京成杯(G3・中山芝2000m)攻略【2017】

京成杯の主な有力馬

京成杯攻略(2017)

アサギリジョー  牡3(美・相沢)
サーベラージュ 牡3(美・堀)
ベストリゾート 牡3(美・木村)
ポポカテペトル 牡3(栗・友道)
マイネルスフェーン 牡3(美・手塚)

出走予定馬を見渡すとひとつ前のレースで、葉牡丹賞、ホープフルSを連勝したレイデオロの後塵を拝した馬たちに目がいきがちです。
それだけに、やや小粒かなとも思えるメンバー構成となっています。
しかし、それでも馬券検討するうえで、非常に妙味深いのが、この中山芝2000mというレース条件。
そういった意味では非常に面白いメンバーが揃ったとも言えそうですね。
ここから、春のクラシック戦線に名乗りを挙げる馬は出てくるのでしょうか。
それでは、データを参考に京成杯をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (2-4-1-3)
2番人気 (3-0-2-5)
3番人気 (2-1-0-7)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (2-2-0-6)
6番人気 (1-3-5-87)
以下

1番人気は2勝ですが2着4回3着1回と連軸にするには最適ですね。
2番人気も3勝。
3番人気2勝と比較的好成績となっていて、上位人気での決着が多くなっていますね。
二桁人気で好走したのは08年ベンチャーナインと09年のモエレビクトリーだけ。極端な穴狙いは禁物でしょう。

◆枠番別

1枠(1-0-2-12)
2枠(0-2-1-13)
3枠(1-1-2-12)
4枠(1-2-1-14)
5枠(2-1-0-17)
6枠(2-1-2-15)
7枠(1-0-1-18)
8枠(2-3-1-15)

◆馬番別

1番 (0-0-2-8)
2番 (1-1-1-7)
3番 (0-1-0-9)
4番 (1-1-0-8)
5番 (0-1-2-7)
6番 (2-0-0-8)
7番 (0-2-2-6)
8番 (1-0-0-9)
9番 (0-0-0-10)
10番(1-1-0-8)
11番(1-1-2-6)
12番(1-0-0-9)
13番(1-0-0-7)
14番(0-0-0-6)
15番(0-1-1-4)
16番(0-1-0-4)
17番(1-0-0-0)
18番(0-0-0-0)

皐月賞と同じ舞台で行われますね。
内回りでコーナー4つの小回りコース。
その為、非常に器用さが求められます。
さらには、中山競馬場の代名詞と言われるゴール前の急坂を乗り越えるパワーも必要となっています。
寒いこの時季はその傾向が特に顕著となっていて、逃げ馬や極端な追い込み馬は割り引きが必要そう。
さらには、真ん中から内よりが断然有利となっているので、外枠は割り引きが必要でしょうね。

◆所属別

美浦(5-6-6-80)
栗東(4-4-4-36)
地方(1-0-0-0)

ほぼ半々で関東馬と関西馬が好走していますね。
今年の人気も東西で半々ずつといった感じになりそうで、五分の戦いになるのではないでしょうか。

◆前走別

重賞(1-7-1-31)
OP特別(4-0-2-20)
条件戦(4-2-4-27)
未勝利(1-1-1-25)
新馬(0-0-1-13)

OP特別と条件戦組(アサギリジョー、コマノインパルス、ポポカテペトル)が中心。
重賞組(イブキ、ベストリゾート、マイネルスフェーン)は2着7回となっていますが、そこまでの信頼はないと言えそうですね。
新馬・未勝利組(ガンサリュート、サーベラージュ)も過度な期待は禁物です。
※今週はコマノインパルス、ベストリゾート、ポポカテペトルの追い切りが良かったです。

◆距離別

1600m(1-2-0-23)
1700m(0-0-2-1)
1800m(2-2-2-31)
2000m(7-6-6-61)

マイルよりも2000m前後を使ってきた馬が好成績となっていますね。
やはり、葉牡丹賞とホープフルSを使ってきた馬はプラスになりそうです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(25-18-24-115)
キングカメハメハ(19-18-18-116)
ハーツクライ(14-19-20-97)
ステイゴールド(14-13-17-158)
ゼンノロブロイ(13-9-8-86)
シンボリクリスエス(12-10-10-91)
ジャングルポケット(9-6-10-85)
メイショウサムソン(8-4-4-38)
ハービンジャー(7-6-1-26)
ダイワメジャー(5-8-6-56)

過去5年の中山芝2000mの成績になります。
ここ2年は非サンデーサイレンス系が好成績で、ハービンジャー(サンティール、ベストリゾート)、ミスプロ系(イブキ)、グレイソヴリン系(アサギリジョー、コマノインパルス)は注意が必要でしょうね。

◆騎手別

蛯名正義(19-19-9-90)
田中勝春(15-8-9-88)
戸崎圭太(14-8-10-57)
内田博幸(14-8-7-73)
三浦皇成(13-10-6-95)
田辺裕信(12-12-12-107)
吉田豊(12-6-7-93)
北村宏司(10-19-23-100)
松岡正海(10-6-5-96)
後藤浩輝(7-8-9-57)

過去5年の中山芝2000mの成績になります。
蛯名騎手(アダムバローズ)、戸崎騎手(ポポカテペトル)と北村宏騎手(ベストリゾート)が好成績となっていますね。
逆に、柴田善臣騎手(イブキ)、柴山騎手(サーベラージュ)はランク外となっていて、あまり人気するようであれば、蹴っても面白いかもしれませんね。

京成杯のまとめ

昨年から続いているディープ産駒の不振。
なかなか大物と言われるような目玉が出てきていません。
昨年が最強世代と言われていただけに、その翌年はパっとしないというのは得てしてよく起こりうることであります。
しかも、この世代は牝馬が強い強いと言われていますからね。
ここからクラシックに名乗りを上げる馬が出てくるのか。
レースを楽しみに待ちたいと思います。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,