中京記念(G3・中京芝1600m)攻略【2018】

中京記念の主な有力馬

中京記念攻略【2018】

ウインガニオン 牡6(栗・西園)
グレーターロンドン 牡6(美・大竹)
スマートオーディン 牡5(栗・池江)
ブラックムーン 牡6(栗・西浦)
ロジクライ 牡5(栗・須貝)

毎年波乱含みの中京記念はサマーマイルシリーズの第一戦となりますね。
昨年はウインガニオンがこのレースを勝って関屋記念も2着。
みごとサマーマイルシリーズチャンピオンに輝きましたね。
ハッキリといって今年も混戦模様のサマーマイルシリーズ。
この中京記念もどんなレースとなるのか。

それでは、データを参考に中京記念をひも解いていきましょう。
※マイルで行われた過去6年を参照しています

過去6年のデータ

◆人気別

1番人気 (0-0-1-5)
2番人気 (0-1-0-5)
3番人気 (0-0-2-4)
4番人気 (0-0-1-5)
5番人気 (3-0-1-2)
6番人気 (3-5-1-57)
以下

過去6回のうち、4回は3連単20万越えの波乱となっていますね。
昨年ようやく1、2番人気が初めて馬券に絡みましたが、それまでは1、2番人気が揃って敗れる波乱の結果となっていました。
また、1番人気から4番人気までいまだに勝利がありません。
今年の結果はどうなることでしょうか…。

◆枠番別

1枠(1-1-0-10)
2枠(1-0-0-11)
3枠(1-1-1-9)
4枠(0-1-1-10)
5枠(0-0-2-10)
6枠(0-1-1-10)
7枠(1-1-0-0)
8枠(2-1-1-8)

◆馬番別

1番 (0-1-0-5)
2番 (1-0-0-5)
3番 (1-0-0-5)
4番 (0-0-0-6)
5番 (0-0-1-5)
6番 (1-1-0-4)
7番 (0-1-0-5)
8番 (0-0-1-5)
9番 (0-0-1-5)
10番(0-0-1-5)
11番(0-0-0-6)
12番(0-1-1-4)
13番(1-0-0-5)
14番(0-1-0-5)
15番(1-0-1-4)
16番(1-1-0-4)

1、2コーナー中間のポケットからのスタートとなります。
この条件は、3コーナーが外に膨らんだ形状になっている為、外枠の馬もロスなく走行できるのが特徴となっています。
その結果、内外による有利不利はあまりなく、直線も410mと長いうえに、直線半ばには中山競馬場と同等の急坂があってかなりタフなコースとなっていますね。
また、逃げ切りが決まりにくく、差し・追い込み馬の方が有利となっています。

◆年齢別

3歳 (0-0-0-3)
4歳 (0-0-2-5)
5歳 (4-4-1-34)
6歳 (2-1-3-20)
7歳上(0-1-0-16)

5歳(スマートオーディン、タイセイサミット、ミエノサクシード、リライアブルエース、ロジクライ、ロワアブソリュー、ワントゥワン)が好成績となっていますね。
次いで6歳馬(ウインガニオン、グレーターロンドン、ブラックムーン、ムーンクレスト)。
出走頭数も少ないですが3、4歳馬(アメリカズカップ、ジョーストリクトリ、ダイメイフジ、ワンダープチュック、ワントゥワン)は不振となっていますね。
高齢馬も14年にミッキードリームが2着しただけ。
中心は5歳馬で良さそうですね。

◆性別

牡・セ(6-4-6-66)
牝馬 (0-2-0-12)

牝馬(ミエノサクシード、ワントゥワン)は12年ショウリュウムーンと15年アルマディヴァンがあるだけ。
夏場のレースですが、牡馬が強いレースとなっていますね。

◆所属別

美浦(1-2-0-13)
栗東(5-4-6-65)

関西馬優勢となっていますね。
ただ、出走頭数は多くありませんが、関東馬も健闘しています。
今年はグレーターロンドンが出走を予定していて、ぜひ頑張って欲しいですね。

◆斤量別

52キロ  (0-1-0-4)
53キロ  (0-0-0-12)
54キロ  (0-1-0-8)
55キロ  (1-0-1-13)
56キロ  (0-3-2-23)
57キロ  (4-1-2-9)
57.5キロ (0-0-0-5)
58キロ以上(1-0-1-4)

56キロ(ジョーストリクトリ、タイセイサミット、ダイメイフジ、ロジクライ)と57キロ(アメリカズカップ、ガリバルディ)が好成績となっていますね。
データからは斤量を背負った馬(ウインガニオン、スマートオーディン、ブラックムーン)と軽量馬(フロンティア、ミエノサクシード、ワントゥワン)はそこまで強く推せないというのが正直なところですね。

◆前走別

G1(1-0-0-10)
G2(1-0-0-6)
G3(0-0-2-17)
OP特別(4-6-3-40)
条件戦(0-0-1-5)

重賞組が不振で、OP特別組(アメリカズカップ、ジョーストリクトリ、タイセイサミット、ムーンクレスト)が好成績となっていますね。
ただ、リピーターの多いレースでもありますし、ウインガニオンは人気を落とすようであれば妙味がありそうですね。
※タイセイサミット、ミエノサクシード、リライアブルエースの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(19-22-19-118)
キングカメハメハ(11-8-5-61)
ダイワメジャー(10-14-16-70)
ステイゴールド(7-6-5-62)
ハーツクライ(6-7-6-68)
マンハッタンカフェ(6-6-3-44)
ハービンジャー(6-4-6-40)
チチカステナンゴ(5-2-3-16)
アドマイヤムーン(4-4-2-32)
スペシャルウィーク(4-2-3-25)

過去5年の中京芝1600mの種牡馬成績になります。
ディープ産駒にとっては直線の長い中京コースはまさにおあつらえ向きの舞台となります。
ただ、馬券になったのは16年のガリバルディだけ。
今年のガリバルディ、グレーターロンドン、リライアブルエース、ワントゥワンはどうでしょうか。
逆に、ナスルーラ系でグレイソヴリンを持っているフロンティア、ミエノサクシードはおもしろそう。
あとはステイゴールド産駒(ウインガニオン、コウエイタケル、マイネルアウラート、ミエノサクシード)とダイワメジャー産駒(フロンティア)は押さえておいても良さそうですね。

◆騎手別

福永祐一(14-14-9-29)
デムーロ(9-6-10-22)
川田将雅(8-5-8-36)
和田竜二(7-4-6-46)
北村友一(6-6-9-33)
浜中俊(6-4-6-26)
菱田裕二(5-4-2-26)
岩田康誠(5-3-0-15)
松若風馬(5-0-3-39)
藤岡康太(4-10-4-49)

過去5年の中京芝1600mの騎手成績になります。
福永騎手(フロンティア)が好成績でこの開催もすでに7勝を挙げています。
また、デムーロ騎手(ワントゥワン)も絶好調でここまで12勝の大活躍。
成績上位の和田騎手(ガリバルディ)、北村友一騎手(ロワアブソリュー)や関東の津村騎手(ウインガニオン)、田辺騎手(グレーターロンドン、戸崎騎手(リライアブルエース)の手綱さばきにも注目ですね。

◆まとめ

いやぁ今年の夏は本当に熱いですね。
これだけ暑いと体調の管理は本当に難しくなりそうです。
暑い夏で体調管理の難しさも荒れる要因になっているのかもしれませんね。
データはもちろんのこと、当日のパドックなどもしっかりと精査して、調子の良い馬から馬券を狙うのが良いでしょう。
今年も荒れそうですね…。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,