ヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600m)攻略【2018】

ヴィクトリアマイルの主な有力馬

ヴィクトリアマイルC攻略【2018】

アエロリット 牝4(美・菊沢)
アドマイヤリード 牝5(栗・須貝)
ソウルスターリング 牝4(美・藤沢和)
ミスパンテール  牝4(栗・昆)
リスグラシュー  牝4(栗・矢作)

藤岡佑介騎手のG1初勝利で幕を閉じた先週のNHKマイルC。
今週は春の古馬女王決定戦ヴィクトリアマイルが行われますね。
今年は、昨年のこのレース勝ち馬アドマイヤリード、高松宮記念2着の古豪レッツゴードンキと昨年クラシックを賑わせた明け4歳馬の争いになりそうですね。
昨年の秋華賞馬ディアドラとエリザベス女王杯を勝ったモズカッチャンがいないのは残念ですが、果たしてどんなレースとなるのでしょうか。

それでは、データを参考にヴィクトリアマイルをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (3-3-0-4)
2番人気 (1-0-1-8)
3番人気 (0-1-2-7)
4番人気 (1-0-1-8)
5番人気 (2-0-1-7)
6番人気 (3-6-5-114)
以下

1番人気は現在7連敗中ですね。
最後に勝ったのは10年のブエナビスタ。
やはり牝馬のレースだけに、波乱含みな一戦であることは間違いないでしょうね。
昨年も6番人気→11番人気→7番人気の組み合わせで3連単は91万馬券。
今年はどうなることでしょうか…。

◆年齢別

4歳 (6-7-3-71)
5歳 (2-2-5-45)
6歳 (1-1-2-24)
7歳上(1-0-0-8)

4歳馬が断然ですね。
高齢で勝利したのはストレイトガールだけ。
明らかに割り引きが必要でしょうね。
ただし、上記ストレイトガールもそうですが、リピーターホースが多いのも特徴。
昨年勝ったアドマイヤリードはここで復活となるか。
注目しましょう。

◆所属別
美浦(2-2-3-60)
栗東(8-8-7-88)

関西馬優勢では間違いないでしょうね。
ただし、関東馬は昨年の桜花賞馬ソウルスターリングとNHKマイルC覇者アエロリットがいます。
両馬が関西馬に一矢報いることができるのか。
注目ですね。

◆枠順

1枠(0-2-5-13)
2枠(0-1-2-17)
3枠(4-0-0-16)
4枠(0-2-0-18)
5枠(0-3-1-16)
6枠(3-0-0-17)
7枠(2-1-1-24)
8枠(1-1-1-27)

◆馬番

1番 (0-0-4-6)
2番 (0-2-1-7)
3番 (0-0-1-9)
4番 (0-1-1-8)
5番 (2-0-0-8)
6番 (2-0-0-8)
7番 (0-1-0-9)
8番 (0-1-0-9)
9番 (0-1-0-9)
10番(0-2-1-7)
11番(1-0-0-9)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-0-8)
14番(1-0-0-9)
15番(0-0-1-9)
16番(1-1-0-8)
17番(0-0-0-10)
18番(0-0-1-7)

最初のコーナーまでが550m長く、枠順による有利不利はなさそうです。
ただ、条件的に真ん中から外枠にかけてが好成績。
さらには、東京のマイル戦は距離以上にスタミナを要し、タフさが求められるのが特徴。
決め手のある差し馬が有利なのも、3コーナーの下り坂が、息つく暇を与えてくれないのが要因なのでしょうね。
また逃げ馬は3頭が馬券に絡んでいますが、今年はカワキタエンカの取捨もカギを握りそうです。

◆前走別

G1(1-0-1-11)
G2(6-4-4-65)
G3(1-4-4-55)
OP特別(0-0-0-4)
条件戦(0-0-1-9)

重賞組が断然ですね。
特に、ここ最近は阪神神牝馬Sを使ってきた馬が好成績となっています。
今年はほとんどがこのレースをステップに。
中山記念のアエロリットや高松宮記念のレッツゴードンキがどこまでやれるか注目です。
中山記念はペルシアンナイト、ヴィルシーナがG1でも好走していますし、アエロリットも活躍が期待されます。
※今週はアドマイヤリード、リスグラシュー、レッツゴードンキの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(68-53-40-289)
ダイワメジャー(29-21-25-190)
ハーツクライ(23-14-8-162)
キングカメハメハ(17-20-12-177)
ステイゴールド(16-12-22-135)
クロフネ(12-8-4-65)
ネオユニヴァース(10-10-13-108)
シンボリクリスエス(9-10-11-101)
ハービンジャー(8-4-12-54)
メイショウサムソン(7-7-3-48)

過去5年の東京芝1600mの種牡馬成績になります。
この条件はパワーとスタミナを合わせ持つノーザンダンサー系を持つ馬が好成績となっていますね。
東京のマイルはタフさも求められますからスピードだけでは乗り越えられないのでしょう。
特に、SS系との組み合わせは好相性でカワキタエンカ、ジュールポレール、メイズオブオナー、レッドアヴァンセ、ワントゥワンが当てはまります。
特に、先週のNHKマイルCで穴をあけたレッドヴェイロンの半姉レッドアヴァンセは注目ですね。

◆騎手別

戸崎圭太(39-26-19-159)
ルメール(28-19-10-46)
北村宏司(26-23-18-160)
横山典弘(24-12-16-142)
三浦皇成(22-17-7-108)
蛯名正義(21-14-19-149)
内田博幸(20-18-17-172)
田辺裕信(14-20-30-151)
柴田善臣(12-11-10-136)
福永祐一(11-8-8-55)

過去5年の東京芝1600mの騎手成績になります。

成績トップの戸崎騎手はアエロリットに騎乗します。
またアエロリットに騎乗していた横山典弘騎手はミスパンテール。
この横山典弘騎手の選択が吉とでるのか凶とでるのか気になるとこであります。
先週騎乗停止で乗れなかった武豊騎手も今週は期する思いがあるはず。
競馬にたらればは禁句ですが、もしかしたら先週のケイアイノーティックも武豊騎手が乗れていれば勝っていたのかも…。
果たして今週はどの騎手が勝つのか。
注目です。

まとめ

昨年の当欄でも、桜花賞馬とオークス馬がいたら…なんてお話しをしていましたが、今年もドバイのレースを使ったディアドラとモズカッチャンは宝塚記念に出走予定となっていますね。
なかなか各世代のトップホースが一同に介するというのは難しいものです。
しかし、昨年の勝ち馬アドマイヤリードやレッツゴードンキ。
はたまた、昨年の桜花賞馬レーヌミノル、オークス馬ソウルスターリング、クラシック皆勤賞のリスグラシューや重賞連勝中のミスパンテールなどなど、春のナンバーワン牝馬を決めるに相応しいメンバーが揃ったといえるでしょうね。
ただし、毎年の結果を見ていると一筋縄で行かないのもまた事実です。
今年も波乱はあるのか。
日曜日のレースを今から楽しみにしたいと思います。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,