァンスレーヴ)と人気はなさそうですがミスプロ系でモンテロッソ産駒のトキノパイレーツに注目しています。

◆騎手別

戸崎圭太(53-37-34-202)
田辺裕信(40-24-34-233)
ルメール(35-18-12-54)
内田博幸(33-43-40-250)
横山典弘(27-22-20-158)
田中勝春(27-13-17-195)
北村宏司(25-31-19-233)
大野拓弥(24-29-22-220)
三浦皇成(22-16-14-171)
蛯名正義(21-26-28-198)

過去5年の東京ダ1600mの騎手成績になります。
成績トップで先週エプソムCを勝った戸崎騎手はハーベストムーンに騎乗予定。
昨年はサンライズノヴァで勝っていて連覇がかかります。
どんな手綱さばきを見せてくれるのか。
注目しましょう。

まとめ

アメリカのクラシックレースではジャスティファイが41年ぶりに無敗の3冠馬に輝きましたね。
本場アメリカのダートは世界一と言っても過言ではないだけに、現状の世界一の3歳馬とも言えそうです。
また、芝とダートの違いこそあれ欧州では日本産馬でディープ産駒のサクソンウォーリアがイギリス2000ギニーに勝利。
さらにはスタディオブマンがフランスダービーを勝利し、欧州クラシックレースを日本の生産馬が制する活躍を見せています。
そのことからも確実に世界との差は縮まってきていると言えそうですね。
一昨年ラニアメリカ3冠レースを走破したようにアメリカでも日本産馬が勝ち負けするような時代が来る日も遠くはなさそうです。
そんな世界レベルに少しでも近づけるよう、ユニコーンSでも熱いレースを期待しましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,