ラジオNIKKEI賞(G3・福島芝1800m)攻略【2017】

ラジオNIKKEI賞の主な有力馬

ラジオNIKKEI賞攻略(2017)

ウインガナドル 牡3(美・上原)
クリアザトラック 牡3(栗・角居)
サトノクロニクル 牡3(栗・池江)
マイネルスフェーン 牡3(美・手塚)
ライジングリーズン 牡3(美・奥村)

世間ではサトノクロニクルが「遅れてきた大物」と言われて、かなり注目を集めているようですね。
ここまで5戦2勝2着3回と連対率は100%。
この結果を堅実とみるのか、詰めが甘いと見るかはわかれるところでしょう。
ただ、ここをトップハンデ57キロで勝つようであれば、今後の見通しはかなり明るいと言えます。
しかし、実績馬があっさりと負けた過去があるのもまた事実です。
今年はどんな結果になるのか。

それでは、データを参考にラジオNIKKEI賞をひも解いていきます。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (2-2-2-4)
2番人気 (3-1-1-5)
3番人気 (1-1-0-8)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (2-0-2-6)
6番人気 (2-5-4-96)
以下

1番人気2勝も2着2回3着2回と以前の荒れるイメージを考えればまずまずでしょうね。
しかも2番人気が3勝と上位人気は安定してそうです。
ただ、6番人気以下も2着5回3着4回で、そのうち二桁人気は5頭が馬券に絡んでいます。
相手如何によっては高配当の可能性も十分にありそうですね。

◆性別

牡・セン(10-9-9-113)
牝馬 (0-1-1-14)

牡馬断然ですが、牝馬で馬券になった2頭は前走GIで負けていた馬。
それでいうのであれば、ライジングリーズンは前走桜花賞8着で、その条件にピタリと当てはまります。

◆枠順

1枠(1-0-0-17)
2枠(2-3-3-10)
3枠(1-1-3-13)
4枠(0-2-0-16)
5枠(1-0-0-17)
6枠(1-2-0-15)
7枠(2-0-0-16)
8枠(1-1-3-13)

◆馬番

1番 (1-0-0-8)
2番 (0-0-0-9)
3番 (1-0-3-5)
4番 (1-3-0-5)
5番 (0-0-1-8)
6番 (1-1-2-5)
7番 (0-1-0-8)
8番 (0-1-0-8)
9番 (1-0-0-8)
10番(0-0-0-9)
11番(1-1-0-7)
12番(0-1-0-8)
13番(1-0-0-8)
14番(1-0-0-8)
15番(0-1-2-6)
16番(1-0-1-7)

4角と直線入り口が交差するポケットあたりからのスタートになりますね。
最初のコーナーまでが600mと非常に長く、特に枠順による有利不利はなさそうです。
しかし、成績は内枠が圧倒的に有利。
小回りで直線も短いですし、ロスのある外枠は割り引きが必要でしょうね。
逆に、ロスなく乗れる内枠に入った馬は積極的に狙ってみても良いでしょう。

◆斤量別

51キロ以下(0-0-0-10)
52キロ  (1-0-0-14)
53キロ  (1-2-3-37)
54キロ  (5-1-2-31)
55キロ  (1-5-3-14)
55.5キロ (0-0-0-0)
56キロ  (1-1-2-15)
56.5キロ (1-0-0-0)
57キロ以上(0-1-0-6)

好成績は54キロの馬(ニシノアップルパイ)ですね。
53キロ(ウインガナドルビービーガウディロードリベラル)と55キロ(ライジングリーズン)もまずまず。
逆に52キロ以下の軽量馬が不振となっています。56キロ以上でも馬券に絡んだ馬はいますが、今回サトノクロニクルがトップハンデで57キロですがはたして…。

◆前走別

重賞(2-2-4-39)
OP特別(2-6-3-24)
条件戦(6-2-3-63)

OP特別組は2勝も2着6回と惜しい結果が多くなっています。
特に白百合S組(サトノクロニクル)は0勝2着4回ですが、今回はどうでしょう。
ただ、好成績は条件戦組で特に条件戦を勝った馬(ウインガナドル、クリアザトラック、セダブリランテス)は、ここでも好走する下地が十分に出来上がっていると言えます。
前走プリンシパルSで好走したニシノアップルパイも悪くはありませんね。
※今週はウインガナドル、ニシノアップルパイ、バルベーラの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(17-8-13-63)
ステイゴールド(10-12-10-106)
ゼンノロブロイ(7-7-11-52)
マンハッタンカフェ(7-4-2-56)
キングカメハメハ(7-3-3-70)
ダイワメジャー(6-10-4-68)
マツリダゴッホ(6-3-1-28)
ハーツクライ(5-4-9-49)
スペシャルウィーク(5-3-1-28)
タニノギムレット(5-1-6-46)

過去5年の福島芝1800mの成績になります。
ディープ産駒(クリアザトラック)とステイゴールド産駒(マイネルスフェーン)が好成績となっていますね。
このレースに限ってもディープ産駒は2連勝中で、しかも過去5年で3勝。
基本的にはSS系が好成績を収めているのは忘れてはいけません。
あとは、あっと言わせる好走をときたま見せるナスルーラ系のビービーガウディも面白そうですね。

◆騎手別

吉田隼人(10-7-5-41)
柴田大知(8-11-7-53)
蛯名正義(8-6-3-45)
戸崎圭太(7-8-4-35)
松岡正海(7-5-3-31)
田辺裕信(7-4-6-47)
内田博幸(7-4-5-42)
丸田恭介(6-3-4-45)
勝浦正樹(5-9-1-27)
石橋脩(5-7-9-53)

過去5年の福島芝1800mの成績になります。
ローカルの鬼吉田隼人騎手(ロードリベラル)がトップで2位に柴田大知騎手(マイネルスフェーン)。ローカル開催は中央場所と違った騎手が活躍しているのを見るのもひとつの楽しみですね。
そういった点では、若手にも十分チャンスがありますし、丸田騎手(ライジングリーズン)や津村騎手(ウインガナドル)も決して侮れないでしょうね。

まとめ

残念ダービーと呼ばれたのが懐かしいレースでもありますが、今は少し様相が変わってきて、春悔しい想いをした馬達が秋の飛躍を狙って、挑戦するレースとなってきています。
今年で言えば、サトノクロニクルとクリアザトラック。
2戦無敗のセダブリランテスはここを勝って、G1に向かいたいところでしょう。
過去の好走馬にはストロングリターン、スクリーンヒーロー、ソングオブウインドのG1馬の名前も。
今年はどんなレースになるのか。
楽しみに週末を待ちたいと思います。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

競馬研究所2

   

 - 寝ないで考えたレース見解