中山牝馬S(G3・中山芝1800m)攻略【2017】

中山牝馬ステークスの主な有力馬

中山牝馬ステークス攻略(2017)

クインズミラーグロ 牝5(美・和田道)
トーセンビクトリー 牝5(栗・角居)
ビッシュ 牝4(美・鹿戸)
マジックタイム 牝5(栗・松永幹)
パールコード 牝5(栗・中内田)

中山競馬場で行われる数少ない芝1800mの重賞レース。
非根幹距離と言われる珍しくも、騎乗するジョッキーからすればなかなか難しいコース形態のレースでもあります。
それだけに、私たち予想する側も非常にデータを参考にします。
ヴィクトリアマイルにも続く牝馬限定の重賞レース。
どんなレースになるのか。

それではいつものようにデータを参考に中山牝馬Sをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (1-1-1-7)
2番人気 (0-1-0-9)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (3-2-0-5)
5番人気 (0-0-1-9)
6番人気 (5-6-6-93)
以下

6番人気以下が5勝2着6回3着6回と荒れるレースとなっていますね。
2桁人気が9頭も馬券に絡んでいて一筋縄でいかないことは確か。
4番人気が3勝している点にも注目です。

◆所属別

美浦(6-7-6-67)
栗東(4-4-3-63)

関東馬がやや有利となっていますね。
しかも、人気薄で好走しているのも関東馬が多く、このレースに限っては関東馬優勢のレースと言えそうです。

◆枠順
1枠(1-0-1-15)
2枠(2-0-2-14)
3枠(1-2-1-14)
4枠(1-3-1-13)
5枠(1-2-0-15)
6枠(2-0-1-15)
7枠(0-2-0-15)
8枠(1-1-2-14)

◆馬番別

1番 (1-0-1-7)
2番 (0-0-0-9)
3番 (2-0-1-6)
4番 (0-0-1-8)
5番 (0-2-0-7)
6番 (1-0-1-7)
7番 (0-2-0-7)
8番 (1-2-1-5)
9番 (1-0-0-8)
10番(0-1-0-8)
11番(1-0-0-8)
12番(1-0-1-6)
13番(0-1-0-8)
14番(0-1-0-8)
15番(0-1-1-7)
16番(1-0-1-6)

スタートしてすぐに1コーナーに入るため、圧倒的に内枠が有利となっていますね。
基本的には逃げ・先行馬が有利となっていますが、ゴール直前の急坂もあって、スタミナのあるパワータイプの馬が好成績の傾向にあります。
脚を使わされてしまう外枠は割り引いたほうが良いでしょう。

◆年齢別

4歳 (2-3-1-53)
5歳 (4-4-4-39)
6歳 (3-4-2-29)
7歳上(1-0-2-9)

5、6歳馬が好成績となっていますが、今年は4歳馬(パールコード、ビッシュ、フロンテアクイーン)に楽しみな馬が多く、世代交代を推し進めることができるのかに注目です。
それに対するマジックタイム、トーセンビクトリー、デニムアンドルビー、シャルールの5、6歳勢もただでは黙っていないでしょう。

◆前走別

重賞(8-7-7-88)
OP特別(1-0-1-17)
条件戦(1-4-1-26)

◆間隔別

連闘(0-0-0-2)
2週 (0-3-0-9)
3週 (0-0-1-22)
4週 (0-2-0-8)
5週~9週(7-3-7-46)
10週~25週(3-3-1-41)
半年以上(0-0-0-2)

最も成績が良いのは年明けに最低1度使っている5週~9週の間隔となっています。
ただ、間隔が開いていても結果は出ているので、特に気にする心配はなさそう。
マジックタイムの不安点と言えば、ターコイズSからまだ好走馬が出ていないという点だけでしょうか。
※今週はサンソヴール、ヒルノマテーラ、マジックタイムの追い切りが良かったです。

◆斤量別

50kg以下(0-0-0-8)
51kg  (0-2-0-11)
52kg  (0-1-0-14)
53kg  (4-2-4-35)
54kg  (3-4-1-19)
55kg  (0-1-2-23)
55.5kg (0-0-0-2)
56kg  (2-1-1-14)
56.5kg (1-0-1-3)
57kg  (0-0-0-1)

トップハンデは1番人気が予想されるマジックタイムで56キロ。
この斤量でターコイズSも勝っていますし、過去にも4頭が馬券圏内。
特に心配する必要はなさそうです。
好成績は53キロ(トーセンビクトリー、フロンテアクイーン)と54キロ(シャルール、ヒルノマテーラ、メイショウマンボ)。
こちらは最も注意が必要かもしれません。

◆種牡馬別

ディープインパクト (22-19-12-116)
キングカメハメハ (13-7-13-87)
ハーツクライ (11-6-9-82)
ネオユニヴァース (8-3-3-67)
ステイゴールド (6-12-7-78)
マンハッタンカフェ (6-12-6-53)
シンボリクリスエス (6-10-11-71)
ジャングルポケット (6-5-5-44)
アグネスタキオン (6-4-3-27)
メイショウサムソン (5-4-8-37)

過去5年の中山芝1800mの成績になります。。
SS系断然なのは間違いありませんが、中山競馬場で特殊な1800mということでパワーと機動力を兼ね備えているタイプの種牡馬が好走しています。
今年の出走馬の大半がSS系で、その傾向は間違いないでしょう。
ただ、穴で好走しているのはミスプロ系(サンソヴール、トーセンビクトリー)やナスルーラ系(ウインリバティ、クインズミラーグロ、シャルール)を持つ血統の馬となっていて注意が必要でしょうね。

◆騎手別

戸崎圭太 (18-14-6-55)
北村宏司 (15-9-7-65)
田辺裕信 (10-10-10-75)
蛯名正義 (9-12-6-67)
松岡正海 (9-8-9-83)
石橋脩 (9-2-7-61)
柴田大知 (7-12-5-94)
横山典弘 (7-6-13-62)
田中勝春 (7-5-4-73)

過去5年の中山芝1800mの成績になります。
蛯名騎手(クイーンズミラーグロ)が52キロで乗るというのは驚きですね。
このレースに合わせて減量して、他のレースで結果が出せないなんてことにならなければいいのですが…。
ただ裏を返せばそれだけ色気を持っているとも言えそう。注意が必要でしょう。

まとめ

今年の明け4歳は牡馬のみならず、牝馬も楽しみな馬がたくさんいますね。
昨年の秋華賞2着、エリザベス女王杯4着のパールコードはその筆頭と言えるでしょうね。
ビッシュも紫苑Sのレースぶりが良かっただけに、まだまだ見限れないというのが正直なところ。
ただ、ハンデ戦なだけに一筋縄でいかないだけに、どんな伏兵馬が飛び込んでくるのか。
レースを楽しみにしたいと思います。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

驚きの確率 W推奨馬で勝負

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , , ,